挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おちこぼれエルフは、名探偵をさがしてる〜人魚の都殺人事件 作者:稲葉孝太郎

第6章 グリフォンの飛翔

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/26

第11話

 霧矢たちを乗せた船は、ローザの催促で、帰路を急いでいた。幾度となく警笛を鳴らし、まえを行く船を左右に斜行しゃこうさせる。交通をみだされた人々は、不満げなまなざしを向けた。霧矢は、すこしばかりもうしわけない気持ちになった。
「キリヤ、わたしの留守のあいだ、なにごともなかったでしょうね?」
「ええ、なにもありませんでした」
 ローザは半信半疑のようだが、実際になにも進展はないのだ。霧矢には、こうとしか答えようがなかった。死体は、いまだに見つかっていない。
「それは感心ね」
 霧矢はキャラの情報を、頭のなかで整理する。主要な登場人物は、全部で六人。そのうち五人までは、顔を合わせることができた。ローザは、その五人のなかで、一番影の薄いキャラクターだ。設定が平凡すぎるのだ。エシュバッハ家の次期当主という肩書きは、彼にとってどうでもいい代物だった。性格にもとがったところがない。いわゆる普通の、お嬢様である。
「アルマは、どうしています? おとなしくしているのかしら?」
 アルマの名前が出たとき、霧矢は妙な安心感をおぼえた。これまで起こった出来事のなかで、ゆいいつの安らぎを与えてくれたのが、彼女との出会いだったからだ。
「アルマさんなら、元気に薬屋をやってますよ」
 霧矢のうれしそうな返事が気に入らなかったのか、それとも、アルマがこの街を出て行かないことに腹を立てたのか、ローザは眉間みけんにしわをよせた。
「まだ居座る気なのですね。いいかげんに、出て行ってもらわなくては」
 ローザがアルマを嫌っているのには、ワケがある。後妻の娘という立場が、ローザに複雑な劣等感をいだかせているのだ。
「わたしが跡を継いだら、追い出してやりましょう」
 ローザの啖呵たんかは、高慢にも聞こえたが、負け惜しみにも聞こえた。
「どうやらアルマは、街の住民にも、うとまれているとか。謀反むほんを起こすかもしれませんし、早めに手を打っておいたほうが、ベネディクスのためにもなるでしょう」
 ローザのひとりごとをよそに、いくつかの不安が、霧矢のなかをよぎった。ちはるは無事だろうか? トトは? 最後の警報が、アルマのものだとしたら?
 二人目の犠牲者が出たという事実を、霧矢は受け入れられなかった。
「ローザ様、ご旅行はいかがでしたか?」
 船内の重苦しい雰囲気をやぶったのは、セシャトだった。
 ローザはクッションの位置を変えながら、つまらなさそうな顔をする。
「あまり、面白くありませんでしたわ。一人旅は退屈たいくつですのね。先月末に、お母様たちと行ったときのほうが、飽きませんでしたことよ」
 そこまで言って、なぜかローザは口をつぐんだ。使用人に話すことではないと思ったのだろうか。それとも、なにかマズい情報がふくまれていたのか。霧矢は、神経を研ぎ澄ます。登場人物の一挙手一投足が、ヒントになるかもしれないからだ。
 セシャトも気になったのか、今回の旅行のことを、根ほり葉ほりたずね始めた。さりげない世間話をよそおっていても、霧矢には、彼女の目的が分かった。
 ――アリバイをチェックしているのだ。
「それで、ルートを変えなければなりませんでしたの。これがまた荒れた街道で、馬車が壊れるかと思いましたわ。そうそう、壊れると言えば、お母様との旅行では、宿泊先の部屋で、鏡が壊れていました。まったく支配人は、なにを考えているのやら……」
 その瞬間、霧矢の記憶の琴線ことせんに、ふれるものがあった。
 人魚の館でメイドからうけとった、なぞの絵葉書だ。
「鏡? ……鏡が壊れていたんですか?」
「ええ、使用人を呼びつけて、散々にしかりつけてやりましたわ」
「ハンナお嬢様は、それについて、なにかおっしゃっていませんでしたか?」
 霧矢の質問に、ローザは眉をひそめた。彼女は妹のハンナと、あまり仲がよくない。権威主義的でベネディクスの風習を重んじるローザと、自由奔放じゆうほんぽうでやりたい放題のハンナ――そりが合わないのは、当然だった。
「なにも……ただ、そこへ寝るのは、ハンナになりましたが」
「ハンナお嬢様が? ……くじ引きかなにかで?」
「いいえ、自分からそう言ったのです。普段から貧民街に出入りしているようですし、きたならしい部屋でも、気にならないのでしょう。そうそう、その翌日に……」
 かくしてローザの話は、館に到着するまで、とぎれることなく続けられた。
「では、お母様に、ごあいさつしてまいります。出迎え、ごくろうでした」
 船から降りたローザは、正面玄関の奥へと消えた。
 あとに残された霧矢とセシャトは、空港で打ち合わせたとおりに行動する。
「すみません」
 霧矢は、船の運転手に声をかけた。
「何だ? 忘れもんか?」
「メラルダ様から、アルマさんの様子を見て来いと言われたんですが」
 運転手の男は、あからさまにイヤそうな顔をした。
 だが、言いつけとあっては、断るわけにもいかないはずだ。霧矢が期待した通り、男は不承不承ふしょうぶしょうといった感じで、エンジンを駆けなおした。
「しょうがねぇな。俺も用事があるから、帰りは歩いてもらうことになるぜ」
「ええ、かまいません。お願いします」
 そのとき、一羽のグリフォンが、霧矢たちの頭上を猛スピードで飛び去った。運転手はひさしの下から顔を出し、遠ざかって行くけもののうしろ姿を目で追った。
「おいおい、何だありゃ?」
「え? 空港のグリフォンじゃないんですか?」
「ああ……だが、ハンナお嬢様のだぞ。館のうえは、飛んじゃいけねぇってのに」
 グリフォンが空の一点と化したところで、男は座席にすわりなおす。
「まあ、どうでもいいこった。乗れよ」
 館の波止場はとばをはなれた船は、幹線水路に入り、だんだんと密度の濃くなる船のあいだを、ゆっくりと南下した。速度が一定したところで、運転手は布袋をとりだし、中身をあさる。ひとかたまりのパンがつまみ出され、男はそれにかぶりついた。
 霧矢はふと、自分が朝から、なにも食べていないことを思い出した。
「……昼食にしようか?」
「そうね」
 ふたりは、ランチボックスを開けた。サンドイッチが、ふたつ飛び出す。
 空きっ腹にぐいぐいとそれを押し込みながら、霧矢は、ぼそりとつぶやいた。
「ねえ……前提がまちがってるんだよ」
「前提?」
 サンドイッチを咀嚼そしゃくしていたセシャトは、口もとに手を当てて訊き返した。
「事件なんか起こってないのさ。機械が壊れてるんだ」
「それはないわ」
 セシャトは、十分にこなれたパンを飲みこむと、力強く反論した。
「最初の警報は本庁、二回目はわたしの端末。あなたの仮説が正しいなら、ふたつとも壊れてるってことになるわよね」
「うん、だから、ふたつとも壊れてるんじゃない?」
「わたしはトトとちがって、メンテをさぼったりしないわ」
 セシャトはスカートのすそで、指をぬぐった。
「大した自信だね」
 霧矢はあきれ気味に、そうつぶやいた。
「何とでも言いなさい……ところで、オオカモメの正体に、心当たりはないの?」
 霧矢は残念そうに、首をふった。
「となると……パラドクセス・ハルモネンディ・シンドロームね」
「パラド……なに?」
「パラドクセス・ハルモネンディ・シンドローム。日本語で、矛盾調和症候群よ」
 セシャトは塾講師のように、ひと呼吸おいた。
「例えば小説で、『あるところに一匹のイヌがいた。そのネコはまだ赤ん坊だった』という文章があるとしましょう」
「……それは猫なの? それとも犬?」
 セシャトはしたり顔で、霧矢の目のまえに、ひとさし指を突き立てた。
「そう、そこが問題なの。すべての作者が、無矛盾な物語を書くわけじゃないわ。そういうエラーが生じたとき、物語は自力で、それを修正しようとするの」
「修正……? どうやって?」
「それは、物語のタイプと自由度に依存するわ。ノンフィクションなら、かなり現実的な調和になるでしょうね。例えば、ネコという名前の犬だとか、イヌという名前の猫だとか、そんな感じ。ファンタジーなら、犬から猫にトランスフォームする架空生物って線も、ありえるかしら」
 霧矢は、『海に凪ぐ人魚の恋』のジャンルを検討する。人魚や呪いが出てくる以上、ノンフィクションとは言いがたい。どう考えても、ファンタジーの一種であった。
「まいったな……可能性が広過ぎて……」
「ストーリーの矛盾点をさがしましょう。それが解決の糸口になるはずよ」
 霧矢は、頭をかかえる。この街でシナリオ上のミスをさがすなど、雲をつかむような話だ。本書を最後まで読んだ霧矢だが、おかしな印象は受けなかった。致命的な誤字があったようにも思えない。それともなにか、見落としている点があるのだろうか。
 ゆっくり記憶をたどっていくと、ある事実が、彼の脳裏のうりをかすめた。
「ねえ……カレンダーの狂いは、その症候群にふくまれるの?」
 セシャトは、一段とマジメな顔になった。
「もちろんよ。心当たりがあるの?」
「心当たりって言うか……この作品、七月三十一日が、消えてるんだよね」
「消えてる……? どういうこと?」
 霧矢は、アルマの薬屋でトトに話したことを、船上でくり返した。イラストレーターが、七月三十一日のないカレンダーを描いてしまったこと、それにもかかわらず、物語のなかでは、その日の言及があること――セシャトは、するどく目を光らせた。
「重要よ……めちゃくちゃ重要だわ。何で今まで話さなかったの?」
「そのパラド何とかを、知らなかったからだよ。きみが言ったように、物語はムリヤリ辻褄つじつまを合わせたみたいだね。その一日は、『犠牲の日』と呼ばれて、人魚の魂にささげられたらしいから。こんなの、原作にはなかったよ」
「人魚の魂に? それは、事実なの?」
「……分かんない。街には、そういううわさがあるんだってさ」
「それじゃあ、ちょっと決め手にならないわね。もっと証拠が……」
「おい、もうすぐつくぞ」
 ふたりの議論をさえぎって、船は貧民街へと到着した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ