挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

少年少女はすぐに怒る

作者:七森吐息
今にも死んでしまいそうな、少年少女のその後のおはなしです。
ライバルが登場します。
プロローグ
1 僕の偽物
2017/01/12 01:20
第一章 嫌な予感しかしない
2 充電しなくちゃ
2017/01/12 01:29
第二章 王様のいる街、白い娘と不愉快な鏡
3 僕よりも大切なんだ?
2017/01/12 01:47
4 アルビノ少女
2017/01/14 23:03
5 自己紹介をしよう
2017/01/14 23:05
6 安生怨子の依頼
2017/01/14 23:08
7 ちょっと脳幹を貫いて
2017/01/14 23:10
8 プレゼント
2017/01/14 23:13
9 おはようございます
2017/01/14 23:14
10 宗教法人私想教協会本部
2017/01/14 23:16
11 街宮帆村は実は……
2017/01/14 23:18
12 自称神様
2017/01/14 23:21
13 鏡に向かって宣戦布告
2017/01/14 23:22
14 月夜に浮かぶ赤と白
2017/01/14 23:25
15 残光、彼女の昔話
2017/01/14 23:26
第三章 楽しくないゲームの始まり
16 出来る限り、楽をしたい
2017/01/14 23:29
17 パチンコ屋さんにシスターがいた
2017/01/14 23:33
18 あの子の通り名は?
2017/01/14 23:36
19 信頼を勝ち取るには?
2017/01/14 23:37
20 やっと僕を見てくれた
2017/01/14 23:40
21 怨子ちゃんの能力
2017/01/14 23:41
22 僕も神様になりたい
2017/01/14 23:43
23 遊んでる場合じゃなかった
2017/01/14 23:46
24 シスターと黒服
2017/01/14 23:47
25 羊と狼
2017/01/14 23:50
第四章 ただただ、地獄…………
26 ジャックと豆の木
2017/01/14 23:53
27 カーニバル
2017/01/14 23:55
28 真っ白な殺し屋は凄惨に笑う
2017/01/14 23:57
29 クッキーマン
2017/01/14 23:59
30 完全敗北
2017/01/15 00:00
31 街宮帆村の告白
2017/01/15 00:07
32 拷問開始
2017/01/15 00:14
33 蹂躙と辱め
2017/01/15 00:17
34 お前なんかにやるもんか
2017/01/15 00:21
35 死ねばいいのに
2017/01/15 00:24
第五章 題名【紅いホロコースト】
36 反撃の狼煙はもう上がっている
2017/01/15 00:31
37 最強の助っ人達
2017/01/15 00:34
38 琥珀色の粒子
2017/01/15 00:41
第六章 業深き者共の末路
39 対決だよ
2017/01/15 00:49
40 何者にもなれない鏡達
2017/01/15 00:50
41 二人分
2017/01/15 00:53
42 開演。人類最強の少女
2017/01/15 00:56
43 ひどく小規模な謎解き
2017/01/15 01:02
44 紹介屋はマジで外道
2017/01/15 01:04
45 僕はあなたを助けない
2017/01/15 01:06
46 三人分
2017/01/15 01:08
第七章 琥珀色の復讐劇
47 心を殺す最も冴えたやり方
2017/01/15 01:14
48 僕の復讐
2017/01/15 01:16
49 閻魔の目
2017/01/15 01:18
50 呪いの言葉
2017/01/15 01:19
51 粉々
2017/01/15 01:21
第八章 ゴミの世界の暴君
52 黒幕と悪魔の証明
2017/01/15 01:24
53 君の目は
2017/01/15 01:27
54 特別なゴミ
2017/01/15 01:31
55 とびっきり苦いブラックコーヒー
2017/01/15 01:34
第九章 甘ったるく、苦々しい決別
56 コール
2017/01/15 01:35
57 僕の敵
2017/01/15 01:39
58 それは素敵な物語
2017/01/15 01:40
エピローグ
59 苦い
2017/01/15 01:53
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ