挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

透明な僕、君の光

作者:貴堂水樹
 生活安全課少年係所属の警察官であり、根っからの世話焼きな松山香織は、県立高校で起きた刺傷事件の捜査の過程で成田という塾講師と出逢う。人の心を読み、巧みな話術で被疑者の少年の口を割らせた魔法使いのような彼は、自らを前科一犯だと語り出す。彼の歪んだ笑顔に吸い寄せられるように、香織は先輩警官であり成田の幼馴染である久米島丈宏に、彼の過去の罪について尋ねるのだが――。
Ⅰー1
2017/08/04 21:54
Ⅰー2
2017/08/05 07:01
Ⅰー3
2017/08/06 08:25
Ⅰー4
2017/08/07 07:00
Ⅱー1
2017/08/08 07:00
Ⅱー2
2017/08/08 15:00
Ⅲー1
2017/08/08 19:00
Ⅲー2
2017/08/09 09:00
Ⅲー3
2017/08/09 15:00
Ⅲ-4
2017/08/10 09:00
Ⅲー5
2017/08/11 09:00
Ⅲー6
2017/08/11 19:00
Ⅳー1
2017/08/12 09:00
Ⅳー2
2017/08/13 09:00
Ⅳー3
2017/08/13 15:00
Ⅳー4
2017/08/14 09:00
Ⅳー5
2017/08/14 15:00
Ⅳー6
2017/08/15 09:00
2017/08/15 15:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ