挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄から始まるけれど、どこまでもやさしい世界 作者:倉永さな
29/30

*二十九* 帰還

     ◆   ◆

 母さんは、わたしが城に帰る前に、乾燥したウィケウスの花を煎じたものを用意してくれた。
 あたりにあの独特な甘い香りが漂うのだけど、わたしは反射的にあの苦さを思い出し、思わず顔をしかめた。だけど、あれを飲まなければ、わたしは城には帰られない。

「ルベル、そんなに不味いのかい?」

 とは、前から興味津々だったラーウスさま。

「飲んでみますか……?」
「あぁ、一度、飲んでみたかったんだ」
「それでは、少し残っているのを……」
「いや、ルベルが飲んでいるのを少しもらう」
「えっ」

 そう言うなり、ラーウスさまはわたしの目の前に置かれたカップを手に取り、ウィケウスの花を煎じた物を口にした。途端。

「……苦い」
「そうなんです。匂いは甘いのに、味が苦いんです」

 頭ではそうだと理解しているのに、このギャップに未だに慣れない。

「しかし、なんだか癖になる味だな」

 そんなことを言うのは、ラーウスさまくらいではないでしょうか。
 わたしはいつも、ウィケウスの花を煎じた物を冷やしてから、一気に飲む。本当は熱いのを飲んだ方があまり苦くないのだけど、ちびちびと飲むのは憂鬱になる。
 冷めるのを待っている間、ラーウスさまは父さんとなにか話をしていた。
 そういえば、ラーウスさまは父さんと文通らしきしていたと話をしていたけれど、本当なのだろうか。

「ねぇ、母さん」
「なぁに?」

 父さんとラーウスさまが話し込んでいるのを、母さんはにこやかな笑みを浮かべて見ていた。

「父さんとラーウスさま、手紙のやりとりをしていたと聞いたのだけど」
「えぇ、月に一度程度かしら。ルベルがラーウス王子付きの騎士になるちょっと前から始まったみたいよ」
「えっ、そんな前からっ?」
「なんでも、ルベルはラーウス王子にとって、いなくてはならない存在だとか、結婚をしたいだとか、結構、熱烈な内容だったみたいよ」
「…………」

 なんですか、それ。聞いているこちらが恥ずかしいのですけれど!

「ラーウス王子でなければ、一蹴するところだったみたいだけど、相手が相手だから、父さんはのらりくらりとお手紙のやりとりを楽しんでいたみたいよ」
「……父さん……」
「あなたがどれだけお転婆だったのかってことも、かなり書いていたみたいよ」
「うわあああ、止めてええ」

 だって、ここはとても平和で、家の手伝いはしていたけれど、それだってわたしが出来ることってのは限られていたから、暇だったのよ! それに、いたずら好きな兄さんと一緒になって、あちこちいって、いたずらするのも楽しかった。こんなお転婆になったのは、兄さんのせいでもあるんだから!

「でもまあ、お父さまはオース家を嫌っていたから、結果的にはラーウスさまのところに嫁げて、よかったんじゃないの? ほら、見てごらんなさい。お父さまの機嫌のいいこと。珍しいわ」

 いつもは仏頂面ばかりしている父さんが、楽しそうに話をしているのは、確かに珍しい。
 二人の様子を見ながら、わたしは覚悟を決めて、ウィケウスの花を煎じた物を一気飲みした。
 うん、今日も苦い!

「あなたも毎日これを飲まないといけないなんて、大変よねぇ」
「……本当にね」
「週に一度でも、嫌だものね。毎日これを続けられるルベルを、わたしは尊敬するわ」
「そんなところで尊敬されても、嬉しくないわ」

 はー、とため息を吐き、数日分の乾燥させたウィケウスの花を受け取り、わたしは立ち上がった。

「ラーウスさま、お待たせいたしました」
「いや、大丈夫だ。君のお父上は、なかなか興味深いことをたくさんご存じだ。今後もお手紙のやりとりを続けてもよろしいでしょうか。色々とまだ聞きたいことがあります」
「わたくしでよろしいのでしたら、いくらでもお聞きくださいませ」

 和気あいあいとした空気の中、わたしとラーウスさま、ルークスさまは小屋を出た。

「また来ます」
「ちょっと待て、ラーウス! おまえ、また来ますって……!」
「あぁ、こっちに魔方陣を残しておけば、いつでも行き来ができるからね」
「いや、だから、ちょっと待てって。そうそう簡単に行き来されても困るから!」
「なぁに、問題ない。ルベルのためだ」

 わたしのためって、なんですか、それ! わたしに責任を押しつけないでください、ラーウスさま!

「私のわがままでルベルをなかなか実家に帰らせてあげられないし、ここは私の第二の実家でもある」
「…………」
「だから、いつ来たって問題ないだろう?」
「えぇ、もちろんでございます」

 父さんまで!
 それを聞いたルークスさまは、がくりと肩を落とした。

「……負けた」

 勝敗の問題ではないと思いますが、わたしも同じ気分だったので、小さくうなずいておいた。

     ◆   ◆

 結局、ラーウスさまの言葉に負けたわたしたちは、あの洞窟の中に魔方陣を敷くことになった。
 ラーウスさまは懐からなにかを取りだし、液体を地面に撒いた。その後、杖を手に取り、地面をトン……と叩いた。すると、黒く輝く光が地面に走り、複雑な模様を描いた。それは見覚えのあるもので、どこで見たのだろうと少し考えて、思い出した。そうだ、執務室の床に描かれていた模様と一緒だ。

「今、なにを……?」
「転移魔法の媒介となる液体を撒いたのだよ」

 てっきり、地面にカリカリと手描きで魔方陣を描いているものだと思っていたから、驚いていると、ルークスさまは、否定するように首を振った。

「そこの男が規格外だから、そういうことができるんだ。普通は媒介を使って魔方陣を描く」
「そうなんですね」

 ラーウスさまがすごいってのは聞いていたけれど、どれくらいすごいのかは知らなかった。そうだよね、みんながみんな、こんな感じで魔法を使えるのなら、もっと魔法が普及しているはずだものね。

「これでここにこの魔方陣を定着させる」
「え、そんなことができるのですか」
「あぁ。ここは人の出入りがないとはいえ、なにがあるか分からないからね。消されないようにしておく」

 そう言った後、ラーウスさまはなにか呪文を唱えていた。たぶんそれが、定着のためのものなのだろう。

「定着といっているけれど、要は保存魔法だ。保存魔法もなかなかに高等技になる」
「へー」

 魔法の簡単な知識はあるけれど、それがどれだけのものなのか、どういった種類なのかまではさすがに分からない。ルークスさまは専門で学んでいるだけあって、わたしに分かりやすく解説してくれた。

「魔方陣は、時間と共に薄れていくものなんだ。一度きりの使い捨てならそれでいいんだが、ラーウスは本気でここと城との行き来を考えているみたいだからな。……止めても無駄だから、止めないが、行く前には俺に連絡を入れろよ、ラーウス」

 ラーウスさまは呪文を唱えながら、ルークスさまの言葉に小さくうなずいた。
 ラーウスさまは保存魔法も唱え終わったのか、大きく行きを吐いた。

「さて、これで帰ろう」

 ラーウスさまはわたしとルークスさまに魔方陣の中に入るように言い、わたしたちが入ったのを確認すると、呪文を唱え始めた。





web拍手 by FC2


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ