挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

縁側から見る花火

作者:朝日
銘尾友郎様の"夏・祭り企画"の感じに合う小説が書けたので、参加させていただきました。

※リアリティー?何それ美味しいの?(-ω- ?)くらいのゆるい感じの小説です。
 





 8/10日、季節は夏。



 私はここ二十年、毎年花火大会を河川敷に見に行っていたわ。



 でも、もう行けないの。



 二ヶ月前、転んで腰の骨をやってしまったのよ。

 階段から転げ落ちた、なんていう大きな話ではないの。

 ただ、日課の散歩から帰ってきて家に入って気が緩んで転ぶ…というより、ストンと座ったと言った方が近いかしら。ただそれだけで腰骨にヒビが入ってしまったのよ。杖をつきながらゆっくりならなんとか歩ける歩ける程度までは回復したわ。でも--



 --もうここから治る可能性はほぼないそうなのよ。歳をとるって、嫌ねぇ。



 そんなことがあって、今は貯めていた貯金を使って老人ホームで暮らしているのよ。孫や子供に迷惑をかけたくないもの。


 でも今日だけは、家からでもいいから花火が近くで見たくって頑張って帰って来たの。当然、一人で帰るのは反対されたけどねぇ。生い先短い婆のお願いという老人の特権を使って、なんとか聞いてもらったわ。



 楽しみで年甲斐もなくはしゃいじゃって。昔の浴衣まで出してきて、着てみたの。これがまぁピッタリな大きさでねぇ。吃驚しちゃった。



 ----そんなことがあって今、まさに花火があがる時間。



 しゅぅぅぅう~---ドカン!



 そんなことを思っていたら、ほら。光の演出のあとに、夜空に綺麗な花が咲いた。



 しゅぅぅぅ~--ドドドドドン!



 ドン!ドドドドドンッッ!!



 しゅぅぅう----ドガァァン!



 あら、大きな花火。これがあがったということは、もうそろそろ終わっちゃうのね。でも、それも醍醐味の一つなのよねぇ。



 しゅうぅぅぅぅぅぅぅ



 ----ドドドドドドドトドドドド~ンッ!



 最後にいつも打ち上げられる、大きな連続花火。この、いつ終わってしまうのかというドキドキ感がたまらないのよね。



 しゅぅ------ドーッッーン!!



 あら、終わっちゃった。本当に、いい花火だったわぁ。



 縁側から一人で見る、静かな花火もいいものねぇ。



 また、見たいわ。頑張って長生きして、骨を治さなくっちゃ。



 ----花火の後に残る少しの火薬の香り。さっきまでの騒がしい音と光が夢だったかのような吸い込まれてしまいそうな闇と静寂。そして、それを塗りつぶすかのように響く蝉の声。



「今年も、いい花火だったわねぇ。」



 私のぽつりと呟いた小さな声は、どこまでも続く静かな闇に吸い込まれていった。




最後まで読んでくださってありがとうございました。

企画を見てよっしゃ書くぜヒャッハーヘ(゜∀゜ヘ)なテンションで書いた小説なので、少々おかしいかもしれません。

おかしいと感じたところがございましたら、遠慮せず言っていただけると嬉しいです。修正します。

企画参加作品なのに短い?気にしないでください。企画参加だからって長く書かない、これこそ自分のスタイルなのです。

……嘘ですごめんなさい。書けるものなら長く書きたいです。しかし自分は勢いでしか書けない馬鹿なんです。花火の音に頼らなければいけないほど短くなるのは想定外でした。( ´゜д゜`)アチャー


追記:8/12日に詩ランキング日間一位取ってました。しかも8/14日に確認したところ、詩ランキングで週間一位、月間三位、四半期22位になってました(・∀・)v<イエーイ

読んでくださった皆様、評価をつけてくださった皆様。本当に有り難う御座いました。

さらに追記:8/16に確認したところ、詩ランキング、日間二位、週間は相変わらず一位、月間は二位、四半期は十二位、年間は六十一位になってました。順調すぎてちょっと怖いです(笑)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ