挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄から始まるけれど、どこまでもやさしい世界 作者:倉永さな
30/30

*三十* どこまでもやさしい世界(了)

     ◆   ◆

 無茶をして、アウリスに魔方陣で行ったことがつい最近のことのような気がするけれど、今はすっかり暖かくなった。

 あれから数か月が経った。
 執務室に戻ったとき、部屋はシンと静まり返っていたし、城内もざわめいていなくて、本当にバレなかったと知り、ホッとした。
 ラーウスさまはルークスさまに再度、釘を刺されていたけれど、分かったと答えていた。
 あれから数度、アウリスに行ったけれど、ラーウスさまは行く前には必ず、ルークスさまに連絡を入れることを怠ることはしなかったようだ。

 帰ってきてからの日常は、結婚式の準備もあり、慌ただしかった。
 それでも、隣にいつでも愛する人がいるということは、とても幸せなことで、それほど苦にはならなかった。



 ウィケウスの栽培も、順調だった。
 そして、ラーウスさまの研究の成果により、わたしは煎じた物を飲むことから解放された。

 ラーウスさまの研究によれば、ウィケウスは微量の魔力を含んでいて、乾燥させて煎じて体内に取り入れることで、魔力が変換されて、獣人の特徴を消すことができるようになっているようだ、ということだった。そして、それは花の香りに一番含まれているというのだ。
 そうか、だからポプリにしていても耳と尻尾を消すことができたのか、と納得。

 匂いでも大丈夫ということで、前々からラーウスさまはウィケウスの花で香油を作りたいとおっしゃっていたので、それを実行することになった。
 まず、準備したのは、畑から取ってきたばかりのウィケウスから、花を分離することだった。乾燥させたウィケウスから花を取るのは簡単だけど、採れたてのウィケウスから花を分離させるのは、慣れないのもあって、手間取った。
 そうして集めたのは、前にニックスの花を摘んだときに使った籠の半分ほどだった。こんなに少なくては、ほとんど香油が採れないのではないかと危惧していたら、やはり、ほとんど採れなかった。
 がっかりしているわたしをよそに、ラーウスさまは満足そうな笑みを浮かべていた。
 え、こんなスプーンの先にちょっとの量でいいのですか?

「ルベル、これは精油といって、香り成分が凝縮されたものなんだよ。このままでは使うことはないから、大丈夫。これを油に溶かして使うんだ」
「え、これが香油なのでは……?」
「違うよ。これは香りの元。精油。これを植物油で希釈したものが香油だよ。そもそも、精油を原液で使うと、濃すぎて危険だよ」

 そうなんだ、知らなかった。

「ところで、これ、どうやって作ったんですか」
「魔法で花を圧縮して、精油を取り出したんだ」
「へぇ……なんだかよく分からないですけど、すごいです」

 ラーウスさまはあらかじめ用意していた植物油をビーカーに入れて測り、そこにウィケウスの精油を入れて、かき混ぜた。ふんわりといい匂いが漂ってくる。

「ルベル、これを毎朝、耳の後ろに塗るといいよ」
「えっ?」
「たぶんだけど、それで一日は保つはずだ」
「あの……?」
「乾燥したウィケウスの花を煎じた物を飲む代わりになると思うんだけど」
「え、あ、はい! ありがとうございます!」
「それと」
「はい」
「ルベルが私と結婚してから、ウィケウスを煎じた物を飲まなくても耳と尻尾が生えなかったのは、たぶんだけど、私の魔力を体内に取り込んだからだと思うよ」
「え、えっ、……え」

 ラーウスさまは意味深な笑みを浮かべると、先ほど作った香油を瓶に詰めて、わたしに渡してくれた。

「だから、これはあんまり必要ないかもしれないね」
「ラッ、ラーウスさまっ!」
「ふふっ、今もかわいいけど、夜のルベルもかわいいよ」
「…………っ!」

 なんという爆弾発言をしてくれるのでしょうか、ラーウスさまは!
 もうっ!

「こっ、香油、ありがとうございます」

 話をそらせたくてお礼を言えば、また、笑われた。

「いつまでも初心でかわいいな、ルベルは」
「ラーウスさまっ!」

 ラーウスさまはこうやって、小さなことでわたしを困らせてくれたけれど、それは決して嫌なことではなかった。むしろ、なんだか特別に扱われているような気がして、嬉しかった。



 あとは、そうそう、王妃さまと二人っきりでお茶会を開きました。
 周りには反対されたのだけど、王妃さまの『母娘の交流を邪魔するの?』の一言で黙らされたようだった。
 王妃さまとのお茶会は、とても楽しかった。ラーウスさまがおっしゃっていたように、王妃さま手ずからのお茶はとても美味しくて、お腹がたぷたぷになるほど飲んで、笑われた。
 そうして、お話上手でもあり、聞き上手でもある王妃さまに乗せられて、幼い頃のあれこれを話してしまっていた。
 最初はあまりのお転婆振りに驚いたように目を丸くしていたけれど、最後のあたりはお腹を抱えて笑っていた。
 おっとりしたラーウスさまにはわたしみたいなのがちょうどいいとおっしゃってくださったけれど、ラーウスさまっておっとりしているとは思えないのですけど。どちらかというと、ラーウスさまに振り回されていますと言えば、王妃さまはまた驚き、わたしだからこそ、わがままが言えているのね、と言われた。
 ルークスさまとのやりとりや、他の人とのやりとりを思い返してみれば、そうなのかもしれない。
 そういえば、ラーウスさまは人嫌いと聞いていたけれど、父さんと普通に話していた。……あれ、父さんも獣人だから、人とは言えないのかしら?

 ラーウスさまの人嫌いというのも、わたしにはイマイチ、実感がない。
 本当に嫌いなのではなくて、幼い頃、なにか嫌な目に遭ったのかもしれない。

「あの、お義母さま」
「なぁに?」
「ラーウスさまは人嫌いと聞きますけれど、なにか理由があるのですか?」
「あぁ、あの子の人嫌いは、特に理由はないと思うのよね」
「え?」
「たぶんだけど、あの子は臆病なところがあるでしょう?」
「えぇ」

 そう言われてみれば、ラーウスさまは臆病なところがあるかもしれない。

「自分で制御仕切れない魔力を抱えているから、それがいつ、暴走して、そのせいで人を傷つけるかもしれないから、人を避けているような気がするの」
「そう言われてみれば、そうかもしれません」

 今はわたしが側にいるから落ち着いているけれど、初めて会った時は、触れただけで切れてしまいそうな気配をしていたのは、そのせいだったのかもしれない。

「今はずいぶんと落ち着いているのは、あなたのおかげね、ルベル。ありがとう」
「いえっ、わたしはお礼を言われるようなことはなにも」
「いいえ。あの子を受け入れられる人は、あなたしかいないし、むしろ、あの子を受け入れてくれて、ありがとうと言いたいのよ」
「お義母さま……」

 お義母さまに、自分が獣人であることを隠しておくのが嫌で、お茶会の最初に話をして、驚いていたけれど、納得したように受け入れてくれた。それだけでも嬉しいのに、そんなことを言われて、思わず、涙ぐんでしまった。

「まあまあ、ルベル。あなたを泣かせたくて、お礼を言ったわけではないのに」
「いえ、すごく嬉しくて……。ごめんなさい、泣くつもりはなかったんです」

 王妃さまはわたしの頭を撫でた後、いい匂いのするハンカチで涙を拭いてくださった。

「ふふっ、ルベルからは甘くていい匂いがするわ」
「これ、ウィケウスの花から取った香油なんです。ラーウスさまが作ってくださったんです」
「まぁ、あの子、そんなことができるの? 素敵ね! あたくしも専用の香油が欲しいわ」
「分かりました。ラーウスさまに伝えておきますね。お義母さまはなんのお花が好きですか?」
「そうねぇ、ルベルが使ってる香油と同じ物を使ってみたいわ」
「はい、伝えておきます」

 こうして無事にお茶会は終わり、ラーウスさまに王妃さまからの伝言を伝えると、嬉しそうに笑った。

「やはり母上もウィケウスの花の匂いを気に入ったんだね」
「はい。同じ香油が欲しいとおっしゃっていました」
「分かった。ルベル用の香油はまだあるよね?」
「はい」
「ルベル、私にいい考えがあるんだけど」

 出た、ラーウスさまのお得意の言葉!

「ウィケウスの花を増やすために、この香油を一部の貴族に売ろうと思うんだ」
「え……?」
「貴族社会からこの香油が広まれば、人間でも、獣人でも、付けていても不思議はなくなると思わないかい?」
「えぇ、そうですけど……」

 そんなに上手くいくのかしら?

「まずは母上に渡した上で、相談しようと思っていたんだけど、どうだろうか」
「この匂いがするから獣人だと分からないようにするためですか?」
「そう、そのとおり」

 今のわたしは、乾燥したウィケウスの花を煎じた物から解放されている。毎朝、あれを煎れて飲むという煩わしさがなくなって、助かっていた。他の獣人は、わたしと違って週に一度程度でよいとはいえ、ウィケウスの花を乾燥させる工程などを思えば、こちらの方がいいかもしれない。

「今は私が魔法で精油を作っているけれど、実はルベルのお父上と手紙のやりとりをして、やり方を伝えたんだが、向こうでも精油を作るのに成功したようなんだ」
「あぁ、それでこの間、あんなに喜んでいたんですね」

 月に一度程度、ラーウスさまとともに日帰りでアウリスに行っているのだけど、父さんがなにか興奮気味に話をしていたのを見た。

「乾燥したウィケウスの花を売って生計を立てているところに、私が香油を売り始めたらまずいだろう? だから、お父上に技術を伝えて、代わりに製造してもらうように手配したんだ」
「そんなことを……」
「ちょっとまだ試行錯誤の段階みたいだけど、上手くいっているみたいだよ」

 確かに、町の人たちに乾燥したウィケウスの花を売って生計を立てている身としては、代わりのものが出てきたら、それはそれで困ってしまう。だって、どう考えたって、香油を嗅ぐ方が遙かに楽なんだもの。

「とはいえ、香油の安定供給にはまだまだ時間が掛かりそうだし、なによりも最初は貴族に売っていこうとしているから、高めの値段設定にしようと思っているんだ」
「そう……なんですね」
「うん。本当は安価で安定供給できるのが一番なんだろうけど、どうしても精油自体がそれほど採れないから、希少価値が高くなってしまう。それに、いきなり変わると、戸惑う人が多いだろう? なにごともゆっくりとやるのが一番だと思うんだ」
「そうですね」

 わたしは今、とても楽をしているから、他の獣人たちも楽ができたらと思ったけれど、受け入れられない人もいるかもしれない。急に変えるより、ゆっくりと。それはそうだ。

「ラーウスさまは色々なことをきちんと考えてくださるのですね」
「いいや、そんなことないよ。すべてはルベルのためを思ってだよ」
「……ラーウスさま」

 そんな甘い言葉を言われたら、照れてしまう。

「ありがとうございます」
「私の方こそ、ありがとうと言いたい。ルベルがいなければ、私は私ではなくなっていたかもしれない」
「そんな、大げさな」
「大げさではないよ。日に日に内に溜まっていく魔力を発散できなくて、気が狂いそうだった。この魔力がいつ暴走して、いつ、人を傷つけるか分からなくて、怖かったんだ」

 あぁ、王妃さまがおっしゃっていたとおりだった。
 そう思うと、ラーウスさまのことが愛おしくて、わたしは勤務中にも関わらず、ラーウスさまに抱きついていた。

「ルベル?」
「わたし、ずっとラーウスさまの側にいますから、大丈夫です」
「うん……ありがとう、ルベル」

 ラーウスさまもわたしの身体をキュッと抱き寄せて、おでこにキスをしてくれた。



 そんなこんなの日常を送っているうちに、とうとう、ラーウスさまとの結婚披露宴が行われることになってしまった。
 できたら、そんなことはしたくなかったのだけど、めでたいことだからということで王妃さまに押し切られ、披露宴を行うことになった。
 騎士の仕事の一貫で、公式の場に出ることはあったけれど、その場合は警護役だったから気楽だったけれど、今回はいきなりの主役だ。しかも、麗しいラーウスさまの隣に立って人前に出るなんて、とてもではないけれど、勇気がない。
 とはいえ、王妃さまが考えてくださったドレスを着れば、それなりに見えてしまうのだから、不思議だ。

 ラーウスさまが前におっしゃったとおり、ピウスさまの神殿の周りのケラススの花が満開の中、わたしたちは結婚披露宴を行った。
 普段なら、夜はピウスさまのための時間なので、外に出ないけれど、今日は特別で、披露宴は夜に行われた。
 神殿の中への立ち入りは招待された人たちだけだったけれど、神殿前の広場は開放されて、屋台も出て、にぎやかなお祭りのようになっていた。
 外から聞き慣れない音がすることをいぶかしがったわたしに、ラーウスさまはいたずらそうな笑みを浮かべた。

「外の音、気になる?」
「気になります」
「それなら、見に行こうか」

 ラーウスさまに連れられて、神殿のバルコニーから外を見れば、夜空に綺麗ななにかが打ち上がっていた。

「あれはなんですか」
「花火だよ、ルベルは見たことはない?」
「あぁ、あれが花火なんですね。初めて見ました! すごく綺麗です!」
「実はこれを見せたくて、無理を言って、披露宴を夜にしたんだ」
「ラーウスさま、ありがとうございます!」

 バルコニーに出たわたしたちにだれかが気がついたようで、下から声が聞こえてきた。

「ラーウスさま、ルベルさま、おめでとうございます!」
「おめでとうございます!」

 花火の音と、おめでとうの歓声とで、広場はとてもにぎやかだった。
 ラーウスさまがその声に応えるように手を振っていたので、わたしも倣ってみんなに手を振った。

 この世界は、どこまでもやさしい世界で、わたしはとても、嬉しくて、ラーウスさまと顔を見合わせて、笑い合った。

(婚約破棄から始まるけれど、どこまでもやさしい世界 了)





web拍手 by FC2



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 473 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
訳あり悪役令嬢は、婚約破棄後の人生を自由に生きる

訳あって、男爵家令嬢を虐げていた公爵家令嬢レティシア。 彼女は、貴族院の卒業パーティーで婚約者である王子から婚約破棄を言い渡されてしまう。 失意のどん底にあった//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全39部)
  • 431 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 13:28
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部)
  • 425 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全38部)
  • 488 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 23:22
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全60部)
  • 515 user
  • 最終掲載日:2017/06/15 07:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 456 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全12部)
  • 595 user
  • 最終掲載日:2017/05/05 23:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全180部)
  • 488 user
  • 最終掲載日:2017/06/16 16:33
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 500 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 05:00
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全171部)
  • 457 user
  • 最終掲載日:2017/06/12 07:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 528 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部)
  • 454 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 515 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 21:00
婚約破棄……望むところです。

私はある日婚約者であられるこの国の第一王子レオン様に呼び出されて、レオン様の家でもある王宮の庭園にきました。するとそこにはレオン様とレオン様に張り付いた可愛らし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部)
  • 429 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 23:52
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全91部)
  • 497 user
  • 最終掲載日:2017/06/06 05:00
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全49部)
  • 438 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 21:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 501 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部)
  • 509 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部)
  • 451 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全103部)
  • 476 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 00:00
勿論、慰謝料請求いたします!

 私はお金儲けが大好きで損することが大嫌いな商魂逞しい伯爵令嬢ユリアス。  婚約者は頭の悪い人間だと知ってはいたがここまでとは知らなかった。  婚約破棄するなら//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全35部)
  • 462 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 13:57
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全203部)
  • 467 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部)
  • 423 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部)
  • 495 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 00:24
公爵令嬢エリナは平穏に暮らしたい

貧乏な公爵家の令嬢として生まれたエリナには前世の記憶があった。前は国の戦争に巻き込まれて殺された姫だったので、今生では王族に関わりを持たず暮らしたいと願っていた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部)
  • 434 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 21:06
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部)
  • 473 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 18:17
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部)
  • 577 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 20:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全86部)
  • 437 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 12:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全55部)
  • 502 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
王族とは関わりたくない!

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 453 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 21:10
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部)
  • 620 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 21:07
↑ページトップへ