挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 作者:夕蜜柑
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/198

防御特化とステータス考察。

ランキング一位⁉︎い、一位⁉︎
合間に書くつもりだった方の小説が連載してた方を超えていって嬉しいやら困惑しているやら…
ともかく!ありがとうございます!
【NMO】メイプルちゃんの謎【考察】

1名前:名無しの槍使い
スレ立てたぞっと


2名前:名無しの大剣使い
おう
議題は我らがメイプルちゃんのことだ


3名前:名無しの魔法使い
正直ペインよりもやばいと思った
何で三位なん?


4名前:名無しの槍使い
序盤廃墟でお絵描きしてたから


5名前:名無しの弓使い
可愛すぎかよw


6名前:名無しの大盾使い
あれ本当に大盾なのか不安になるわ
あっ因みに俺は九位でした


7名前:名無しの槍使い
流石
大盾でそこまでいくとは
(メイプルから目を逸らしつつ)


8名前:名無しの大剣使い
それでは今回のメイプルちゃんまとめだ
第一回イベント
メイプル三位
死亡回数0
被ダメージ0
撃破数2028

装備は敵を飲み込む謎の大盾とアホみたいな状態異常魔法を発生させる短刀と黒い鎧。
黒い鎧は異常性能を発揮していないように思われる
異常なまでの防御力で魔法使い四十人からの集中砲火をノーダメで受けきる


9名前:名無しの魔法使い
もう本当何回見ても頭おかしいとしか…


10名前:名無しの大盾使い
大盾→まあそういう装備もあるかもな…うん
短刀→まああるかもしれんな
メイプルちゃん本体→は?
本体のステとスキル構成が一番の謎
メイプルちゃんのVITいくつよ…

11名前:名無しの大剣使い
マジで歩く要塞だったからな
マジで

12名前:名無しの弓使い
単純にVIT値で受けてるっぽいんだよなぁ
っていうかメイプルちゃんの持ってるスキルに心当たりある奴いんの?
魔法攻撃受けてる時とかなんかキラキラ光ってたし何かしらスキル使ってるのは確定

13名前:名無しの大盾使い
状態異常→分からん
防御力アップ→そんな硬くなるスキルがあれば取ってる
大盾→知らん


14名前:名無しの魔法使い
これ
メイプルちゃんの持ちスキルが一個も分からん流石に基本的な奴は持ってるだろうけど
メイプルちゃん固有のやつが本当分からん


15名前:名無しの弓使い
タイマン最強じゃない?


16名前:名無しの魔法使い
マジであり得る
あの広範囲の状態異常攻撃を何とかしないとまあまず勝てん
致死毒とか言ってたし相当高位の魔法
それで疑問なんだがMPどうなってるん?
あんなポンポン魔法使って、しかも多分VIT極振りだろ?
MP足りないだろ普通


17名前:名無しの大剣使い
あれなー…多分大盾が魔力タンクになってる
喰ったものを魔力にして溜め込む感じ


18名前:名無しの槍使い
じゃああの赤い結晶がそうか
確かに魔法使う度に割れてたしな


19名前:名無しの大剣使い
つまりメイプルちゃんは
自分自身はあり得ない程の高防御であらゆるダメージをゼロにし
その装甲を抜こうとした攻撃やプレイヤーをMPに変換し
状態異常で叩きのめす
とこういう訳だな


20名前:名無しの槍使い
何そのラスボス


21名前:名無しの弓使い
ええ…鬼畜すぎんよ〜


22名前:名無しの大盾使い
しかもまだ隠し持ってるスキルがあるかもしれないという
今回はダメージ与えた奴がいないから分からんがHP回復するかもしれんぞ


23名前:名無しの魔法使い
ラスボスのHP回復は禁止って昔から言ってるだろォ!?

24名前:名無しの大剣使い
自分でも文字に起こすと変な笑いでたわ
しかもまだ始めたところ
大型新人過ぎる


25名前:名無しの魔法使い
次のイベントでは鎧も異常仕様に!
はいこれ


26名前:名無しの弓使い
実際既にトッププレイヤーなんだよなぁ…
あれヤベェわ
可愛くて強いとか最高かよ


27名前:名無しの槍使い
見守ってやろうぜ
ステが第一線級でも中身は初心者だ


28名前:名無しの大剣使い
そうだな
これからも各自調査を頼むぞ


29名前:名無しの弓使い
ラジャ!


30名前:名無しの魔法使い
ラジャ!


31名前:名無しの槍使い
ラジャ!


32名前:名無しの大盾使い
ラジャ!



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ