挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 作者:ユーキャン@夕蜜柑
24/170

防御特化とボス退治。

「ボス部屋っぽい部屋発見!」
目の前には道中には一つも無かった扉の存在があった。
五メートル程の木製の扉を開き中へと入る。
中は広く、薄暗い。
天井までは十メートル近く、周りを見るに横幅も同じくらいだ。
そして奥行きだけはその倍程でその最奥には巨大な玉座。
そして、そこには醜悪な顔をした巨大なゴブリンが座っていた。
座っているため、正確な大きさは分からないが先程の扉程はある。通常のゴブリンの三倍近い大きさだ。
ゴブリンが二人に気付いて咆哮する。
凄まじい音量に二人が顔を顰める。

「さっと倒しちゃおう!あいつうるさい!」

「同感、行こう!」
理沙が頷く。
楓の大盾は闇夜ノ写に変わっており、決戦仕様だ。
ゴブリンまでの距離はおよそ二十メートル。
理沙が最速でその距離を詰めようとする。
しかし、ゴブリンはそれを許さない。
玉座の真横、立てかけてあった巨大なサーベルを手に取りつつ立ち上がると、前進しつつ乱暴に振り抜く。

凄まじい剣圧と共に迫る凶刃。

「【カバームーブ】!【カバー】!」
理沙がこれを回避出来たかどうかは分からない。楓が身の丈の二倍はあるそのサーベルを恐れずに大盾で受け止めて消し飛ばしたからだ。圧倒的な破壊力で敵のメインウェポンを戦闘開始早々削り取った。
サーベルが光となって消えていく。

「ナイス!よしっ…!」
理沙が更にボスに近づいていく、そしてここからの楓の行動は理沙にとって、もしかするとゴブリンにとっても予想外のものだった。

「【カバームーブ】!」
走り続ける理沙の元に楓が急加速して追いついてくる。ゴブリンからの攻撃は来ていないのだ。
理沙は驚きながらもボスに近づく。

「【カバームーブ】!」
楓が無理やり理沙に追いつく。これで二人揃ってゴブリンの目の前だ。
ゴブリンが筋肉の隆起した腕を轟音と共に振り下ろしてくる。
しかしその攻撃は理沙には当たらなかった。
その自慢の回避力はゴブリンの単調な攻撃など受けはしなかった。理沙はそのまま高く飛び上がりゴブリンの腹部に狙いをつけた。
理沙のダガーがゴブリンの体に届く距離まで近づいた時。

「【カバームーブ】!」
もはやカバームーブというのが馬鹿馬鹿しくなるその使用目的に理沙が苦笑する。
楓はゴブリンに肉薄することとなり、その大盾が届く範囲内に入った。
理沙は一撃を加えるとその場から避難する。
楓は体をひねり大盾を振り抜いた。

「どーだっ!この威力!」
ゴブリンの腹部には大盾の幅のダメージエフェクトが派手に散り、そのHPゲージが三割程減少する。
それはゴブリンの怒りを誘ったようで楓に拳が叩きつけられ、地面へと落ちる。

「ふふふ…ダメージが二倍?ゼロの二倍はゼロっ!」
【カバームーブ】のデメリットのダメージ二倍は、常軌を逸した楓の防御力の前で無いものとなった。とはいえ、鎧はそうでは無かったらしく、ピシッとヒビが入って砕けてしまった。

「うえっ!?」
驚く楓だったが壊れた鎧は淡く輝くと即座に
元の形を取り戻した。

「あっ!そうか、【破壊成長】!」
壊れた装備はより堅牢に、強固に成長する。
理沙が楓に声をかける。

「もう一回いける!?」

「もちろん!」
楓は立ち上がり理沙の動きを見る。
そして、理沙にゴブリンの拳が叩きつけられられるその瞬間。

「【カバームーブ】!【カバー】!」
拳と理沙の間に立ち大盾を構える。
その腕は先端から大盾に飲み込まれて赤い光を散らしていく。素早い理沙に当てるために全力で振り下ろしたその勢いは止まらない。
再びHPゲージがガクンと減少する。
残り四割といったところだ。
楓は新月を抜き放つ。

「ちょっとぐらいは活躍しないとね!【超加速】!」
理沙の体がぶれて、加速する。
理沙が高速でゴブリンの背後に回り込む。

「【ダブルスラッシュ】!【ウィンドカッター】!【パワーアタック】!【ダブルスラッシュ】!」
【超加速】の効果も相まった高速の連撃が叩き込まれる。これだけやってもゲージは一割半ほどしか減少しないのだから楓の大盾の異常さが際立つ。
流石にこれだけの攻撃を加えればゴブリンも理沙の方に注意を向けざるを得なかった。
ゴブリンは振り返ると赤いダメージエフェクトを上書きするように黄色のエフェクトをその腕に纏わせて殴りかかる。
その攻撃は理沙には当たらなかったが、殴りつけた地面が陥没する。

「威力は上がってるけど…遅いね!」
理沙がゴブリンから離れていく、ゴブリンは血走った目で理沙を追おうとする。

「いいの?私なんか追いかけて?きっと…あっちの方が怖いよ?」

「【毒竜ヒドラ】!」
楓の声が三つ首の毒竜を呼び出す。
理沙を追いかけてより大きな脅威を放置してしまったゴブリンはその背に毒竜の攻撃を受けることになってしまった。
毒竜での大ダメージに加えて、最高レベルの毒ダメージ。
それでも、何とか立っていたのはゴブリンのボスとしての意地だったのかもしれない。
しかしそれも長くは続かず、その巨体を輝く光に変えて爆散した。






「お疲れー!」

「お疲れ様…で?あの謎の挙動は何?」

「謎の挙動って【カバームーブ】のこと?あれいいよね!私の予想通り移動してからの攻撃にも使えたし!」

「そんな使い方して生きていられるのも、有効打を与えられるのもメイプルだけだよ…」
実際、大盾使いが真似をしようものならダメージ二倍で沈むだろう。
さらに、このぶっ飛んだ攻撃能力を持っているのも楓くらいだろう。
火力を出すなら大盾である必要は無いのだ。

「サリーも速かったよ!最後のあれ!」

「まあ、AGIが50%増加だからね。三十分空けないと次使えないけど…十分かな」

「でも【悪食】はあと七回しか使えないから…短期決戦で出来るだけ使わないようにしたけど…」

「今のメイプルは燃費悪いもんね。今回のスキル取得でいいの取ろう!」

「うん、そうだね!」
そう言うと二人はゴブリンが座っていた玉座の元へ向かう。
そこには装飾は無いものの大きめの宝箱があった。

「開けるよ?」

「おっけー!開けちゃって!」
理沙が宝箱を開ける。
中に入っていたのはゴブリンが持っていたのと同じ見た目のサーベル。
そして、銀色に輝くメダルが二枚だ。

「やった!メダルだ!」

「しかも二枚、二枚だよ!」
二人はサーベルなどそっちのけでメダルに夢中になる。そもそも、サーベルは二人とも装備出来ないのだから興味がなくて当然とも言える。

「ダンジョンごとにメダル二つなら…百五十もダンジョンがある…?」

「難易度で変わるのかも?もっと強いボスもいるとか!後は…隠されているだけでボスはいないとか…」

「ああそっか、そういうのもあるか」
理沙は思考を切り上げてサーベルを手に取ってその性能を見る。

【ゴブリンキングサーベル】
【STR+75】
【損傷加速】

「うおぉ…なかなかの脳筋武器だぁ…」

「どういう感じ?」

「壊れやすくて長時間戦闘は出来ないけど、STR+75」

「私達は装備出来ないよね?」

「うん」

「装備ははずれだったかぁ…」

「次のダンジョン探しに行く?玉座の裏に魔方陣あるし、乗れば外に出れると思う」

「……あと一つくらいなら今日中に行けそうかな?スキルも持つと思う!」
二人は相談を終えると魔方陣に乗った。
楓の【悪食】のことを考えると一日の内に出来るだけ探索して使い切りたいところだ。
明日に持ち越しは出来ないため、攻略出来る数が減ってしまう。



そして光が消えるとそこは元の草原だった。

「忘れてた……取り敢えず、草原を出るところから始めないと…」

「ど、どっちに行くのがいいかな?」

「前進!多分それが一番。最初から見えてるあの高い山までずっと草原ってことは無いはず」

「それもそうだね!」
二人は山岳地帯を目指して歩き出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ