挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

雲の形

 ある秋の日、僕らは学校の屋上でなんとなく空を見ていた。アカネちゃんと、アキラくんと、それから僕で。誰も何も言わない。雲がいくつかプカプカと浮いていた。そのうちに上空で風が強く吹き始めたのか、大きな雲がちぎれていき、様々な形の小さな雲がたくさん漂い始めた。
 その小さな雲のうちの一つが、僕にはふと気になった。二つの三角形に丸い形。その組み合わせが、まるで猫みたいに思えたからだ。それで僕はこう言ってみた。
 「ねぇ、あの雲、まるで猫みたいじゃない?」
 そう言うと、アカネちゃんもアキラくんもそれに同意してくれた。
 実はつい最近、僕らは猫を殺している。わざとじゃない。猫を捕まえて、飼おうと思って首輪で繋いでいたら、夜中に暴れたのか、翌朝、その首輪に吊られてその猫は死んでいたのだ。多分、だから猫の形の雲が気になったのだろうと思う。
 それから、アカネちゃんが言う。
 「ねぇ、あの雲は金魚に見えない?」
 彼女はその雲を指で示していたけど、僕にはそれがどれか分からなかった。アキラくんにも分からなかったらしい。
 今度は僕が言う。
 「ねぇ、あれはカブトムシに見えない?」
 ところが、指差してみたけど、アカネちゃんもアキラくんもそれがどれか分からないようだった。ちょうど空の真ん中辺りにその雲はあったのだけど。
 次に、アキラくんが言った。
 「ねぇ、あれは人間の子共に見えない?」
 だけど、やはりその前と同じで、僕もアカネちゃんもそれを分からなかった。
 その時、僕は思い出した。
 つい先日、僕がカブトムシを殺していたことを。それに、確かアカネちゃんは、飼っていた金魚の世話を怠けて殺していたはずだ。
 そしてそれから思い出した。
 ちょっと前に、僕らの学校で、転落事故があった事を。原因は不明。僕らと同じくらいの男の子が死んでいる。
 アキラくんが言った。
 「どうして分からないのだろう? あんなにはっきり、男の子の形をしているのに」
この小説の朗読です↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21557510

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ