挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界転移した俺が現代物資チートで楽しく生きる! 作者:イムイム
2/14

第2話 はじめてのいせかい

神様が目の前から消え目の前が真っ白になった。
目が覚めたら、自分の周りはだだっ広い平原だった。
神様に頼んだメニューってどうやって使うんだろう?
いきなりメニューが出てきた。
しばらく考えてたらわかったことがこうだ、
・メニューは頭の中で念じると出てくる
・メニューにはインターネットやマップ
、メニューのストアや、ステータス、人工知能みたいな物もあった。
メニューの下は(???)と書いてある項目が3つあった。
多分スマホのアプリみたいな感じだろう。
とりあえずステータスのアイコンをタップしてみた。

ステータス
【井村祐人】


Lv.1
HP:1000
MP:5000
攻撃力:200
守備力:30
素早さ:100
防御力:30
賢さ:100

スキル
【空手術Lv.3】
【剣術Lv.8】
【苦痛耐性Lv.3】
【火炎魔法Lv.1】
【神様の加護Lv.MAX】
【??????】
固有能力(ユニークスキル)

異空間収納(インベントリー)
・メニュー
・?

装備

頭:なし
体上:みすぼらしいふく
体下:みすぼらしいズボン
足:とても臭い靴
右手:なし
左手:なし
アクセサリー:なし

HPやMPってテンプレだな、やっぱりあるんだ...ってHP高くね!?
普通がどのくらいかはわからないが
とりあえず高いと思う。
空手は小学生の時に6年間行ってた、サボってばっかりだったからスキルのレベルが低いみたいだな。
剣術レベル8って言うのは中学生の時に剣道部だったからかな?顧問の先生に散々しばかれてたから苦痛体制なんかもついてる。
神様の加護ってなんだろう?
【??????って気になるなー新しくスキルでもいつか開放されるのだろうか?
うん。とりあえず足装備酷くない!?
自分でも「すこし」臭いとは思うけど
とても臭いとは書かなくてもいいじゃ無いか!靴買ったら即捨てよう。
よし!村とか探そう。
メニューを開いた →マップ周辺の村→検索→検索結果【デルムの村】30km
30km歩かないと行けないのか 、しょうがない歩くしかないか、野宿は嫌だしー
10分くらいあるいたところで初めての敵と出会った。
後書き機能、、今さっき知りましたwww
誤字脱字、おかしいなと思ったら些細なことでもいいのでコメント下さい!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ