挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄から始まるけれど、どこまでもやさしい世界 作者:倉永さな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/30

*十九* 思い出の洞窟

     ◆   ◆

 わたしたちが転移してきた場所は、どこかの洞窟内のようだった。夜ということもあり、灯りを持たないで来てしまったので、真っ暗で、周りがまったく見えない。とはいえ、わたしは夜目が利くので見えるけれど、ラーウスさまのことを考えて、ここで朝まで過ごすことにした。
 幸いなことに、周りの気配を探ると、特に危険な動物などはいないようだった。

「ラーウスさま。朝まで時間があります。少しお休みになった方がよいかと思います」
「……そうは言っても、ルベルは?」
「わたしは大丈夫です。ラーウスさまは先ほど、大量に魔力を消費されたので、疲れているのではありませんか?」

 いつもなら甘いいい匂いがしてくるのに、今のラーウスさまからはうっすらとしかしてこなかった。ということは、魔力を大量に消費して、体内魔力が少なくなっているという証拠だ。少しでも休んで、体力と魔力の回復をしてもらわなければならない。

「正直言うと、疲れている」
「はい」
「素直にルベルに甘えることにするよ」

 ラーウスさまはそうおっしゃると、わたしの膝に頭を乗せて、横になった。
 まさかの体勢に、わたしの身体は固まった。

「ラ、ラーウスさまっ!」
「うん? こうした方が休めるだろ?」
「そ、そうですけど!」

 まさかの膝枕に、わたしはどうすればいいのか分からない。

「ルベルの太股、ほどよくかたくてちょうどいい」
「…………」
「ついでに、先ほどぶつけたところを撫でてもらうと、もっと休めるな」

 どさくさに紛れてそんなことを言ってくるラーウスさまに戸惑ったけれど、わたしは言われるままにラーウスさまの頭をやさしく撫でた。
 すると、ふわり……とラーウスさまから甘い香りが漂ってきた。

「あぁ、ルベルといると、安心できる」

 そう言って、ラーウスさまは目を閉じると同時に、すうすうと寝息を立て始めた。相当、お疲れだったようだ。
 それはそうだろう。
 転移魔法というだけでも超高等なのに、さらには、行ったことのない場所へ無理矢理、移転したのだから、どれだけ魔力を消耗したのか。

 ラーウスさまの寝顔を見た後、わたしは周りを見回した。
 ここは、どこなのだろうか。
 暗いために細部は見えないけれど、それでも、どうもここは見覚えがある。
 あちこちに視線をやりながら、記憶をたどる。
 小さい頃、ここに来た覚えがあるような、ないような。
 わたしは今、壁にもたれ掛かり、ラーウスさまを膝枕しているために動けないけれど、いや、むしろ、この高さだから、思い出せることもある。
 たぶん、立って見ていたら、気がつかなかっただろう。

 わたしがもたれ掛かっている場所は、洞窟の最奥だと思われる場所の、角だ。
 丸みを帯びた角にはまり込むようにして、座っている。こうすれば、見張る場所の角度が少なくなる。
 そして、わたしの右側の壁に、見覚えのある文字が刻まれていた。

「フロンス……」

 声に出して読むと、記憶がはっきりと蘇ってきた。
 そうだ、ここには昔、兄と一緒に来たことがあった。
 いたずら好きな兄と、おてんばなわたしは、アウリスはとても退屈な場所で、両親から入ってはいけないと言われていた、近くの洞窟に探検と称して、来たことがあった。
 そして、この奥までたどり着くと、来た記念にと、兄はここに自分の名前を彫った。
 今にして思えば、取った行動も、文字を彫りつけたことも感心しないことであるけれど、その体験のおかげで、わたしはおおよその場所を知ることができた。
 ちなみに、ここに来たことは両親にバレて、しこたま怒られた。それ以来、ここには来ていない。
 まさか、そんな思い出がある場所に出るとは思わなくて、ちょっとびっくりしてしまった。

 そんなことをつらつらと思い出していると、時間はあっという間に過ぎて、洞窟の出口と思われる方角から、朝日が差し込んできているのが見えた。
 ラーウスさまは、時々、寝返りを打ちながら、わたしの膝枕でぐっすりと眠っていた。
 下はかたい岩なので、寝づらいかもしれないけれど、寝られないよりはマシかもしれない。それだけ、疲れていたのかもしれない。
 起こすのは忍びないと思ったけれど、だれにも言わないで出てきてしまったので、バレないうちに帰らなければならないのを思い出し、遠慮がちにラーウスさまの肩を揺さぶった。

「ラーウスさま、すみません」
「……ん?」
「日が昇って来ました」
「……あぁ」

 ラーウスさまは、少しぼんやりしていたけれど、状況を思い出したのか、けだるそうにゆっくりと身体を起こした。

「いたたた……」
「ラーウスさまっ? どこか痛むのですかっ」
「いや、かたい岩の上で寝ていたから、身体が少し痛むだけだ」

 普段の生活を考えれば、ここはかなり過酷な場所である。ラーウスさまに申し訳なく思いながら、言葉を探していると、ラーウスさまは身体を解して、立ち上がった。

「だけど、ルベルの膝枕のおかげで、だいぶ、調子が回復したよ」
「それはよかったです」

 恥ずかしくて、顔を赤くしていたら、ラーウスさまは笑った。

「寝る前は暗くて見えなかったけれど、朝日が差し込んできて、ようやく周りが見えるようになってきたね。ルベルが赤くなってるのもよく分かる」
「っ!」
「さて。ここがどこか、ルベルは分かるかい?」

 急に話が変わったけれど、それはいつものことだったので、わたしはまだ少し赤い顔のまま、立ち上がり、口を開いた。

「ここは実家の近くにある、洞窟です」
「ほう」
「ここに、兄がいたずらで彫った名前が残っているのを見つけて、気がつきました」
「兄? ルベルには兄がいたのか」
「あ、はい」

 そういえば、ラーウスさまに、家族構成を伝えたことがなかったような気がした。

「三つ上の兄と、父と母の四人家族です」
「ほう」
「ここに一度、兄と来たことがあります」
「そのときに残した物が?」
「はい。わたしは止めたのですが、兄はいたずら好きで、来たという証にと名前を彫りました」

 そのおかげで、現在地を把握できたのだから、結果的には助かったのだけど、やはり複雑な気分だ。

「それでは、ここからルベルの実家は近いのだね?」
「はい。少し歩きますが、行かれますか?」
「あぁ、そうしよう。現状を確認したい」
「はい」

 ラーウスさまはわたしの手を取ると、歩き始めた。
 と言っても、途中、腰をかがめて歩かなくてはならない場所があったり、手をつないだままでは歩きにくいところもあったので、そのときは手を離した。
 手を離すときの切ない気持ちは、なんと言えばいいのだろうか。近くにいるというのに、なんだか淋しい気持ちになった。

 この洞窟は、それほど大きくない。
 ただ、歩きづらいので、出るまでに時間が掛かった。
 腰をかがめて出口をくぐれば、見覚えのある景色が広がっていて、ホッとした。

 この洞窟は、アウリスの町はずれにある。
 自然にできた物なのか、だれかの手による物かは分からないけれど、入口は小さくて、大人だと腰をかがめないと進めない場所だ。そして、なにかの拍子に崩れ落ちたら危険だからと、行かないように言われていた。
 幸いなことに、昔と変わらぬ姿で残っていたので、助かった。
 これで出入口が塞がっていたらと思うと、恐ろしかった。

 そして、町はずれのここは、だれも手入れをしていないので、雑草や木が自然の思うがままに生えている。
 わたしは、この洞窟の手前までは何度か来ているので、実家への道も分かっていた。
 両親にはよく怒られていたけれど、そんなことにめげずにうろうろしていたことが、今になって役立つというのだから、皮肉なものだ。

 ラーウスさまと手をつなぎ、わたしは実家へと向かったのだった。





web拍手 by FC2


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ