挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

思いつくままにだらだらっと

作者:サ~ド
暇つぶし程度にもならないと思うけど、よかったら読んでみてください。
さて、書き出しはどうしよう・・・
考えなしに書き始めたのせいでなにも考えていない
読む人には、無駄の時間になってしまうかもしれませんが、少しでもいいので付き合ってもらえれば幸いです。
これを書こうと思ったのはただ単純に何かをやりたいとそう思ったからである。
でも、文章力もない人が書くのはいろいろ大変なことになるかもしれない・・・
知識だって曖昧なものが多い
でも、私はいますごく楽しいです。
それは、夜だからです。
夜ってだけの理由です。
バカみたいでしょ?
でも、夜が好きなんです。
部屋の電気を消して、PCだけつけて目も悪くなることお構いなしって感じで過ごすのが好き!!!
夜じゃないといい感じの暗さになってくれないですしね。
しかし、ここまで読んでくれた方には感謝ですね。
短いと思われるかもしれませんが、ただ考えなしに書いているのでこの程度ではないでしょうか?
もっと書きたいと思ったときにだらっと、書きますかね?
ブログみたいと思いますよねw
でも、一応小説って言い張ってみようと思います!!!
不愉快かもしれませんが、何も考えず、読んでもらえたらすごく嬉しいですね
では、終わりって言ってはなんですが、適当にだらだらっと意味の分からないことをこれからも書いていこうと思いますので、たまにでいいので意味の分からない変なのがあったなって感じで読んでもらって構いません。
さらに、不定期だしねww
書いてたらラッキー的な感じ読んでください
長くなってしまいましたが、お付き合いありがとうございます。
無駄な時間を使わせて申し訳ないです( TДT)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ