挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

ピント

作者:雪 つむじ
吹き荒れる空はとても綺麗

なぜって?

ずれたピントが映し出す
星空は二倍に輝いていて
純粋さがまるで遊んでいるよう

誰が何を言おうとも
吹き荒れる風は脇をすり抜け
どこかしらの壁に当たることも
なにがしかの壁に遮られることも
なく向こう側へ抜けていく

曇った空も
雨の空も
晴れの空も

ずれたピントの上では変化がない

二倍に増えた太陽の光は
肌で感じる分には一個分

恵まれたと思えるのは
ピントがずれていると誰も教えてくれないから

みんな受け止めたいから

レンズで補正するんだね
ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ