挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

一周忌

みんな死ぬ
みんな死ぬがおれも死ぬ
おれは死ぬのか本当に
あいつは死んだ
いまだに悲しい
もっとめちゃくちゃやってやろうぜ
生きるだけが能じゃない
合わせたって仕方がないから
ふらふらさまよう
嗤う奴は大嫌い
勝手にするぜお互いな
どうせ死ぬまで
どうせ死ぬまで
全部が全部嘘だしな
仮の姿だ全部が全部
よく思われたって仕方がないから
いらないものはいらないって言う
物足りないからふらふらさまよう
おれが死ぬって本当か
こんなに苦しいのに
こんなに苦しいのに
よく嗤ってられるよなあ
たんでもかけてやればめえさめるかなあ
あったかい午後寒い朝
悲しいことは次から次へと
飽きもせず
おえねえな
おれ死なない気がする
でも死ぬんだろ
よくわかんない
あいつは死んだけど
夢に出てくるよ
一日中なでてあげたい
ずっとゴロゴロ言っててほしい
会いたい
好き
もう二度と会えない
好きなのに
もう二度と会えない
おれも死ぬのか
もう二度と会えないのに
悲しいことは忘れない
楽しいことは一瞬だ
ずっと悲しい
笑ってても悲しい
なんで時間は戻らない
戻ってもいい
戻ったっていいだろう
もう二度と会えない
もう一度会えてもいいだろう
もう一度くらいいいだろう
戻ったら
時間を止めてやろう
あいつも死なない
おれも死なない
みんな死なない
それでおしまい

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ