挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
大学生北野京子の恋愛事情 作者:夜野うさぎ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/28

24 思い出のロールキャベツ

 それから陽子さんから味と形の特徴を尋ねる。
 味は和風だしらしいが、ただそれ以外にも何かが入っていたという。
 中の具は挽肉とタマネギに椎茸なんだけど、どこかふんわりと柔らかかった。
 キャベツで俵型にするけど、かんぴょうで帯を締めるのではなく、楊枝で刺す。
 大きさは、おいなりさん位で、おだしがお皿の上に薄く広がるぐらいの盛り付けで、そこに花形にくりぬいたニンジンがついていたとのこと。

「わかりました。少し考えてみます。――それで、陽子さんのご都合がいいのはいつ頃ですか?」
 この料理は、レシピの再現は私がするけど、陽子さんもいないとできない。それに当日は、陽子さんが作らないと意味がない。
「大丈夫。しばらくは急ぎの仕事はないから、下の人に任せる。……だから貴女に合わせるわ」
 私は頭の中でスケジュールを確認する。
「では、次の土曜日の――」

――――。
 約束の日。
 毎日、顔を合わせてプチデートをしていたけど、今日だけは予定があると啓一くんに言ってある。
 使い慣れた台所には、今日のために多めの食材を用意しておいた。もしも足りなくなったら、近くのスーパーに買いに行けばいいだろう。
 私は気合いを入れてエプロンをして、コンロにかけている二つの鍋の様子を見ていた。
 あとは陽子さんが来るのを待つだけ。

 ちょうどその時、玄関のインターホンが鳴り、
「北野さん。陽子です」
と声がする。
 すぐにコンロの火を止めて玄関のドアを開けると、シンプルなジーンズを着た陽子さんが立っていた。
 早速、中に案内しソファに座ってもらった。
 私の部屋を眺めた陽子さんは、
「……この部屋。なんだか懐かしいわ。落ち着く感じがするわね」
と言った。私ははにかみながら、「啓一くんもそう言ってましたよ」と言うと、陽子さんが初めて笑顔を見せてくれた。
 やっぱり親子だ。笑った顔が似ている。
 そう思いつつ、書き込みしたノートを持ってきて陽子さんの前に広げた。

 ノートには見開きページごとに、それぞれ微妙に違うロールキャベツのレシピを書いてある。その数は全部で12。
 陽子さんはそのノートを見て、目を丸くし、一つ一つをじっくりと眺めはじめた。
 もちろん、この12のレシピの内でも、私がこれかなって思うものを3つ選んで、実はもう作ってあるのだ。
「レシピの2番、5番、6番の可能性が高いと思って、実は試作品を作ってあります。早速ですけど、味見をお願いします」
と告げて、台所に来てもらう。
 陽子さんが持参したエプロンをしている間に、深皿を三つ取り出して、二つの鍋のロールキャベツをそれぞれよそった。
 テーブルの上に右から2番、5番、6番とわかるように並べる。
 陽子さんと目が合って、うなづくと、陽子さんは箸を手にとって、一つずつ口に運んでいった。

 まずは2番。
 これは和風だしに生姜を加えたもの。中の具は合い挽き肉、タマネギ、椎茸につなぎとしてお米を入れてある。

 陽子さんが一口食べるのを緊張しながら見つめる。
「うん。おいしい」
と陽子さんはうなづいて、ゆっくりと確かめるように味わっている。
「なるほど。ちょっとあっさりめのお出汁ね。でももっと甘かったと思うの。それに、中の具ももっと柔らかかったかな」
 私は、「はい」と言いながら、2番のレシピに陽子さんの評価を書き込んだ。

 つづいて5番。
 この5番と6番は和風だしにケチャップを少量入れてあるタイプ。5番には、中の具にハンバーグと同じようにパン粉を使用している。
「うん。これもおいしい。でも、そうね。……お出汁だけど、ケチャップの甘みではなかったと思う。なんだろう。酸味のない、もっとあっさりした甘みなのよね。具はさっきの方が近かったと思う」
 ノートに書き込みしながら、次の6番を差し出す。
「お出汁は5番と一緒です。具の方を確認お願いします」

 三つ目の6番は、具のつなぎにお豆腐を使っているタイプだ。
 三種類の中でもっともふんわりとしたタイプ。お豆腐ハンバーグをイメージしてもらうといいわ。
 ただちょっと柔らかすぎる気もしていたのだけれど……。
 一口食べた陽子さんが、
「これよ! これ。この柔らかさだわ」
と笑顔で親指を立てる。
 ……なるほど。お豆腐ね。

 陽子さんはうれしそうに、
「北野さん。お料理が上手ね。味は違ったけれど、どれもおいしいわ」
と褒めてくれる。少し照れながら、
「私、前からよく料理のお手伝いをしていたんですよ。弟もいましたし」
というと、「へえ。じゃあお姉さんなのね」と陽子さんがどこか納得したようにうなづいた。
「実はね。私にも姉がいてね。そういえばよくお母さんのお手伝いをしていたわねぇ」
と遠い目をしている。
 私がその横顔を見ていると、それに気がついて、にっこり笑って、
「今でも元気よ? 結婚して埼玉にいるわ」という。

 ……ちょっと待てよ。そういえば啓一くんとお付き合いをしていることを、私、まだ家族に報告していないわね。
 ど、どど、どうしよう。

 陽子さんが私の様子がおかしいことに気がついて、
「あら? どうしたの?」と心配そうに私の顔をのぞき込んできた。
「あ、いえ。その。……私も啓一くんのことを言えないなぁと思って」
「なんのこと?」
「お付き合いしていることを、家族にまだ報告してなかったです」
 そう白状すると、陽子さんが吹き出した。
「ぷっ。そ、そんなことを気にしてたの? そうねぇ。……タイミングは啓一と相談してからになさいよ」
「え? でも――」
 私、まだ陽子さんや啓介さんにもちゃんとご挨拶していないし――。
 そう言いかけると、陽子さんは、
「あのね。私はもう貴女のことを認めています。啓介にも言ってあるわ。……だから、そのうち挨拶に来てくれれば大丈夫よ」
「あ、はい。ありがとうございます。……でも、私なんかで」
 いいんですか? と言おうとしたら、陽子さんがあわてて、
「貴女がいいの。だから、それは言わないこと。ね?」
と私の口に人差し指を押しつけた。

 あ、あはは。そうなの? 私、このまま啓一くんの彼女でいいのね?
 そう思ったとき、自然と喜びがあふれ、ずっと張り詰めていた肩の力がふっと抜けた気がした。
 大企業の御曹司とわかり、心のどこかで心配をしていた。
 ――この恋は。身分が違う恋は。叶わないのかもって。
 でも、いいのね。このまま啓一くんを好きなままで。

「あらあら」と陽子さんは言いながら、取り出したハンカチで私の目尻を押さえた。
「ね? だから、私にとっては貴女はもう娘のつもり」
「はい! よろしくお願いします」
 それから私は陽子さんと目を合わせて、二人で笑った。
「「ふふふ」」

 さてと、気を取り直して、レシピノートを見直す。
 残る問題はお出汁。ケチャップではない甘み。それもあっさりとした甘さ、か……。
 私は今まで食べた料理の味を思い出す。舌先に、それぞれの甘さをよみがえらせて、何の甘さがふさわしいのかを考える。
 砂糖、みりん、ジュース。ニンジン、キャベツ……。
 なんだろう。何かが引っかかっている。

 春野菜の甘さ。野菜を煮たときの甘みはあっさりと優しい甘さだ。だけれど、キャベツの甘みは十分に出ているはず。具に入れた分とは別に、さらに椎茸でお出汁を取っているのだろうか?
 いや、まてよ……。

 思考の海を漂っていた私の脳裏に、一瞬、何かがひらめいた。
 もしかして、
「白味噌?」
 私がそうつぶやいた瞬間、陽子さんが、
「あ~! それだ!」
と叫んだ。
 陽子さんは興奮しながら、
「そうだ、そうだ! なんで白味噌使うんだろって疑問に思っていたのよ! でも作ってみたら、すっごく優しい甘さでおいしいのよ!」
と私の手をつかんで飛び跳ねている。
 やだ。ちょっとかわいいかも。
 内心でそう思いながら、陽子さんの顔を見ると、その目尻に涙がにじんでいた。

 落ち着いた頃に、目をこすろうとする陽子さんに、私はハンカチを渡した。
「ふふふ。ありがとう。本当にありがとうね。これで母さんのレシピが一つよみがえる」
という陽子さんに、
「いえ。本当に白味噌かどうか、これから作って確認するまでは安心できませんよ」
「ええ。今度は、私も一緒に作るわ」
「はい!」

 それからは分担作業。二人で鼻歌や他愛もないことを話しながら、料理を進める。
 陽子さんが、合い挽き肉にみじん切りのタマネギと椎茸、豆腐を混ぜて捏ね。私はキャベツの芯を削って軽くゆでる。
 できたキャベツの葉で、陽子さんの捏ねたタネを包み、形を整えて楊枝で刺した。
 お鍋に二つ並べて水を張り、火にかけながらお出汁を投入する。鍋の取っ手を持って軽く揺すって混ぜ、そして、味見をしながら慎重に白味噌を溶いていく。
 そのままコトコトと煮て、「陽子さんのロールキャベツ」が完成した。

 早速、一人一つずつ味見をする。
 和風のお出汁独特の優しい香りをかぎながら、一口食べる。白味噌のあっさりと優しい甘さが、キャベツの甘さや豆腐、お肉の味と相まって、とても優しい味わいが口に広がる。
 なるほど。これは確かに子供に人気がありそうだ。
 そう思いながら陽子さんの方を見ると、陽子さんはボロボロと泣いている。

 ギョッとしながら再びハンカチを手渡すと、陽子さんは泣き顔のままにっこり笑って、
「そうよ。これが母さんの味だったわ」という。

 そう言う陽子さんは、昔を懐かしむように目を細めていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ