挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 作者:夕蜜柑
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/200

防御特化と探索再開。

二人が草原を歩くこと一時間。
遂に前方にちらっと森が見えてきた。
二人は活力を取り戻してペースを上げて歩いていく。

「や、やっと着いた!」

「結構深い森だね…」
二人は森の中に足を踏み入れる。
鬱蒼としたその森は上空からの光をほとんど通しておらず薄暗い。
それに、藪も多くモンスターの奇襲攻撃に向いた地形だ。

「私が守ってあげるよー!」

「本当、誰より頼りになるよ」
楓がやられる攻撃ならば誰だって耐えることは出来ないだろう。理沙も周りを警戒しつつ楓の陰に隠れるようにして森を進んでいく。
その後三十分。
二人が危惧した奇襲攻撃は結局一度もなく、平和な探索が続いていた。

「何も出てこないね?」

「もう、出てこなさ過ぎて不気味」

「あはは…確かに…」
しん、と静まり返った森は理沙の言うように不気味だった。
奥に行くにつれて本当に物音一つしなくなっていく。

「な、何か話さない!?」
言い表せない不安から理沙が叫ぶ。

「えっ!?い、いいけど?えーっと…」
この空気を変えるために楓が無理やり話し始めようとしたその時。
二人にはボッという発火音が聞こえた。
ここにきて初めての物音だったため、二人は敏感に反応して音のした方を向く。



そして、二人には青い人魂が数個ゆらゆらと近づいて来ているのが見えた。

「ここはゲームここはゲームここはゲームっ……!よし、大丈夫、大丈夫……」
理沙がぶつぶつと呟く。

「それ全然大丈夫じゃないよね!?」

「逃げる?逃げよう?そうしよう?」
大丈夫でない事は証明された。

「まあ、【悪食】使うのもったいないし…」

「じゃ、じゃあ装備外して!乗せていくからさっ!ち、近づいてきてるから!」
楓は念のためにと新月だけを装備した状態で理沙の背に乗る。
その瞬間理沙が無言で走り出した。
あの人魂が現れてからはモンスターも活気づいてきた様子で。
浮遊する髑髏や、色とりどりの人魂や、ゾンビや半透明の人間など、よりどりみどりの亡霊や幽霊が現れ始めた。

「くうっ……!こんな森入るんじゃなかったっ!」

「おー!綺麗な炎!緑色とかもあるよ!」
砂漠とツンドラ程に温度差の激しい二人は戦闘をすること無く森を駆け回る。
そして、遂にボロボロの廃屋を見つけて緊急避難とばかりに飛び込んだ。

「ボロボロだね…探索しておく?」

「任せた」

「昔っから幽霊駄目だもんね〜」

「あれに慣れるのは無理。ゲーム内なら逃げ切れるだけマシだけど……」
理沙は疲れ切った様子で廃屋にあった椅子に座る。楓は探索を始めるが、そもそもこの廃屋内にはほとんど家具が無いのだ。
あるのはボロボロのテーブルと、理沙が使っているこれまたボロボロの椅子。
テーブル下に敷かれた薄汚れた絨毯。
それに古びた箪笥くらいである。
ベッドすらないこの部屋には、人は住んではいないだろう。
窓には所々ひび割れたり、欠けたりしているガラスがかろうじてはまっている。

「箪笥の中身はっと…何もないかぁ」
少しだけメダルがあるかと期待した楓だったがそこまで都合よくはいかなかった。
楓がステータスを開き、付随している時計で現在時間を確認する。

「どうする?ゲーム内時間が六時を過ぎてるし…もうすぐ夜になっちゃうね」

「あー…だから幽霊が出てきたのかも…入るタイミング間違えた……食料はある程度持ち込んだから何とかなるけど。ここに泊まるのは嫌だなぁ……でもなぁ」
理沙がそっと窓から外を見る。
外には明らかにプレイヤーではない人影がうようよといる。
廃屋内にモンスターが入ってこないことからここは安全そうだ。
しかし外に出れば理沙にとって阿鼻叫喚の地獄であることは間違いない。

「仕方ない…我慢するか……」
探索を終えた楓も理沙の側に座る。椅子は無いため床に直接だ。

「一応装備は戻しておいてと…大盾は白雪でいいかな……後は、トランプでもする?」
ゲーム内にも簡単な娯楽アイテムは幾つか存在するのだ。これはそのうちの一つである。

「ちょっとは気も紛れるかもしれないけど…二人じゃ何をやってもすぐ終わるよ?」

「あっ!そ、そっか!考えてなかった!」
理沙がそんな楓を見てふふっと笑う。
多少は調子も戻ってきたようで、ぐっと伸びをすると楓の持っていたトランプを受け取って配り始める。
夜はまだ始まったばかりだ。





「よーし…こっちだっ!」

「はい残念、ジョーカーです」

「ぐぐぐ……」
楓が唸る。
二人は、トランプやチェスなど楓が出したゲームで遊んでいた。
途中に夕食を挟んで、ゲームを続ける。
ゲーム内のため食事は摂らなくても問題は無いのだが、理沙はゲーム内で時間を過ごす時もリアルと同じように食事を摂らないと調子が出ないとのことで、食料を大量に持ち込んでいた。
理沙は楓にも食料を渡して二人で食べた。
楓が持ち込んだのは娯楽アイテムくらいである。

「んー…こっち!よし、勝った!」

「くそぉ…」
修学旅行の一室を切り取ったかのような光景ではあるが、周りは樹海、いるのは廃屋である。

「結構時間経ったね…もう十時だよ」
楓が時間を確認し、トランプなどをインベントリにしまう。

「外は相変わらず元気に動き回ってるし…これはここで一泊かなぁ…」

「それでいいと思う。多分この森の中にもメダルか装備があると思うし…朝になってモンスターが消えてからでいいんじゃない?」

「ごめんね探索出来なくて」

「いいって!ただし、明日は頑張って活躍すること!」

「了解!」
二人は寝袋を出すと床に広げる。
互いに挨拶を交わして床につく。
モンスターが襲ってくる可能性がゼロではないため交互に二時間ずつ眠る。
まずは楓が眠る番だ。






「静かだなぁ…」
楓の寝息しか聞こえない廃屋で理沙は一人椅子に座って周りを警戒する。
心配も杞憂のようでモンスターは襲ってこなかった。
そして十二時になりそろそろ楓を起こそうと立ち上がった時。



テーブル付近からノイズのかかった低い声が聞こえた。
それは断続的に、しかし確かに聞こえる。

「うううわぁあああっ!」
楓を起こそうと立ち上がった理沙が楓の方へ崩れるように倒れ込む。
楓は持ち前の防御力でそんなことは意に介さず眠っていたが、鎧と床がぶつかって派手に音を立てたのと、叫びを上げる理沙と、低い声のトリプルコンボで目を覚ました。

「どうしたの……?」

「で、出た!テーブルに!テーブルに!」
恐怖と焦りで語彙が貧困になっている理沙をひとまず置いておいて楓がテーブルに近づいていく。
そこからは確かに低い声が聞こえる。
楓は音の出所を突き止めようとして耳を澄ませる。

「テーブルの…真下?」
そこにはボロボロの絨毯が敷いてある。
理沙が隅っこで丸まってしまっているためテーブルを全力で動かす。
【STR 0】とはそういうものだ。
そして絨毯をめくって下を確認する。

「これは…地下がある?」
そこには切れ込みの入った床があり、取っ手が付いていた。
楓は早速それを開けてみる。

「簡単に開いたね!…階段か」
声は大きくなっている、元凶は間違いなくこの下にいる。

「探索行ってくるね?」

「私も…いく。楓がやられたらまずいし…」
理沙がゆっくりと立ち上がって楓の後ろにぴったりひっつく。

「前は任せなさーい!」

「ありがとう…よしっ…!行こう!」
理沙も気合いを入れ直し、目指すは地下から響く声の主のところだ。
二人は階段を下っていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ