挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

半妖狐少女と仮面少年の恋語り

作者:ひいな
ーー明日山琴音はある秘密を持っている。


四月のある日に新入生たちの姿を見かけた琴音。
自分もまた先輩になることにわくわくしつつ、琴音は新入生の男の子を目にした。
男の子ーー皆島綾人に一目惚れをした琴音。
その綾人に自分の正体がばれてしまい、弱味を握られた琴音はさらに「召使い」に厳命されてしまう。
「召使い」から「友達(あわよくばそれ以上の関係)」になりたい琴音は綾人にアタックする。
けれど、琴音は綾人の『闇』を見つけてしまい、彼を助けようとするが……?
プロローグ ???と少年の昔語り
【0】
2016年 09月 08日
一章 少女と少年の出会い語り
【1】
2016年 09月 12日
【2】
2016年 09月 15日
【3】
2016年 09月 19日
【4】
2016年 09月 22日
【5】
2016年 09月 26日
二章 半妖狐少女と仮面少年の一戦目語り
【1】
2016年 09月 29日
【2】
2016年 10月 03日
【3】
2016年 10月 06日
【4】
2016年 10月 10日
【5】
2016年 10月 13日
【6】
2016年 10月 17日
【7】
2016年 10月 20日
【8】
2016年 10月 24日
【9】
2016年 10月 27日
【10】
2016年 10月 31日
【11】
2016年 11月 03日
三章 半妖狐少女と仮面少年の二戦目語り
【1】
2016年 11月 07日
【2】
2016年 11月 10日
【3】
2016年 11月 14日
【4】
2016年 11月 17日
【5】
2016年 11月 21日
【6】
2016年 11月 24日
【7】
2016年 11月 28日
【8】
2016年 12月 01日
四章 少女と少年の自身語り
【1】
2016年 12月 05日
【2】
2016年 12月 08日
【3】
2016年 12月 12日
【4】
2016年 12月 15日
【5】
2016年 12月 19日
【6】
2016年 12月 22日
五章 妖狐少女と仮面少年の決戦語り
【1】
2016年 12月 26日
【2】
2016年 12月 29日
【3】
2017年 01月 02日
【4】
2017年 01月 05日
【5】
2017年 01月 09日
エピローグ 琴音と綾人の恋始め語り
【0】
2017年 01月 12日
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ