挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に来たけど戦いません。 作者:カッパ永久寺

真・北の荒城編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

102/102

エピローグ:旅は道連れ世は情け

 魔王の祭壇にて戦った各々と、そしてなぜか32階のマカロンちゃんとエキドナも加わって、テラスさんの家で『クッキーパーティ』となる。
「うぉおおおおおおお! こうなりゃやけ食いだぁああああああああ!」
 サバトは自らの骨折り損を嘆き、テラスさんお手製のクッキーを口に放り込んでいく。
「わわわわっ……。サバトさんのキャラが崩壊している……」
「その怒りの矛先が、どうか私たちに向かないようにいのるまでですねー」
 マルスとウラノは仲よく肩を寄せ合っている。
「ほーらマカロンちゃん、クッキーをお食べ」
「ガォオオオオオオオオオオオ!」
「メェエエエエエエエエエエエ!」
「シャァアアアアー!」
 エキドナがマカロンちゃんのライオンの顔に向かって一枚のクッキーを突き出す。どこか奈良公園で鹿に鹿せんべいを与える絵に見えるが、あのマカロンちゃんは口から紅蓮の炎を吐くんだ。
 そんな危険なモンスターに対し、誰も恐怖を抱いていない。まぁ俺たち以外全員魔女だし、ペットみたいなものと考えれば問題ないだろう。
 そんな奇天烈な魔女たちと対照的に、おとなしくイージスがクッキーを食べている。
 まるで子リスがドングリをガリガリ齧るみたいにイージスはもぐもぐクッキーを食べていた。
「イージス、口にクッキーのかすがついてるぞ」
 俺はハンカチでイージスの口をぬぐってやる。
 するとイージスがくぅーっと細く目をつぶる。
 俺は妹というものを持ったことがないが、こういう小さな子(実際は100歳以上だろうが)の世話をするというのは、どこか心が和むものだ。それは人間の本能によるものなんだろうけど、本能であるからこそ抗えない。
「よしよし、お前はよく頑張ってくれたな」
「マスター、ありがとう」
 俺はイージスの頭を撫でる。どこかとろんとした目がなかなかかわいらしい――
「せんぱぁーいい! わ、私もその、お口を拭いてくれませんかぁ!」
 俺とイージスの間に割って入ってくるのは、傍若無人のユーカ。そのユーカの顔じゅうにはクッキーのカケラが降り積もった雪のようにおおわれていた。
「お前の顔を拭くと、俺のハンカチが汚れる」
「け、汚れるって! イージスちゃんはよくてなんで私はダメなんですか!」
「お前は顔を洗って出直して来い。顔ぐらい自分でぬぐえ」
「あーもぉ先輩はぁ! イージスちゃんにどうしてそうアマアマなんですか! 先輩はそういう小さい子が好みなんですか! まさかロリババア専門だとか!」
「そんな特殊な性癖は持ち合わせていない。なにを怒っているか分からんが、とにかくそんな顔を近づけるな」
 ユーカはしばらく「うがぁー!」とマカロンちゃんに負けず劣らずの絶叫をしていたが、テラスさんが焼きあがったクッキーを持ってくると顔色変えてそっちに向かって行った。相変わらずの、花より団子なやつである。
 なので俺はふたたびイージスと話を続けることに。
「イージス、お前は……これからどうするんだ」
「私は、マスターに従う」
「従うってだから、お前は自由に生きていいんだぞ。もうサバトの洗脳も解けたんだ。お前はお前で生きればいいんだぞ」
「でも、私はあなたたちが元の世界に戻る道を断ってしまった。六芒星の台座ヘキサグラムペデスタル六芒星石ヘキサグラムストーンを集めたとしても……あなたたちが元の世界に戻れる保証はない。私は、勇者を呼び寄せるのに一度失敗しているから」
「でも、六芒星の台座ヘキサグラムペデスタルはまかりなりにも異世界へのパスが通るものだろう。俺たちは、今はそれにすがるしかないんだ」
「私は……あなたたちを傷つけてしまった」
 イージスがそうつぶやくと、頭をゆっくりと下げた。
「それは、サバトに洗脳されていたからだろう。それならお前は責められることはない。それにお前は一度も俺たちを傷つけていないだろう? お前は、どういうわけかほかの魔女と違って『相手を傷つける』魔法は使っていなかった。いったいどういう理由で防御魔法しか使わないのか……いや、聞くつもりはないが、お前もなにか、過去にあったんだろう」
「…………」
「俺もお前と同じで相手を積極的に傷つけられないんだ。いわゆる似たもの同士というやつだな。まぁ、一時はお前と敵対していたが、最終的にお前に救われたからな。まぁ、俺たちとのことは気にするな。お前は俺たちに義理とか感じなくていいんだからさ」
「でも、私は……あなたに従いたい。あなたは私を救ってくれた。それに……」
「それに?」
「あなたは勇者のニオイがする」
「勇者のニオイ?」
 そういうと、イージスは俺の身体に向かって鼻を近づける。クンクンとにおいを嗅ぐ。
 俺に勇者の臭いがするのか。一体勇者の臭いとはどんな匂いなのか。腕の臭いを嗅いでみるも、わずかに汗臭いにおいがするぐらいである。
「だから私はあなたに従う。あなたと共に、六芒星石ヘキサグラムストーンを集める。それが私の罪滅ぼしだから」
「罪滅ぼしって……」
「勇者を呼び寄せるためにも、六芒星石ヘキサグラムストーンは必要だから、なんにせよ私は石を集めなきゃならない。それなら、私はあなたたちといっしょに石を集めた方が都合がいい」
 なるほど。『勇者を復活させる』という野望のためにも、イージスは石を集める必要があるのか。俺たちに対する罪滅ぼしと、自分の願い。その二つを考えて、『俺に従う』と言っているんだろうか。
「そうか。まぁ、お前が石探しのお供になってくれるなら、ありがたいな。お互いの利益が一致するし、一緒に石を探しに行こうか」
「それではマスター」
 そう言って、イージスは俺の手を取る。そして――その手にキスをする。
「ええと……」
 これはいわゆる“契約の証”というものなんだろうか。
「イージス・シルドーラ、私はあなたに付き従う」
「お、おう……。よろしくな……」
 とりあえず俺は了承する。
 というわけで、なりゆきでイージスが俺たちの仲間となった。
「ああああああ! せ、先輩! イージスちゃんとなにキスをしているんですかぁ!」
 ユーカがクッキーのカケラを顔に付けて叫んでいる。
「キスって、語弊があるようなことを言うな。ただイージスは手にキスをしただけだ」
「そ、それでもキスはキスじゃないですかぁ!」
 ユーカが叫んでいると、そのユーカの手をイージスがおもむろにつかむ。
「はへ?」ユーカが素っ頓狂な声を出す。
「ユーカ、あなたにも私は従う。あなたは強い人だから」
 そう言ってイージスはなんと、ユーカの手に向かってキスをした。
「いぎゃぁあああああああああああああああああああ!」
 ユーカは苦悶の声を上げた。

***

 クッキーパーティのあと、俺たちは旅立ちとなる。
 しかしその前に、とっても大切なイベントがあるんだ。
「さぁテラスさん、見事サバトを止めたお礼に俺にルビーを下さい」
「先輩はまだそんなことを仰ってるんですか!」
 荒城の入り口、まさにここを旅立とうとするとき、俺は出迎えに来ていたテラスさんにルビーを催促した。
 俺はあくまで魔王復活の阻止は、金のためにやっていたのだ。報酬が払われなければそれこそ骨折り損である。
「うふふぅ、ぬかりがないのねぇ、少年くん。そんなこともあろうかとぉ、持ってきておいたわぁ」
 そう言っておもむろにテラスさんは胸の谷間に手を入れて――そこから、光り輝くザクロ色のルビーを取り出した。
「サバトちゃんを助けてくれたお礼よぉ、どうぞぉ」
「ありがとうございますテラスさん!」
「せーんぱーい!」
「マスター……」
 ユーカとイージスがきつい目で俺を睨んでくる。
 いくら二人が睨んで来ようとも、金を手に入れればこっちのものだ。お金があれば何でもできる。俺はこの世界の成功者となれるのだ。さーて、このルビーを売って、その金でどうやって『金儲け』をしようかなー……。
「…………」
 俺はじっくりと、ルビーの中に映る自分の姿を眺める。
 俺はサバトと戦って変わったのだろうか。相も変わらず、俺は金のために頑張っていたにすぎないが……。
「マスター」
 そんな俺のもとにも、なぜか付き従うやつが現れた。
「せんぱーい!」
 そしてユーカもいる。
 ルビーよりも大切なモノが俺の元にはある――なんて、クサいことは言わないが、しかし――……
「テラスさん」
「んん? どぉしたのぉ、少年くん?」
「このルビーはお返しします」
 俺は左手に握っていたルビーを右手に移し、右手のそれをテラスさんに差し出した。
「俺には、こんなルビーよりも大切なモノがありますから」
「せ、先輩! その言葉を待ってましたよ!」
「マスターは、かっこいいひと」
 俺のことを二人は拍手喝采で称賛していた。
「うふふぅ、少年くん、やっぱりあなたは、大切なモノに気付いていたのねぇ。少年くん、これからの旅は大変でしょうけどぉ、でも、あなたなら、いいえ、あなたたち3人なら、きっと目指すべき終着点にたどり着けると思うわぁ。がんばってねぇ、少年くん」
「はい。テラスさん。俺たちを助けてくれてありがとうございます。この恩はまたお金で……いえ、またこの荒城に戻ってきたときに、言葉で返します」
「わわわ! 先輩がすっかりかっこよくなっちゃってますー!」
 ユーカは輝く目で俺を見上げている。
「じゃあねぇ、少年くん、剣士ちゃん、イージスちゃん、お達者でねぇ!」
「さよならですー! 今度はさらに強くなって帰ってきますよ!」
「さようなら」イージスが小さく行った。
「さようなら、テラスさん! ありがとうございましたぁ!」
 こうして俺たちは、北の荒城を後にして旅立つこととなった。
 あの荒城では、俺たちは命がけの戦いをした。それを乗り越え、俺たちは今生きている。
 俺たちが生きる意味、その意味を探すため、元の世界に戻るため、俺たちは歩みを進めた。

***

「さてと……」
 荒城を囲う壁を通り越して、俺たちは森の中を歩く。
「せんぱーい、これからどこにいくんですかー」
「そうだなぁ。まずは……王都に向かおうと思っているんだ」
「おうと、ですか?」
「ああ。本で読んだ話だが、どうやら王都には過去の文献を治めた大図書館があるようだ。その文献を調べれば、もしかしたら六芒星石ヘキサグラムストーンのありかも分かるかもしれない」
「おお! 先輩はいつも私たちの100歩先を見越しているんですねぇ!」
「ああ。それに王都にはいい換金所もあるだろうし……」
「換金所?」
「ああ。このテラスさんより貰い受けたルビーを換金しなきゃならないし」
 俺は左手に握っていた、テラスさんより貰い受けたルビーを突き出した。
「ててててててそれってぇえええええええ! 先輩ルビーじゃないですか!」
「ああそうだが」
「て、テラスさんに返したんじゃなかったんですか!」
「俺は返していない。俺が渡したのはただの贋作のルビーだ。手品のパームの技法を使って、贋作とホンモノとをすり替えておいたのさ」
「あんですってぇえええええええええええええええ!」
 ユーカが森の動物もおののくほどの絶叫をした。
「せ、先輩! いますぐそのルビーを返しに行ってくださいよぉ! 先輩にはルビーよりも大切なものがあるんでしょう!」
「何をいうか。金というのは絶対的なものなんだぞ。金は一見モノのように見えるが、その実はただの“価値”という概念なんだ。“価値”という概念にそもそも大切とかそうじゃないとか言う話はないんだ。これは俺が手に入れたルビーだ。報酬はちゃんと受け取っておかなきゃな」
「あーもぉ先輩はどうしてネンキンな人なんですか!」
「マスターは、おかねが大好きなのですか」
 ユーカの絶叫、イージスの無言の圧力。そんな二人に押されながらも俺は前へと進んでいく。
 世界のためでなく、あくまでお金のために。
誠に申し訳ございませんが
しばらく更新をお休みさせていただきます……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

最強呪族転生~チート魔術師のスローライフ~

 車に撥ねられて死んだはずの俺は、異世界にて再び生を受ける。  だが転生先はマーレン族という、魔術を扱い木偶人形を操る胡散臭い少数民族だった。  生前から魔術に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全286部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
ネクストライフ

*ヒーロー文庫より書籍化決まりました。 *月刊少年エースよりコミカライズ決まりました。 山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。 どうも//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全186部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 20:13
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全159部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 21:00
時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

召喚先の異世界でスキルをもらったけど、王様の態度がムカついたので、お姫様をさらって地球に帰って来ちゃった。 もらったスキルで異世界と地球を行ったり来たりしながら//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全438部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/10/07 18:23
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1559部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 18:00
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から3巻8月25日発売です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全536部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 13:37
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全820部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 00:00
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:17
巻き込まれて異世界転移する奴は、大抵チート

勇者に巻き込まれて異世界転移… そこは剣と魔術と亜人と奴隷の王道世界! 王女に召喚され、自分たちは魔術を使えると言われるが、喜びもつかの間。魔王を倒し神を復活//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全121部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2016/04/26 01:06
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 09:02
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全101部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 00:06
異世界魔導古書店 ~チート魔力あるけど、まったり店員することにした~

突如、地球を襲った魔族と、それと戦うために生まれた異能者。 中でも最強の異能者『勇者』と呼ばれたタクトは、魔王を倒した瞬間、異世界に転生してしまう。 そして魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全97部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2016/02/23 00:06
クラスが異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

【2017/9/30 モンスター文庫様より書籍化しました。また、デンシバーズ様にてコミカライズ連載が決定しました!】 突然異世界の神からの半ば強制的な依頼で俺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 21:24
異世界召喚は二度目です 

 かつて人間、獣人、魔族の戦争によって荒れていた世界〈エクレール〉、その世界を救うため召喚された男は、その使命通りに世界を救い、人間国に帰還する。だが待っていた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/02/14 23:34
必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。 それがこの物語の目的です。 とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全737部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 16:00
救わなきゃダメですか? 異世界

二柱の女神により、二つの異世界に召喚された100名のVRMMOプレーヤー。 課せられたミッションは異世界を救う事。救うための手段はダンジョンの攻略。 ミッション//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全367部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 00:00
暇人、魔王の姿で異世界へ ~時々チートなぶらり旅~

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全307部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 00:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全395部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 11:00
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 19:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全382部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 12:00
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 12:20
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全478部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 18:00
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全290部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/06/08 23:58
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全342部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 21:16
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全456部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 08:42
呼び出された殺戮者

幼少から様々な武道を修練してきた遠野一二三(とおのひふみ)は、ある朝、稽古中異世界へ強制的に旅立つことになった。 現代日本で人を殺したいという欲求を溜め込んでい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2015/10/17 22:00
スキルトレーサー

両親が亡くなった4歳の頃から人間国宝の祖父の下で古武術を学び、日本にいながらも戦いや殺す技術を学んだ。 そろそろ高校卒業となったある日、「異世界から無理矢理呼び//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2016/04/05 08:09
↑ページトップへ