挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 作者:ユーキャン
54/153

防御特化とスキル選択。

明日は本作の更新は無しです。
短めです。
イベントが終わり、もといた場所に帰ってくる。
加速していた時間の流れも元通りだ。
運営からは放送が入り今から三十分後にスキルとメダルの交換を行うため、メダルの受け渡しがある場合は行うようにと言われた。
メイプルはサリーとの受け渡しを済ませているので問題無しだ。

「どんなスキルがあるかな?」

「さあ?見てみないとなんとも…」
そして三十分後。
再度運営のアナウンスが入り、専用の部屋に個別で転送されることが告げられた。相談などは出来ないとのことなので自分の必要だと思うスキルを自分で選ばなければならない。
そして、メダルを十枚以上持っている者の姿が光に包まれて消えていった。







メイプルの視界はステータスプレートと同じ青に埋め尽くされている。
メイプルが現在いる出口の無い部屋の中心には一つのパネルが浮かんでいる。
メイプルがそれに近寄って見てみるとそこにはスキル名が並んでいた。
一つ一つのスキルから詳しい説明のページに飛ぶことが出来た。

「えっと…数は百個かな?」
戦闘系スキル、生産系スキル、ステータスアップ系スキル、そのどれにも属さないスキル。
それらが順に並べられている。

「時間制限は無さそうだし…じっくり見て決めないとね!」
メイプルの選ぶことが出来るスキルは二つ。あからさまな攻撃系スキルはメイプルには必要ないのでスルーした。
【聖剣術】や【龍槍】など名前から分かる取得しても無意味だろうスキルのことだ。
生産系スキルもそもそもDEXが低すぎるため無駄だろう。
となるとメイプルの選ぶことの出来るスキルは限られてくる。
メイプルはメダル所持者の中で最も取得して意味のあるスキルが少ないプレイヤーだった。
その分迷う時間も減る。

「【レジストオール】…いや【フォートレス】もいいなぁ…あえて【魔力増強】なんてのも…」
メイプルがどれにしようかとスキルを物色する。

「ん?………んん?」
メイプルがとあるスキルに目を留める。
そのスキル説明を穴が開くほどじっくりと見つめる。

「こ、これ!一つはこれにしよう!」
メイプルの頭に走った閃き。
それに身を任せてスキルを選択する。

「もう一つはどれにしようかな…」
メイプルが再びスキルに目を通していく。先程のような閃きがあればそのスキルに即決定するつもりだった。

「どうしようかなー?んー…」
メイプルはピンとくるスキルが見つからなかったため悩んだ末に【フォートレス】を取得した。
【フォートレス】はVITが1.5倍になるスキルだ。
発動条件もデメリットもなく、まさに貴重なメダルに釣り合うスキルの一つだった。
メイプルはそれに匹敵するスキルを持っているが、それはメイプルがちょっと、いやかなり普通から外れているだけのことである。

ともかく、選択を終えたメイプルは再び光に包まれて消えていった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ