挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄から始まるけれど、どこまでもやさしい世界 作者:倉永さな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/30

*十四* ニックスの花摘み

     ◆   ◆

 お昼を食べた後、わたしは街へ縄を買いに行った。わたしが街に出ている間、ラーウスさまは、今日の夜のために、仕事を終わらせた。
 街から執務室に帰ると、ラーウスさまはすでに湯浴みを済ませて、ベッドに転がって、本を読んでいた。

「ルベル、お帰り」
「ただいま戻りました」
「ルベルもすぐに寝る用意をしておいで」
「はい」

 こんなにくつろいでいるラーウスさまを見るのは初めてかもしれない、なんて思いながら、隣の自室へ向かい、湯浴みをした。
 それにしても、専用で湯浴みができるなんて、なんて贅沢だろうか。
 寝る準備をして、ラーウスさまのところに戻ると、疲れがたまっていたのか、すでに眠っていた。
 ラーウスさまを起こさないようにそっと布団に入り、そっとその背に抱きついた。途端、ラーウスさまから、わたしの大好きな甘い匂いが漂ってきた。

「ん……ルベル?」
「あ、すみません、起こしてしまいましたか?」
「いや、私はいつの間に寝てしまっていたんだろう」

 ラーウスさまは寝返りを打って、わたしの方へ身体を向けると、やさしく抱きしめて来てくれた。

「ここのところ、お仕事が忙しそうでしたから、疲れがたまっているのではないですか」
「疲れてはいないよ。ルベルが帰ってきて、ホッとしたんだと思うよ」
「え……?」
「街に出ると言って、私を置いて、アウリスに行ってしまったかもしれないと思ったんだ」

 そんなこと、考えたことがなかったから、わたしは慌てて首を振った。

「どうしてそんなことをしないといけないのですか」
「……私がアウリスに行くのは、迷惑かと考えていた」
「迷惑だなんて、そんな……!」

 思いもよらないことを言われて、わたしは思いっきり否定するために首を振った。

「ラーウスさまにお休みをいただきに行ったとき、もらえなかったらこっそり抜け出そうとは思いましたよ?」
「ほら、やっぱり思ってたんだ」
「でも、それは……!」

 もしもラーウスさまに、わたしが獣人であるというのがバレなければ、そうしていたかもしれない。だけど、運悪く、バレてしまった。

「ラーウスさまにわたしの正体を知られてしまいましたし、故郷の場所も把握されていましたから、逃げても無駄だと悟りました」
「ルベルは驚くほど、私の性格を見抜いているね」
「え?」
「ルベルが私の元から逃げても、どこまでも追いかけるつもりでいたんだよ」
「…………」

 ラーウスさま、怖い。
 しかもラーウスさまの魔法の腕であれば、それが可能であるだろうから、余計に怖い!

「でも、逃げなかった」
「……はい、逃げません」

 そう言って、真っ直ぐにラーウスさまを見つめれば、嬉しそうに笑ってくれた。
 その笑みは、わたしの大好きな笑みだった。

「私がルベルを追いかけていたつもりだったけれど、いつの間にか、わたしがルベルに捕まってしまったようだ」

 そう言って、ラーウスさまはわたしの頬にキスをした。

「ルベル、愛しているよ」
「わっ、わたしも……そのっ」
「うん」
「あ……あ、あい……して、ま、す」

 真っ赤になりながら伝えると、ラーウスさまは蕩けるような笑みを浮かべてくれた。

「ルベルから愛の言葉をもらえるとは、私はなんて、贅沢なのだろうか」
「ラーウスさま……」

 ラーウスさまは甘い笑みを浮かべると、今度は反対側の頬にキスをした。

     ◆   ◆

 わたしとラーウスさまは仮眠を取り、月が輝く中、しっかりと防寒をして、薬草園へと向かった。
 ニックスの花が咲くのを待つのは、薬草園で使う道具を入れている小さな小屋でだ。防寒してきているとは言え、さすがに外で待つのは寒すぎる。火は焚けないけれど、風よけができるだけ、まだこの小屋の中はマシだ。
 小屋に入ると、わたしは花を摘んだ後に入れる籠と、はさみを用意した。

「ルベル、寒いだろう?」
「いえ、大丈夫ですけど。ラーウスさまは寒いですか?」

 と問えば、

「少し寒いかな。だから、ルベル。もっと近くに来てくれないか」

 そういえば、昨年も同じように言われたことを思い出した。
 そのときはなにも考えないで側に寄ったら、ニックスの花が咲くまでずっと、抱きしめられていた。
 わたしは犬の獣人であるから、寒さには強い。それに、寒いといっても、アウリスに比べれば、ここは暖かいから、寒いには寒いけれど、我慢できない寒さではなかった。
 ラーウスさまに言われるままに近寄れば、やはりギュッと抱きしめられた。

「ルベルは暖かいね」
「ラーウスさまも暖かいですよ」
「ルベルを抱きしめていると、心まで温かくなるんだ」

 ラーウスさまにそう言われて、わたしも同じような気持ちでいることに気がついた。
 ラーウスさまの側にいると、心が落ち着くし、なんだか温かな気持ちになる。それが好きという気持ちだと気がついたのは、つい最近のことだ。
 騎士団長にどんなことがあっても動揺するなと言われていたから、自分の気持ちに対して、少し鈍感になっていたのかもしれない。

「わたしも、同じです」
「私たちは、気が合うね」
「……そうかもしれません」
「うん。ルベルを選んだのは、間違いでなかった。私の仕事も、私のことも理解してくれているし、こうして、同じような気持ちでいてくれる。これはとても貴重なことだよ」

 ラーウスさまはそうおっしゃってくれるけれど、ラーウスさまこそ、わたしのことをよくご存じだと思う。
 それに、一緒にいるととても居心地がいいし、なによりも、ラーウスさまの甘い匂いが、わたしは大好きだ。それが魔力の匂いであると知った今でも、わたしが特殊な体質であることも幸いして、ラーウスさまはいなくてはならない存在になっていた。

「わたし、ラーウスさまとお知り合いになれて、とてもよかったです」
「ルベル、それは私の科白せりふだよ。ルベルと知り合わなければ、こうして元気に研究を続けられなかったのだから」

 知り合う前のラーウスさまは、確かに遠目から見ても、いつも顔色が悪かった。遠くからでも、無理しているのが分かるくらいだったから、相当、苦しかったのだと思う。

 そんな話をしていると、ニックスの花がふわり……と咲いたのが匂いで分かった。

「ラーウスさま、ニックスの花が開きました」
「えっ?」
「早く行って、採取しましょう」
「見てもないのに咲いたのが分かるのかい?」

 口にした後に、しまったと思ったけれど、昨年までならともかく、今はラーウスさまに自分が獣人だとバレてしまっているから、からくりを話すことにした。

「ニックスの花が開く瞬間、とってもいい香りがするんです」

 と言えば、ラーウスさまは、鼻をヒクヒクとさせていた。
 それがちょっとかわいいと思ったのは、ラーウスさまには内緒にしておこう。

「……分からないな」
「わたしは犬の獣人ですから、人よりも匂いに敏感なのかもしれません」
「あぁ、なるほど。それで昨年も、その前の年も、咲いたらすぐに分かったのか」
「そうです」

 昨年までは、花が開いた匂いがした後、そろそろかもしれないですねと誘導した覚えがあった。今年はすっかり油断していて、見る前に咲いていることを伝えてしまった。

「ふむ。やはりルベルは私にはとても必要だな」
「え」
「ルベルの選んでくる薬草は、どれも質がいいんだ。それは匂いでわかるのかい?」
「え、と。はい」

 目で見ても、違いが分からないときは、匂いがよいものを選んでいるのだけど、それが質と繋がっていたとは思いもしなかった。

「なるほどね」

 ラーウスさまは納得したのか、わたしの手を取ると、小屋から出た。
 今日は雲一つない夜空で、まん丸な月が空の上に浮かんでいて、灯りがなくても充分に明るかった。
 そんな中、ニックスの花が幻想的なまでに美しく、開いていた。
 ニックスの花は、透き通った水色をした、儚い花弁を持つ花だ。茎と葉には毒があるが、花には薬となる貴重な成分がたっぷり含まれているという。その成分がなにかは、ラーウスさまから説明をされたけれど、よく分からなかった。とにかく、冬の一晩だけ咲く、貴重な花。

「一、二、三……うん、今年はよく咲いてるね」
「はい。どれくらい採取しますか?」
「そうだね。来年のために種を取らなければならないから、半分くらいは花を摘もうか」
「はい、かしこまりました」

 わたしとラーウスさまは手分けをして、花弁の部分をつまみ、茎と葉を触らないようにしながら、丁寧に摘んでいった。
 ラーウスさまがおっしゃったように、今年はたくさん咲いているため、用意していた籠にいっぱいになった。

「これだけあれば、当分、困らないな」
「そうですね」
「執務室に戻って、乾燥させよう」
「はい」

 わたしたちは小屋にはさみを戻すと、籠だけ抱えて執務室に戻り、紙の上に花を広げた。

「さて、思ったより早く終わったね」
「そうですね」
「それでは、寝ようか」

 ラーウスさまにそう言われて、急に眠気が襲ってきたので、あくびをしたら、笑われた。

「ふふっ、かわいいな」

 ラーウスさまはわたしを見て、幸せそうに笑った。





web拍手 by FC2


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ