挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 作者:夕蜜柑
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/202

防御特化とイベント三日目。

木の上で交代で眠った二人は日が昇り始めた頃に木から降りてきた。
かなり森の奥に来ているため、次の探索箇所を探すのは大変そうだ。

「メイプル。どっちに行きたい?」

「じゃあ……真っ直ぐ進んで森を突っ切っていこう!」

「了解!じゃあそれでいこう」
二人は廃墟とは逆方向へと森を突き進む。
三十分程進んだところでサリーがメイプルに小さな声でこっそりと話しかける。

「メイプル。背後、右の茂みに私達を狙ってるプレイヤーがいる」
サリーは【気配察知】とは別に、茂みから発生する音や鎧が生み出す金属音をも利用してモンスターやプレイヤーの居場所を探知しているのだ。
二人は怪しまれないように、歩きながら小声で会話を続ける。

「多分そこまで強くないけど…私達の隙を狙ってる」

「取り敢えず、捕獲しようか?」

「出来る?」

「うん」
簡潔に返事をすると僅か数センチだけ新月を鞘から抜く。

「【パラライズシャウト】」
静かな森の中にキィンと澄んだ納刀音が響いていく。
背後の茂みから呻くような声が聞こえる。

「どう?」

「完璧。流石!」
二人で問題の茂みへと近づいていく。
そこには二人のプレイヤーが強力な麻痺を受けて倒れていた。

「返り討ちになる覚悟を持って、またいつかお越し下さいっと!」
サリーの攻撃があっさりと二人のプレイヤーを沈める。
メダルは無しだ。

「メイプルを狙うのは無謀だと思うんだけどなぁ…私なら絶対狙わないよ……」
これでイベントが始まってからのプレイヤーとの遭遇は四回目だ。
そのうち二回は戦闘になったが、大したことのない相手だったため特に何の問題も無かったのだ。唯一、強敵だっただろうクロム達のパーティーは戦うことが無かったので、まだ対プレイヤーで苦戦したことはない。

「今日を含めて後五日…どこかで強力なプレイヤーに出会うかもしれないね」
約二日で四回遭遇したのなら単純計算でこれから十回遭遇することになる。

その内の一度が前回のイベントのランキング上位のプレイヤーになるかもしれない。
気を引き締めていないといつ襲われてもおかしくないのだ。
そう。彼らもまた、二人と同じような実力を持っているのだから。



森を進むことさらに一時間。
太陽が木々の隙間から光を届けてくれるようになってきた頃。
ようやく、森の外の景色が見えてきた。

「おー……」

「すご……」
二人の前に広がるのは渓谷だった。
二人がいるのはその最も高い崖の上だ。
草木が生い茂り、小鳥の声が聞こえる。
谷底は深い霧に覆われていて、全貌は把握出来ない。
もしここを探索するというのならば、まずはどうにかして下まで降りなければならないだろう。

「ここ、誰かが探索してるかな?」

「分からないけど…この大きさなら探索し忘れてる場所もあるんじゃない?」
メイプルの言うように、この渓谷はかなりの大きさだった。
今二人がいる所から一番下までは間違いなく百メートル以上はある。
その上、横幅も広い。
こちらも百メートル以上は軽くあるように見える。

「そうだね。じゃあ、どうにかして降りてみようか」
サリーがしばらく目の前の崖を確認して足場になりそうな場所を探して少しずつ降りていく。

「うーん…メイプルが乗れそうな足場が無いなぁ…」
【カバームーブ】の届く範囲は限られているのだ。メイプルは自力で崖を降りることは出来ないため、サリーが近くの大きめの出っ張りを探しているのだが、そんなものは無さそうだった。

「うーん…取り敢えず、着地出来そうな所があったら合図して!無さそうなら、下まで降りちゃって構わないよ!」
メイプルが時間を確認しているのか、青いパネルを見つつ言う。

「えっ?…わ、分かったー!」
サリーがひょいひょいと降りていくが、メイプルの乗れそうな足場はどこにも無い。
サリーは二時間近くかけて崖を降りきってしまった。

「結局下まで降りてきちゃったし…もう一度メイプルにメッセージを送って…」
サリーは降りている途中も、時々メイプルに現在地点を教えていたのだ。
今回は降りきったことを報告するためのメッセージを送ったのだ。
サリーがメッセージ送って一分もしない内にメイプルからメッセージが返ってくる。

【ちょっとだけ、離れてて!】

「な、何をする気だろう…」
サリーは了解と返事をすると、言われた通りに少し離れ、木の上からメイプルの動向を見守ることにした。

「うわぁ…何あれ……」
サリーが崖の上に見つけた物は直径十メートルはあろうかという紫色のボールである。

それはサリーの見守る中で。
ゆっくりと前に転がって、崖から落ちた。
ぶつかった崖の一部を見るも無惨な溶けた姿に変えて、少しずつその大きさを小さくしながら落ちてくる。
そしてそれは地面に辿り着くと落下の衝撃でその一部を弾けさせ周りに紫のねばついた液体をぶちまけた。

「め、目が回るぅ〜………」
ぐちゃぐちゃになった球体の中心からメイプルがふらふらと出てきた。
サリーは木から降りるとメイプルに近づく。
と言っても毒々しい液体には触れないようにしているため隣までは近づけない。

「で?あれは何?」

「あれはね…【ヴェノムカプセル】って言って…毒のカプセルで対象を閉じ込めて……出てこれなくするスキルだよ」
閉じ込めると言うだけあって耐久性はかなりのもののようだ。
目が回っているためかメイプルの話し方に元気は無かったが、本来の使い方でないことはサリーにも理解出来た。

「【毒無効】がないとじわじわHPが減ってじっくりやられるからサリーが使う時は注意してね?」

「いや、使わないから」
次第に元気を取り戻したメイプルがやっとまともに歩けるようになったため、二人は谷底を目指して歩き出した。


まだ傾斜は続いており、ところどころで大きな段差がある。濃霧で前がよく見えないためそういう段差が非常に危険だ。

「前が全然見えない…」

「これなら…見逃してるメダルがあるかもしれないね。奇襲と、あと段差に気をつけてねメイプル」

「うん!分かった」
もっとも、メイプルのHPを削る段差などそうそうないだろう。
そのためには目の前に崖を用意しなくてはならない。
数メートル先すら見えない濃霧の中を慎重に進んでいく。

「んー?水の音がする…?」

「えっ?……本当だ!近くに水場があるのかな?」
二人は水の音のする方へと進んでいく。
途中に出てきた蝙蝠型のモンスターははっきり言って雑魚だった。
この辺りの敵のレベルはそれ程高くないようである。

「あった!」
目の前には小さな川があった。
透き通ったその川に、僅かな段差から水が流れ落ちて音を立てていたようだ。

「見て、あそこ!」
メイプルが指差す先。岩肌に亀裂が入っていて洞窟になっているのが辛うじて分かる。
二人はダンジョンかもしれないと、近づいてその中に入ってみるが、奥行きはさほど無くモンスターの形跡もないただの大きな裂け目だということが分かった。

「…ここを拠点にしようか。渓谷探索には時間がかかりそうだし」
ただの裂け目とはいえ、サリーの言う通り拠点にするには十分な条件だ。少なくとも木の上よりは遥かにいいだろう。

「うん。賛成!あと…卵のことも確認してみないとね」

「ああ、そっか。暖めてあげないとダメなんだっけ」
二人は洞窟を拠点に決めて少し休息を取ることにした。
それと同時に、卵についても確認することに決めたのだった。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ