挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
婚約破棄から始まるけれど、どこまでもやさしい世界 作者:倉永さな
11/30

*十一* ウィケウスの花のこと

     ◆   ◆

 目が覚めたら、目の前にあどけない寝顔のラーウスさま。気持ち良さそうに寝ているけれど、そろそろ起きないといけない時間だと思う。
 でも、麗しい寝顔をもっと見ていたくて、じっと見つめていたら、視線に気がついたのか、ゆっくりとまぶたが開いた。寝起きだからなのか、少し潤んだ灰色の瞳が美しくて、思わず見とれていた。

「ルベル、おはよう?」

 じっと見つめて動かないわたしを訝しく思ったのか、疑問系での朝のあいさつだった。

「ぁっ、おはようございます、ラーウスさま!」

 思わず見とれていたなんて言えなくて、慌てていらえれば、ラーウスさまは楽しそうにくすくすと笑った。

「そんなにじっと見つめられたら、恥ずかしいよ」
「そのっ、すみません! 気持ち良さそうに眠っていらしたので、つい……」
「それはルベルが側にいてくれるからだよ」

 朝からの甘い言葉にくらりとしていたら、ラーウスさまはわたしの頬を撫でてきた。

「ルベルが側にいてくれるから、とても体調がいいのだよ」

 確かにここのところ、ラーウスさまの顔色はとてもよい。機嫌も良さそうだし、ラーウスさまの騎士として嬉しい限りだ。
 笑みを浮かべれば、ラーウスさまも同じように笑みを返してくれた。大好きなこの笑顔を独り占めできるなんて、なんという贅沢だろう。贅沢すぎて、怖くなることがある。
 ラーウスさまはわたしのほんの少しの表情の変化を読み取ったのか、小さく首を傾げた。

「ルベル」
「はい」
「耳、触りたいな」

 そう言われて、慌てて頭の上を押さえたけれど、耳は生えていなかった。昨日と今日、起きてすぐにウィケウスの香りを嗅いでいないのに、どうしてだろう。

「だっ、駄目です! 昨日、さんっざんっ! 触ったじゃないですか!」

 そうなのだ、朝、約束したからと言われて、ラーウスさまはずーっとわたしの耳を触っていたのだ。さらに! 第二の弱点である尻尾もずーっと触っていた。

「じゃあ、今日の夜ならいいのかい?」

 ラーウスさまは悲しそうに瞳を潤ませ、上目遣いにそうやって聞いてきた。
 これはずるすぎる。

「……うっ」

 実際のところ、ラーウスさまに触られるのは嫌いじゃない。というより、むしろ好きだ。好きなんだけど、気持ちが良すぎて、前後不覚になってしまうのがいただけない。

「ルベルの髪の毛も気持ちがいいけど、尻尾と耳の毛の触り心地、最高なんだよ!」

 わたしの頭の上に生える耳の毛と尻尾は、髪の毛と同じく、赤くて細くてふわふわだ。自分で触っても気持ちがいいと思うのだから、自分以外が触っても気持ちがいいのだろう。それは分かる。分かるけれど、だ。

「……あんまり触り過ぎないでくださいね?」
「それは約束しかねる」

 そんな馬鹿正直に答えなくても。
 でも、そんなところもラーウスさまのいいところだと思う。

「ところで、ルベル」
「はい?」
「耳と尻尾はどういうときに出てくるんだ?」

 いきなりの話題転換に戸惑ったけれど、いい機会だと思ったから、説明をすることにした。

「わたしたち獣人は、基本は獣の姿をしています」
「そうなのか。じゃあ、ルベルは犬になれるのか?」
「いえ、完全な獣姿の獣人もいますけれど、わたしの場合は耳と尻尾のみです」
「ほう」
「獣人は、ウィケウスの花を干して煎じたお茶を飲めば、人間と同じ姿になれるのです」
「ウィケウスの花といえば、紫色のかわいらしい花だよな」
「はい。種をまけば、一週間で花を咲かせるような、成長が早い花です」

 とそこまで説明して、ふと疑問が浮かんできた。
 荷物が届かなくなる前に送られてきた荷物に入っていた手紙に、ウィケウスの花が不作だと書かれていたのを思い出した。
 だけど、ウィケウスの花はとても丈夫だし、手入れもそれほど必要がないくらい、強い花だ。それが不作って、やっぱりおかしい。

「ルベル?」

 急に黙ったわたしの顔を、ラーウスさまは心配そうにのぞき込んできた。というか、顔、近いです、近すぎです!

「ラッ、ラーウスさまっ!」
「うん、どうしたんだい、ルベル?」

 今にもキスができそうなくらいの距離に、ラーウスさまの顔があって、慌てて飛び起きた。

「近すぎます!」
「キスくらい、させてくれてもいいじゃないか」
「────っ!」

 そっ、そんなっ、朝からだなんてっ!
 と思っていると、ラーウスさまは、素早く起きあがって、ベッドから降りるときに、頬に掠めるようなキスをした。
 もっ、もうっ!
 真っ赤になったわたしを面白そうに見た後、ラーウスさまはベッドに腰掛けた。

「それで、今、なにを考えていた?」
「え……? あ、はい。ウィケウスの花が、今年は不作だと聞きまして……それでなのか、荷物が届かなくて、困ってるのです」

 そうだった。
 わたしが獣人だとバレてしまったのは、実家から荷物が届かないからだったのを思い出した。今の今まで忘れていたのは、ラーウスさまとの結婚が衝撃的だったのと、ここのところ、どうしてなのか、ウィケウスの香りを嗅がなくても、耳と尻尾が出なかったからだ。
 ラーウスさまは眉間にしわを寄せて、唸っていた。

「不作?」
「はい、そう手紙に書かれてました」
「ウィケウスはとても丈夫で、いや、むしろ丈夫過ぎて、植える場所を選ばないといけないと聞いていたのだが」
「はい、そうです」

 ウィケウスは、獣人たちにはなければならない植物であるけれど、人間たちからは逆に、疎まれている。理由は、ラーウスさまが語ったように、繁殖力が強すぎて、植える場所を考えないと、すべてがウィケウスに占領されてしまうからだ。
 それほどの繁殖力があるのに、不作って、やっぱりなにかがおかしい。

「ウィケウスの種、あるんだけど」
「えっ」
「ルベルに任せている薬草園の片隅に植える?」
「えっ、いいんですかっ?」
「いいよ」
「ありがとうございます!」

 ウィケウスは繁殖力が非常に高いけれど、きちんと管理さえすれば、問題のない植物なのだ。

「それでしたら、ラーウスさま」
「うん?」
「街に買い物に行ってもよろしいでしょうか」
「買い物……?」
「はい。ウィケウスをそのまま路地植えすると、際限なく広がってしまいますし、なによりも、ウングラが来て、畑を荒らしてしまいます」
「……ウングラ?」
「はい」

 と答えた後、その姿を思い出して、ぶるりと思わず震えてしまった。
 名前を口にしただけでもあの恐ろしさを思い出してしまうほど、ウングラは恐ろしいのだ。

「もしかしなくても……」
「そっ、それ以上は!」
「ルベル、震えているけれど、怖いのかい?」
「は……はい……」

 騎士団長がこの場にいたら、『騎士たるもの、いかな時でも怖いと震えるな!』と一喝されそうだったけれど、ウングラを思い出すだけで本能的な震えが来るのだから、仕方がない。

「そのウングラというのがなにか分からないけれど、試しに植えたウィケウスは、花が咲いたらあっという間になにかに食い荒らされた挙げ句、畑もさんざん荒らされて大変だったから、植えるのを止めたんだよ。私はウィケウスの花の見た目と香りが好きだったから、香油でも採ろうかと思ったのに、残念だったよ」

 ウィケウスは花を乾燥させて煎じて飲むか、ポプリ代わりにするかしか知らなかったけれど、香油なんて採れるのだろうか。もしも簡単に採れるのなら、あのお茶が苦手な獣人には朗報かもしれない。

「あのっ」
「なんだい?」
「ウィケウスから香油って採れるのでしょうか」
「どうだろうか。試す前に全部、食われてしまったから、分からないんだよ」
「もしも香油が採れるようでしたら、それは獣人にとって、大変な朗報です!」
「そうなのかい?」
「はい。わたしたちはウィケウスの花を干して、それを煎じて飲んでいます」
「へぇ。どんな味がするんだろう。今度、試させてほしいな」
「それはかまいませんが、匂いは甘いのに、味は苦いんです」
「ほう。それをルベルは毎日?」
「はい。飲まなければ大変なことになるので、仕方なく、毎日……」

 そうなのだ。ウィケウスを煎じて飲むのは、かなりの苦痛なのだ。もしもそれから解放されるのならば、願ったり叶ったり、だ。

「なるほど。色々と試してみる価値はありそうだね」

 そう言って、ラーウスさまは笑った。





web拍手 by FC2


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ