挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に来たけど戦いません。 作者:カッパ永久寺

北の荒城編

43/102

15.図書館の魔女 其の伍

 魔女。それはこの世界に太古の昔から存在していた種族である。
 魔女は人間と共存していたそうな。人々から一目置かれる存在という感じだったそうな。
 でも、そんな魔女の地位が地に堕ちたのは――魔王が倒されてからだ。
 魔王が倒され、世界は平和な世の中となった。魔物も少なくなって、人々は苦しみから解放された。
 そんな人々は、平和と対を成す“魔”のものに嫌悪感を抱くようになっていた。散々魔王に苦しめられていたので、魔の者を毛嫌いするようになった。
 そして、“魔物”“魔王”と関係のなかった魔女も、なぜか嫌悪されることとなった。
 もともと、人々は魔女に対して少なからず恐れを持っていた。その恐れが魔王のいざこざによって湧き上がって、嫌悪されるようになったそうな。
 このようにいわれのない嫌悪を抱かれることになった魔女たち。彼女たちは怒り、抗議を始める……こともなく。
 魔女たちは自然とその地位を衰退させていった。その原因は、魔王のいざこざで男版の魔女たる『魔法使い』が極端に減ったこと。
 そして、魔女の『長寿』もその原因となった。
 長寿……何百年何千年と生きる魔女は長寿ゆえ、人間の生活スタイルとかけ離れている。魔女の生活は、こういうのもなんだが、内向的なものである。
 つまりはまぁ、あれだ。現代日本でも問題視されている、結婚率の減少だ。男が少なくて、女の方も結婚する気がないなら減る一方だ。いや、長寿だから減る数は少ないのだが。
 しかし、魔女の方の人間が……“人間側”に成り代わっている現象があるみたいだ。封建的な魔女の暮らしを捨てて、人間になる……というのが、魔王を倒された時にはやったそうで。
 まぁそんなこんなで、魔女の数は魔王が倒れてから少数となったのだ。
 数の少なくなった魔女たちは、魔王が倒されてもぬけの殻となった北の荒城を拠点とし(もともとはその荒城も魔女が住んでいたとこだったそうだが)魔女たちは隔離されたように、そこに住むようになったようだ。
 その流れは何年か時を経過させて徐々に行われ、まるで川の道筋のように、自然とそういうふうになったみたいだ。現在のこの世界の魔女は、数少ない彼女らが寄り添うようにして、北の荒城で、人々と隔離して暮らしている。

 その魔女の少女が目の前にいる。名前はイージスというそうだ。
 いや、少女と俺はさんざんイージスのことを呼称していたが、魔女だから見た目以上に年を取っているのかもしれない。魔女は長寿ゆえ、俺たちの成長よりもゆっくりとした時間で体が成長するそうだ。極端な話、イージスが100歳以上のお年だという可能性もあるわけだ。女性に年を聞くのは失礼なので訊けないものだが。しかしユーカ並みの童女スタイルで100歳以上って……この世界を作ったやつはどんな趣味をしてやがるんだ。
 目の前の魔女少女ことイージスはただ熱心に本を読んでいた。一体何の本を読んでいるのか。そういうことは訊いてもいいんだろうか。
「何を必死に読んでいるんだ?」
「…………」
 返答はなかった。
「……教えない」
 と思ったら遅れて返答する。恥ずかしがり屋なのか、天然なのか、それとも耳が遠いのかよくわからん。
「ここの隠し部屋は、どういう目的の部屋なんだろうな。この周りの本は一体何についての本が並んでいるんだ?」
「…………」
 またも黙り込むイージス。
「私は、勇者を探している」
「え?」
 突然話される。勇者って。魔王を倒したと言われる勇者ウルスラのことか。魔王との対決の際、魔王と対消滅したと言われる。
「私は、勇者を探す使命がある」
「勇者を探す使命? でも勇者は倒されたんだろう?」
「でも、いるかもしれない。もしかしたら」
「勇者ねぇ……」
 俺はため息交じりにつぶやく。イージスはなぜか勇者を探しているようだ。
 って、その話が俺のさっき問いかけた部屋の話とどうつながるんだ? 会話のキャッチボールが破たんしていないか。
「もしかして……ここの部屋の本は、勇者のことについて書かれた本とかなのか? 勇者を探す手がかりとしてここを調べているとか?」
「…………」
 イージスは黙っている。しかし、勇者のことについて調べているんなら、俺の推測はあながち間違っていないはずだ。イージスが嘘をついてない限り。
「しかし、どうして勇者なんか探しているんだ? そんな、いるかいないか分からない奴なんかを。今の世の中には魔王もいないんだろう? だったらなぜ、勇者を探すんだ」
「…………」やはり答えない。
 イージスは本をちょうど読み終えたのか、本をぱたりと閉じて立ち上がる。
 その本と、また別の本を計6冊、それを積み上げて担いで、そして頭の帽子の中へと放り込んだ。どうやら帽子はドラえもんのポケットよろしく4次元空間になってるみたいだ。さすが魔女。
 本を収めたイージスは体を俺の方へと回して、そのまま進んでいく。俺のそばまで来ると、
「あなたも、一緒に出る」
「え?」
 腕を掴まれてともにその部屋を出ることになった。
 なんだ。おなかが空いたからおうちに帰ろうというわけか。
「な、なぁ……。さっきの質問なんだけど、どうしてあんたは勇者を探しているんだ?」
「……………………よぼうせん」
「え?」
 イージスはその後、何も言わなかった。ただ俺を引いて、先ほどの地下の図書館へと、そして地上の図書館へと進行していくだけだった。
「あそこには、もういっちゃダメ」地上の図書館に戻ると、イージスは手を離して言った。
「あそこって、さっきの秘密の部屋か?」
「あそこのことを黙っているなら、あなたを抹殺しない」
「抹殺って……」見かけによらず恐ろしいことを言うやつだ。さっきも勇者を殺すとかよくわからないことを言っていたし。
「…………さようなら」
 そう告げて、イージスという名の魔女は図書館を出ていった。
「ほんとうに、何だったんだ、あの魔女は……」
 物語的に考えると、ああいうのはのちのちの物語に大きくかかわってくるんだろうな。ネタバレみたいだな。
 俺はイージスが去ってから、ちょっと先ほどの秘密の部屋に戻ってみようかなと思ったが、やっぱりいかないことにした。イージスが行っちゃダメと言うもんで。お手付きだ。
 なので俺は仕方なく、近くにある漫画コーナーの本に手を伸ばす。窓から夕日がさしている。もう夕方だ。ユーカ用に漫画本でも借りて帰ろうか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ