挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おちこぼれエルフは、名探偵をさがしてる〜人魚の都殺人事件 作者:稲葉孝太郎

第7章 大いなる誤算

15/26

第13話

 霧矢が薬屋の戸を叩いたとき、アルマは留守るすだった。玄関のドアには、【本日休業】の看板がぶらさげてある。窓からのぞきこむと、室内は昼間の静寂せいじゃくにつつまれていた。薬瓶くすりびんの棚に、おだやかな影がさしている。
「マズい……マズいわね……」
 彼のうしろで端末を見つめるセシャトは、けわしい表情をうかべた。
「ほかのHISTORICAの位置情報が、めちゃくちゃだわ」
「位置情報?」
「トトの端末が、この街の中央付近で、ずっと止まっているの」
「ま、まさか、さっきのアラームは……?」
 顔面蒼白になる彼のまえで、セシャトは言葉をついだ。
「安心して。持ち主が死亡したときは、べつのメロディが鳴るから」
 霧矢は、ホッと胸をなでおろす。
 けれども、セシャトの表情は、かたいままだ。
「あなたの端末も奇妙だわ……マップのどこにも出てこない」
「出てこない? ……どういうこと?」
「さあ……圏外に出てるのか、あるいは壊れたのか……」
「水に落ちたから?」
 セシャトは、首を左右にふる。
「HISTORICAは、完全防水よ。ただ、ぶつけた拍子に、壊れた可能性も……」
 その瞬間、セシャトは顔色を変えた。
「どうしたの? ボクの端末が見つかったとか?」
「ちはるちゃんの端末……こっちに向かって来てる……」
「え?」
 ふたりは、貧民街の奥へと、視線をのばした――だれかが歩いて来る。
 その正体に気づいた霧矢は、思わずさけんだ。
「ア、アルマさん!」
 霧矢のすっとんきょうな声に、うつむきかげんだったアルマは、顔をあげた。
「……あら、キリヤさん、こんにちは」
「こ、こんにちは」
 アルマが無事だったよろこびと、信号の正体がちはるではなかった落胆らくたんとが、霧矢のなかをぐるぐると駆けめぐった。
 そんな少年のまえで、アルマは美しい鍵をとり出し、施錠せじょうをはずした。ドアノブに手をかけながら、彼女は、キリヤの服装に目をとめた。
「キリヤさんも、お屋敷に奉公なされたのですね」
 アルマの声音には、どこかしら無関心な調子があった。かと言って、皮肉にも聞こえなかった。自分を追い出したエシュバッハ家――その館に就職した少年に対して、嫉妬しっと嫌悪感けんおかんをもった様子は、どこにも見当たらない。
「ええ、おかげさまで……」
 その会話をさえぎるように、セシャトは端末をさし出した。
「アルマさん、これと同じものを、お持ちでは?」
「ええ、やはり、忘れ物でしたか」
 アルマは、腕にさげていたかごから、もう一台のHISTORICAを取り出した。
「ちはるさんが昨晩、お風呂場にお忘れでした」
 アルマの説明に、霧矢は首をかしげた。彼女のせりふは、ちはるたちがここにいないことを示唆しさしている。留守番を頼んだというのに。
「ちはるとトトさんは、どこに?」
 アルマは昨晩の出来事を、かいつまんで話した。
 耳をかたむける霧矢の顔が、だんだんと青ざめていった。
「大変なことになってるじゃないですか! 何で教えてくれなかったんです?」
 アルマは、きょとんとした顔で、少年を見つめ返した。
「ご安心ください。スフィンクスもオオカモメも、義賊です。ちはるさんたちに危害をくわえたりはしませんわ」
 あまりの危機感のなさに、霧矢は唖然あぜんとした。
 アルマはあいての反応に頓着とんちゃくせず、にこやかな笑みを浮かべた。
「せっかくですから、お茶でもいかがですか?」
「そんなことしてる場合じゃないでしょう! ふたりはどこへ消えたんです?」
 知らないとだけ、アルマは答えた。
 霧矢のなかで、怒りがこみあげてくる。
「知らないって、どういうことですか? ふざけ……」
 アルマに詰めよる霧矢の肩を、セシャトが引きもどした。
「キリヤくん、落ち着きなさい」
 セシャトの断固とした口調に、霧矢は一歩さがった。
 彼は歯ぎしりしながら、石畳の地面をにらんだ。手がふるえている。
「キリヤは、友だちのことが心配なのよ……ごめんなさいね、アルマさん」
「いいえ、こちらこそ、もうしわけありませんでした。ご友人を心配なさるのは、当然のことですもの……でも、みなさんご無事だと思いますわ。スフィンクスもオオカモメも、ひとに危害をくわえたことはありません。わたしが保証します」
 アルマはとびらを開け、【本日休業】のプレートを取りはずした。かろやかな足どりで、玄関に体をすべり込ませる。
「では、失礼いたします」
 とびらがゆっくりと閉じる。霧矢は、あわててドアノブをつかんだ。
「待って!」
 閉じかけていたとびらが、力の均衡きんこうをうけて、静止した。
「……まだ、なにか?」
 とびらの隙間すきまから、アルマの色白な顔が、半分ほどのぞいた。真昼の川辺と、薄暗い室内のコントラストが、彼女の顔を一段とくすんでみせた。
「すこしは協力してよ!」
 協力という単語に、霧矢は力をこめた。もはや、敬語で話す気も起こらなかった。
 しかし、彼の悲痛な叫びも、アルマの心を動かすには、もの足りなかったらしい。
「協力と言われましても……わたしでは……」
「そんなことないだろ? きみはベネディクスに、長いこと住んでるんだから……貧民街の人たちだって、手伝ってくれるさ。ボクたちは余所者よそもの……外国人なんだ。聞きこみも簡単にはできないし、きみの力を借りないと……」
「わたしを手伝ってくれるひとなど、だれもいませんわ」
 霧矢の予想とはことなる、てついた返事だった。
「手伝ってくれるひとがいない? ……どうして?」
「みな、お継母かあ様を恐れているからです」
 アルマはそれだけ言って、ふたたび口をざす。
「メラルダを恐れてる? きみにやさしくすると罰せられるとか、そういう決まりでもあるの? だったら、ボクがハンナを説得するから、協力してよ」
 アルマは、目立った感情の変化も見せずに、滔々(とうとう)とさきを続けた。
「いいえ……もっとたちの悪いものですわ」
「いったい、なんのこと?」
「街の空気です」
 アルマの言わんとするところを、霧矢は察しかねた。
「お継母様がエシュバッハ家の当主になったあと、わたしは人魚の館を追い出されました。そのとき、街の有力者たちはみな、お継母様のがわにつきました。彼らにやとわれていた人々も、お継母様のがわにつきました。さらに、その下の人々も……おたがいの顔色をうかがって、だれもわたしを助けてはくれませんでした」
「そうか……きみは、この街の人をうらんで……」
 アルマは、ニヤリと口の端をゆがめた。
 白い歯がかがやいて、霧矢の背筋を冷たくした。
「いいえ、恨んでなどいません」
「ウソだ……きみは、この街の人を恨んでる……」
「わざわざ恨むくらいなら、ほかの国で、新しい生活を送らせていただきます」
 憎悪など時間のムダだと、アルマは、そう言たげな顔をしていた。
「きみは……ベネディクスのことを、どう思ってるんだい?」
「愛しています……世界中のどこよりも、この街を……」
「そんな愛郷あいきょう精神せいしんだけで、ここに住み続けてるの?」
「愛郷精神とは、ご大層な言い回しですわね……四方を砂漠にかこまれた、水の都……キリヤさんは、近海の浜辺から、ベネディクスの街をごらんになられたことがありますか? 西日に映える時計台、足もとの砂と月、潮騒しおさい……最近は、海へ遊びに行くこともすくなくなりましたが、だれにも邪魔されずに見るベネディクスは、ほんとうに幻想的です。それを独りで楽しむ自由があっても、よろしいではありませんか」
 アルマの超然とした態度に、霧矢は言葉をうしなう。ドアノブが強くひっぱられるのを感じた。彼は抵抗をあきらめ、そこから手をはなした。
「立ち話が過ぎたようです。帰りはお気をつけて……うふふ、心配なさらずに。きっとお友だちは無事ですわよ……では、さようなら……」
 とびらが閉まる。あとには、ぼうぜんと立ちつくす少年だけがのこされた。
 我にかえった霧矢は、薬屋の壁を、靴底でかるくった。
 それを見とがめたセシャトは、彼の肩にふれた。
「キリヤくん、登場人物に対して、感情的になっちゃダメ。こういうのは、作者の性格づけが原因なんだから。ここでアルマさんに嫌われると、こまるのよ」
 理詰めなセシャトの説得も、霧矢の耳にはとどかない。
 彼はアルマの性格に、失望せざるをえなかった。
「とりあえず、人魚の館にもどって、作戦を立てなおしましょう」
 ふたりは貧民街を出て、水上タクシーをさがした。
 なかなかつかまえられないでイライラしていると、少女の元気な声が聞こえた。
「パンはいかがですか! 焼きたてのパン!」
 屋台舟やたいぶねだ。ベネディクスにおいてはめずらしくもない、一般的な商売の方法だった。幌とカウンタをもうけて、小回りの利くエンジンを積んでいる。街中のあちこちに水路が走っているのだから、陸上を移動するよりも、効率がよかった。
「あら、キリヤじゃない」
 霧矢は声の主をさがして、首をひねった。すると、さきほどの売り子が、カウンターから身をのりだし、五十センチほどの至近距離で、彼の顔をのぞきこんでいた。
「ハンナ!」
 ムッと顔をしかめたハンナは、霧矢の頭をはたいた。
「声が大きい」
 彼女は用心深く、あたりを見まわす。
「あら、セシャトもいるのね」
「ハンナお嬢様、ごきげんうるわしゅう」
 セシャトは、ていねいにお辞儀じぎをした。ハンナは苦笑する。
「そんなあいさつしても、なにも出ないわよ……ところで、あなた、この国では見かけない肌の色をしているわね。街のそとから来たの?」
「はい、そとの世界からまいりました」
 セシャトの返事は、ハンナが念頭においていたものとは、ちがっていた。
 それにもかかわらず、このおてんばな令嬢は、興味津々といった様子だ。
「へえ、それなら今度、おもしろい旅の話を聞かせてちょうだい」
 そのとき遠くで、けたたましいかねが鳴りひびいた。
 十二時を告げる、時計台の時報じほうだった。
「おしゃべりは、またの機会にしましょ。バイト中だから」
 ハンナはそう言って、このめんどうな話題をきりあげた。
「場所を変えるんだけど、乗ってく? 館まで帰るんじゃないの?」
 渡りに船だ――三人を乗せた屋台は、岸をはなれた。
 彼女の操舵そうだは、十代の少女とは思えないほどに、手慣れていた。
「さてと」
 ハンナは、船内にそなえつけのオーブンを開けた。水面から吹きあがる風に運ばれて、パンの香りがあたりにただよう。
「商品をならべてちょうだい。そこに解呪かいじゅ済みの水差しがあるわ」
 なるほど、手伝わせたかったわけだ――主人の真意をさとった霧矢は、しぶしぶ手を洗って、オーブンから慎重にプレートを引き出した。
 三人は、温かいパンを順番にならべていく。霧矢は、サンドウィッチを食べたばかりだったものの、何だかお腹が空いてきた。ぱりぱりのクロワッサンをおごってもらったところで、バチは当たらないだろう。ちはるたちの心配事さえなければ。
「わたしがここで働いてること、お母様にはナイショね」
 ハンナはそう言って、ひとさし指をくちびるにそえた。
 彼女が町中でアルバイトをしているのは、公然の秘密だった。
 霧矢は空手形からてがたと分かっていながらも、あいまいにうなずいてみせた。
「ところで、ふたりとも、なにしてたの?」
 ハンナの質問に、セシャトはかしこまって答える。
「メラルダ様のご命令で、少々、買い出しに……」
「さては、あの女の様子を見てくるように、言いつけられたんでしょ」
 あの女という表現がアルマを指しているのは、明らかだった。けれどもセシャトは、なおも澄まし顔で「いえ、そのようなことは……」と返した。
「ごまかさなくてもいいのよ……お母様ったら、いつまであんなうわさ話に、おびえるつもりなのかしら。ローザ姉さんも怖がってて、みんな迷信深いのね」
 いったい何の話なのか、霧矢には見当がつかなかった。
「『あんなうわさ話』って、なんですか?」
「犠牲の日のことよ。わたしたちの能力が消えちゃう日」
 ハンナの口調は、あっけらかんとしていた。まるで、その日が来ることを待ちわびているかのようだ。ただ、彼女の声音には、かすかな不安のひびきもあった。
「館の近くまでは送ってあげるわ……感謝しなさい」
 霧矢とセシャトは約束どおり、大図書館のまえで船をおろしてもらった。
 遠ざかるハンナの船を見送りながら、ふたりは作戦をねる。
「まずは、オオカモメと連絡をとる手段を考えましょう」

 ピリリリ ピリリリ

 HISTORICAの着信音――セシャトは、急いで端末を確認した。

《こちら、ちはる。わけあってトトの端末から送信。昨晩、スフィンクスとオオカモメなる人物に遭遇そうぐう。そのあと、エシュバッハ家の女性につかまって、現在スフィンクスと地下牢に拘禁状態。市役所ないし公会堂のたぐいと思われる。端末の信号をたどって、至急救出されたし。残念ながら、トトの消息は不明。詳細は再会後に》
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ