挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

臓物主待望‐Kyrie

作者:汐利(原案 キョーカ)

 ひとりの男がいた。

 彼は、世界を救いたかった。

 彼は、人々に呼びかけた。決して怖がることはないと。
 彼は、人々に問いかけた。隣人と未来を愛しなさいと。
 彼は、人々に差し伸べた。その救いの手と治癒の力を。
 彼は、人々に叫び続けた。慈悲ある神が人々を救うと。

 そして、彼は神に愛された。

 彼は、万人を救った。彼は、人々に崇められた。彼は世界を愛し、世界も彼を愛した。

 彼は、救世主だった。

 彼は、病める人を助け、悩める人を癒した。
 X-dayの訪れは怖くないと人々に触れ回った。何故なら、最後の日の後には、苦しみのない楽園が待っているから。そして、その日のために、自らの魂を清め、穢れを遠ざけ、希望を棄てず、前に進み続けるようにと高らかな声をあげた。
 彼を崇める人々は、何世代にも渡っていた。
 一人が老いて死に彼に救われ、一人が生まれまたその赤子も彼に救われた。
 人々が死に逝きても、彼は世界を救い続けた。
 死は滅亡ではない。怖れることはない。

 彼がいつまでも彼でいることに畏れなした人々は、とうとう彼を十字架に張付けた。
 それでも彼は生き続けた。
 最早彼を制するものはいなかった。

 彼は孤独だった。
 しかし、彼はそれでよかった。
 神の子は孤独であるべきものだった。
 孤独であることが、神の子で在る証であり、神の子で在れる所以だと信じていた。

 ある日、彼は死んだ。

 滅亡主が、彼を滅ぼした。
 彼は、救世主ではなかった。
 滅亡主が目の前に現れたとき、彼は言った。「戦わねばならぬ時が来た」と。
 滅亡主は何も言わなかった。
 ただ、臓物主の戯れに呆れ、彼を哀れみ、首を横に振っただけだった。
 滅亡主は、彼を滅ぼした。

 彼は救世主ではなかった。
 彼は神に愛されてなどいなかった。
 そもそも神など存在しなかった。

 それだけだった。

 死を察したとき、彼は初めて絶望というものを知った。
 しかし、だからどうということもなかった。

 彼を滅亡主の目から隠していたのは臓物主だった。
 特にわけはなかった。
 彼の姿を現したのも、臓物主だった。
 やはりこれにも特にわけはなかった。

 臓物主はまた世界を見つめ続ける。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ