挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に来たけど戦いません。 作者:カッパ永久寺

はじまりの街編

22/102

21.竜殺し(ドラゴンキラー) 其の参

 ドラゴンより逃げ回っておよそ40分ぐらい。
「ぐへぇー……。げほぉ、ごへぇ……」
 ユーカが今にも吐きそうなぐらいの嗚咽を上げている。汗もだらだら、腕も足もぐらぐらがくがく。
 対する俺も、ユーカと同じような感じである。ユーカのように激しくは動いていないが、俺の方は基礎体力がユーカほどないため、どれほど効率的に動こうとも、体力は消耗していく。数値化するともう二ケタほどしかないかもしれない。
「うー、この世界にはハイポーションとかやくそうとかないんですかね!」
「ゲームじゃあるまいし、そう都合のいいものはないだろう」
「じゃー、全力で戦うしかないですね! うぉおおおおおお! 体もってくれよ! 3倍かいおうけんだぁ!」
 ユーカの背中から漫画的な光のエフェクト(幻想)が現れる。ユーカはそうしてドラゴンの方に向かっていく。
「バカ、ユーカ。ドラゴンは倒すんじゃない! そのまま突っ込むな!」
 俺の言うことを聞かず、思考回路がショートしたのかドラゴンへと攻撃を仕掛けようとするユーカ。
「私が、私がこの街を、この街の人達を守るんです! そして先輩を守るんですよ! もう先輩は戦わなくていいんですよ!」
 全くこいつは。どうしていつもいつも直情的なんだ。
 ユーカは正義の人間だ。どんな悪も許さない、スーパーヒーローを夢見る、スーパーヒーロのような奴だ。
 でも、現実にはスーパーヒーローはいないんだ。それは幻想の中にしかいない。
 ユーカは木刀でドラゴンの身体に剣を叩き入れる。しかし、その木刀はある程度力をくわえられると、真ん中からぼっきりと、ささくれ立った切り口を残して折れる。木刀を力任せに押さえつけていたユーカは力のやり場を失い、宙に一瞬浮く。
 そこですかさずドラゴンが腕を振る。
「や―――」
 ユーカは吹き飛ばされ、建物へとのめり込む。土けむりが立ち込める中、俺はユーカを見つけるため近づいていく。
「ユーカ!」
 声を掛けたところには、傷だらけで倒れるユーカの姿が。そのユーカに手を伸ばそうとするが、そんな猶予は与えられない。
 ドラゴンはユーカを見据え、口から炎を吐きだそうとする。
 やめろ。記憶の中の、子供のころの俺が叫ぶ。心の中の俺が叫ぶ。
()めろ!」
 現実の中の俺が、ユーカを突き飛ばし、ユーカのいた場所へとへたり込む。そこはドラゴンが狙いを定めていた場所だ。ターゲットは俺になった。
「ぁ……先輩! なんで先輩がそこに――!」
 俺は何とか立ち上がろうとするが時は残酷に経つ。ドラゴンはその高温の体内から口へと、そして俺へと向かって炎の柱を一直線に放つ。
 もはやそれを避ける体力もなく。
 もはやそれを避ける時間もなく。
 なすすべなく、俺はその炎の攻撃を受けるしかなかった。俺の身体に炎が噴きつけられる。その炎は勢いを持ち、俺を押し付けていく。熱と力、その二つのエネルギーの暴力を受けて――
 俺は倒れる。意識が糸のように細くなる。
「せんぱぁああああああああああい!」
 遠くでユーカの叫び声が聞こえた気がした。いや、遠くではなく、もしかしたらものすごく近くで叫ばれているのかもしれない。
 でも、意識の底にいる俺には遠く感じる。体の痛みと疲労とが重石のように乗っかって、俺は押しつぶされて、停止した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ