挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おちこぼれエルフは、名探偵をさがしてる〜人魚の都殺人事件 作者:稲葉孝太郎

第8章 すぐにもどると、人魚は言った

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/26

第15話

「来るな! 来るな!」
 無精髭ぶしょうひげの男は、一歩また一歩と、うしろにさがる。その歩調に合わせて、水にぬれた黒づくめの人影が、つややかな指を外気にさらし、ゆっくりと距離を詰めていく。肌のきめこまかさは、女のものとしか思えない。
 全身からしたたる水のしずくが、男の恐怖をあおりたてた。
「ひッ!」
 手がとどくほどに詰めよられた男は、反射的にやりをふりまわした。
 水の女は、美しい手でそのをつかみ、空中に固定した。男がいくら力をこめても、槍はびくともしない。やみくもにひねると、そのまま折れてしまった。
 パニックになった男は、柄を襲撃者の胸もとに投げつけた。
 濡れ雑巾ぞうきんをたたくような音がしただけで、男の反抗は徒労に終わった。
「た、助けてくれ!」
 男のほほを、強烈な平手打ちがおそった。
 バランスをうしなった男は、人形のようによろめき、ろうのとびらで頭を打つ。
「……ぐッ!」
 首がしまる。男の体は、いつの間にか宙に浮いていた。眼球に血が走り、口から唾液だえきがこぼれる。のどにからんだ女の指を、男は必死にかきむしった。
「……ッ! ……ッ!」
 男の目から生気がうしわれかけた瞬間、ほとんど同時にふたつの影が、正反対の方向から飛び出してきた。ひとつは、水路の此岸しがん、もうひとつは、彼岸ひがん。さきに声をあげたのは、水路の向こうがわに出た検史官、セシャトであった。
「そこまでよ!」
 水の女は、セシャトに興味を示さなかった。彼女が反応したのは、もうひとつの人影――オオカモメだった。オオカモメは水の女と同じがわの通路にあらわれて、セシャトよりもすばやく攻撃体勢をととのえた。
 敵の出現を察知した水の女は、最後の一撃をくわえる。セシャトたちの目のまえで、男の首が、イヤな音を立ててねじ曲がった。人間業にんげんわざとは思えない怪力に、オオカモメは、たじろいだ。セシャトも端末の操作をわすれて、釘づけになった。
 水の女は、男の体をほうり投げ、水路のうえに荒々しく打ちつけた。男が死んでいるのは、セシャトとオオカモメの目にも明らかだった。
「貴様ッ……!」
 オオカモメは、剣をにぎりなおす。だが、いくら気丈にふるまっても、手のふるえは隠すことができない。水の女は、一歩一歩、オオカモメのおびえを楽しむように、体を近づけていく。
「止まりなさい! 止まらないと撃つわよ!」
 水路の向こうがわから、セシャトは渾身こんしんの警告を発した。
 水の女は、緩慢かんまんな動作を捨てて、オオカモメにおそいかかった。
「!」
 通路が、ふいに明るくなる。セシャトの射撃術が、オオカモメの命を救った。けむりのあがる左うでを押さえて、水の女は身をよじらせた。セシャトが第二弾を発射しかけたとき、目のまえに水飛沫があがった。
 セシャトは視界を確保しつつ、敵のフェイント攻撃にそなえる。
「……?」
 水面におおきな波紋はもんをのこして、静寂があたりを支配した。
 セシャトはおそるおそる水路をのぞきこむが、そこに水の女の姿はなかった。
 目をこらすと、オオカモメが腰を落とした水ぎわに、側孔が見えた。
 彼女は舌打ちしてから、オオカモメのほうへHISTORICAをかまえなおす。
「オオカモメ! そこでじっとしてなさい!」
 水路に目をとめたまま、セシャトはオオカモメに注意をうながした。
 非友好的な空気を感じとったのか、オオカモメは勝手に腰をあげた。
「……礼を言う」
「お礼はいいから、じっとしてなさい!」
 オオカモメは、セシャトの警告にしたがった。仕組みは理解できなくとも、セシャトのにぎっているものが凶器だということは、分かるのだろう。水の女を撃退したのは、彼女の手もとにある黒い箱なのだから。
「いい判断よ……さあ、仮面をはずしなさい」
「……」
「聞こえなかった? 仮面をはずしなさい」
 バタン!――ふいにとびらがひらいて、セシャトは端末をそらした。
「ちはるちゃん!」
 音の主は、鉄のとびらを体当たりでやぶった、ちはるとスフィンクスだった。
 このチャンスを、オオカモメが見逃すはずもない。
「痛ッ!」
 オオカモメの投げつけた小石が、セシャトの手首に命中した。
 端末が音を立てて、地面にすべり落ちる。
「ちはるちゃん! あいつを止めて!」
 ちはるは、身をひるがえしたオオカモメに照準を合わせる。
「そうはさせんニャ!」
 背後からスフィンクスに飛びかかられたちはるは、よろけて地面に突っ伏した。
 セシャトが端末を拾いあげたとき、義賊の姿は、もはや見当たらなかった。
 彼女は全身をふるわせながら、スフィンクスをにらみつける。
「このバカ猫! こうなったら、あんたを人質ひとじちにしてやるわ!」

 ♒

「キリヤさん、撤収てっしゅう、完了しました」
 しずみゆく夕陽が、閑散かんさんとした広場を清めている。
 霧矢は、赤みが増す西の空を、脱力したようにながめていた。
「もうみんな帰っちゃいましたよ……キリヤさん?」
 身じろぎもしない霧矢に愛想をつかせたのか、使用人の少年は肩をすくめて、その場を去った。過度の緊張がとけたばかりの霧矢は、ただ夕焼けをながめ続けた。
 彼の端末が震動したのは、演説の終わる数秒まえ。まさにぎりぎりの攻防戦だった。待ちに待ったバイブレーションに心臓をつかまれた霧矢は、観客たちに拍手をうながした。そして、すべての視線をステージへあつめることに成功した。建物のすみから出てくるセシャトたちに拍手をおくっていたのは、おそらく彼ひとりだろう。
 夕風が吹きはじめた。達成感と疲労感から、霧矢はその風に身をゆだねた。
「キリヤさん、こんなところにいると、風邪かぜをひきますよ」
 霧矢は、女の声に意識をとりもどした。
 夕陽に染められた長そでのワンピースとともに、アルマが風に舞ってゆれていた。
 彼女は、ゆっくりと霧矢に歩みよって、左がわに肩をならべた。
「夕焼けが奇麗ですね……」
 霧矢はひとりごとのように、そうつぶやいた。
「ええ、この街は、ほんとうに奇麗だと思います」
 アルマの目は、なにかを懐かしむように、はるか遠くを見つめていた。
「昨日は、すみませんでした……興奮しちゃって……」
 アルマに対する怒りは、霧矢のなかから、とっくに消えていた。彼女の言うとおり、ちはるが無事だったからなのか、それとも、キャラクターへの干渉は無意味とさとったからなのか、それは、彼自身にも分からない。
 アルマは川辺に足をはこび、身をかがめて水面みなもに右手をつけた。流れをみだされた水が、美しい波をかなでる。夕日はその波のなかへと、溶けていった。
「キリヤさんは、わたしを薄情はくじょうだと思いますか?」
「……はい」
 霧矢は、正直に答えた。
「ちはるさんのことを、なぜそこまで心配なさったのですか?」
「……友だちだから、ですかね」
「友だちでないひとは、心配しないのですか?」
 それはもはや、問いではなかった。霧矢は、自分の心のささやきにしたがう。
「そうかもしれないですね……ただ、すべてのひとを救えるほど、ボクは万能じゃないんです……家族がいて、友だちがいて……それで手いっぱいですよ……大人になったら、仕事仲間も大勢できますし……どうなるのか、見当もつきません……」
 アルマは水面みなもから手をひき、そっと立ちあがる。
「この街のひとからすれば、だれが支配者かなど、どうでもいいことなのです。わたしだろうが、お継母様だろうが……人間というのはおもしろいもので、不便な生活にも、いつかは慣れてしまうものなのですね。こうして水が使えなくなっても、以前とおなじような生活が続いている……わたしはそれを、不思議に感じます……」
「アルマさんも、そうですか? 今の生活に、満足しているんですか?」
 禁忌タブーにふれた質問だが、霧矢はそれを後悔しなかった。
 アルマも、かなしげな笑顔をかえす。
「ええ、満足していますわ。自由気ままな生活ですもの」
 霧矢のなかで、夕暮れどきのわびしさとはべつの、ある感情が芽ばえ始めた。
「アルマさん、人魚の化石というものを、ご存知ですか?」
「……ええ、知っていますよ」
「どこにあるのかも?」
 アルマは、首を左右にふった。絶望が広がる。しかし、その感情に飲みこまれるほど、少年は無力ではなかった。自分の気持ちに酔いしれたようなことばが、彼の口から何のまえぶれもなくもれた。
「アルマさん、人魚の化石を見つけましょう。そして、それを壊しましょう。この街の呪いを終わらせるんです。このまえ、言ってましたよね。人魚がひとびとをゆるして、みんながしあわせに暮らせればいいのに、って。その夢をかなえましょう」
 思いつきのアイデア――同情が彼を、雄弁にさせたのだろうか。
 アルマは、さみしそうに笑う。
「かなわぬ夢ですわ……」
「キリヤ、こんなところにいたのね」
 第三者の声が、霧矢を幻想的な会話からつれもどした。
 セシャトだった。
「キリヤ、お屋敷にもどりましょう。門限が近いわ」
 セシャトは、無言でたたずむアルマのほうへと視線をうつす。アルマは夕陽を背にして、セシャトと対峙するように向かい合った。かたやアカデミーを首席で卒業し、犯罪捜査のエリートになった女。かたや名家に生まれながら、継母ままははにその地位をうばわれた女。ふたつの対照的な人生が、平凡な少年のまえに並んでいた。
「もうおそいので、キリヤをつれて行きますね」
 そう言ってセシャトは、霧矢のそでをひいた。
 ところが、すぐさま指をはなし、アルマの服装に目をとめる。
 夕風の音をのぞいて、しばしの静謐せいひつがおとずれた。
「……アルマさん、夏なのに、長そででいらっしゃるのね」
 アルマは右腕をあげ、自分の服をものめずらしそうにながめた。
「ええ……この時間は、冷えますので」
 ウソではなかった。砂漠にかこまれたベネディクスは、昼夜の寒暖差が激しく、夕方になると急速に冷えこむのだ。わずか数日で、霧矢もそのことに気づいていた。
「そうですか。わたしはてっきり、ケガでもなされたのかと……」
「ケガですか……? どこかで、傷でもつけましたかしら……?」
 アルマは、右腕のそでをまくりあげる。水にぬれた肌が、残照にきらめいた。
「それとも、こちらかしら……」
 今度は、左腕のそでをまくりあげる。目のまえにあらわれたのは、右腕と同じくらいに美しく、あかぎれひとつない、乙女おとめの肌だった。
「……なにもありませんわね」
 霧矢は、わけが分からぬと言った表情で、ふたりを交互に見くらべた。
 セシャトの敗北が、彼の目にも明らかになっていく。
「……失礼しました。わたしの勘ちがいだったようです」
「いいえ、水仕事などしていると、知らずに傷つけてしまうものですわ」
 アルマはおだやかに、セシャトをゆるした。
「さようなら、キリヤさん、セシャトさん」
 夕焼けを背に、ふたりを見送るアルマ。セシャトと霧矢は、だまって広場の出口へと向かう。途中からセシャトが、地下牢での出来事を語り始めていた。
 あたりを、闇がつつむ。霧矢は、むき出しになった両腕をさすった。本当に冷える。非現実的な女の描写に入ったところで、彼はふと、くちびるを動かした。
「砂の女……か……」
 なぞめいた比喩ひゆに、セシャトは歩をとめた。
「砂の女……? それを言うなら、水の女でしょ」
「いや、安部あべ公房こうぼうの小説だよ」
 そのひとことに、セシャトは片方の眉毛をつりあげた。
「それが、どうかしたの?」
「だれも故郷は捨てられない……ただ、そう思っただけさ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ