挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

たばこの気持ち

作者:空足袋
その柔らかな唇で、僕の体を包み込む。
その瞬間から僕は生まれ変わり、体に熱を帯びる。
時より舌先は、とても軽く僕の体のはしっこをつつく。
優しく吸われたり、強く吸われるたびに僕は白い溜め息をあげる。
けれど、ときに突き放されれるように全ての行動を1度とめられ、僕がの気持ちがたまり灰色になって、寂しいと思うこともある。
そのたびに君は僕の肩を軽く叩き、僕の積もった過去の色を落としまた僕の熱を呼び覚ます。
もしかしたら君も寂しかったのかな?なんて考えながら、また君の優しい唇が僕を包む。
叶うことなら、このまま君と永遠に一緒に過ごしたい。
でもわかってる。君が僕の熱を強くするたびに、僕は少しずつ君を傷付けてしまうことを。
そして、僕ももうそんなに永くはいられないことも。
君が最後に少し哀しげに、そして今までよりも1番強く求めてくれて僕は最後の息をあげた。
彼のもとから離れ、冷たい水の中でスッと僕の熱はなくなっていき、僕は徐々に終わりの時を迎える。
君にとって僕は、いくらでもあるたかが1本の煙草だったかもしれない。
けど、僕にとって君は、僕を選んでくれた最初で最後の人。
君に届くかわからないけど最後だから、一言だけ言わせて。
ありがとう、君に会えてよかった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ