挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 作者:ユーキャン
128/162

防御特化と掲示板。

780名前:名無しの大盾使い
やあ


781名前:名無しの槍使い
おう動画見たぞ


782名前:名無しの弓使い
今まで歩く要塞だの人外防御だの言われてたのが走る要塞と人外になってて
もうどうしたらいいんですかね?


783名前:名無しの大剣使い
ちょっと前までは人だったんだがなぁ
中身はともかくな


784名前:名無しの大盾使い
ちょっと目を離した隙にすくすく育っててなあ


785名前:名無しの魔法使い
どう育てば武装展開やら身体変化やらするようになるのか
ご教授願いたい


786名前:名無しの大盾使い
だから本当電光石火なんだよ
ほんの一日だけ目を離したらその瞬間に一皮剥けてくるんだよ


787名前:名無しの槍使い
一皮?ひとかわ?ほよよ


788名前:名無しの大剣使い
一皮剥けて成長というか突然変異クラスだろうそうだろう


789名前:名無しの弓使い
と言うか楓の木は全員まともじゃないぞ
クロムの映像見て確信したぞ


790名前:名無しの大盾使い
そうか?


791名前:名無しの弓使い
そう
クロムも人の皮を被っていただけだった


792名前:名無しの大剣使い
メイプルちゃんがやばすぎて相対的に普通に見えてしまうだけでなあ
ただそれを考慮してもサリーちゃんと双子ちゃんはおかしい側


793名前:名無しの魔法使い
俺楓の木の轢き逃げにあってるからな
暗闇で急に空を舞う感覚は分かるまい


794名前:名無しの弓使い
前衛を鉄球数発とかな
これメイプルちゃんの系譜だろ
明らかに足遅かったし


795名前:名無しの槍使い
だろうな
まあメイプルよりはマシな感じはしてるけど


796名前:名無しの大盾使い
メイプルちゃんの育成の賜物な
一日で仕上がった


797名前:名無しの大剣使い
は?
特性:メイプルってのは感染すんの?


798名前:名無しの魔法使い
するよ?
クロムにも感染してそうなんだよなあ


799名前:名無しの槍使い
動画を見る限りクロムはしてるだろ
てかカスミくらいじゃねーの装備変わってないの
後衛も軒並みおかしい


800名前:名無しの大剣使い
でもまあ一対一なら何とかなりそうだろ
ならない奴がヤバい奴


801名前:名無しの大盾使い
まじめな話サリーちゃんに一対一で勝てる奴いる?
俺はギルドでやってみたが無理だった


802名前:名無しの弓使い
躱すんだっけか?
動画で見た感じだともう少しでって感じなんだがな


803名前:名無しの大盾使い
噂も広まってると思うがマジで噂のままだからな
ただただ攻撃が当たらない


804名前:名無しの大剣使い
楓の木の噂というか話?
溢れ返ってるからな特に今回のイベントでの動画がインパクト強すぎ


805名前:名無しの槍使い
神魔大戦とか終末の日とかまあ凄まじい呼ばれ方してる三日目な


806名前:名無しの大盾使い
分裂したからな
まああれはメイプルちゃん一人では無理らしいが


807名前:名無しの弓使い
絶無の希望がひとつまみの希望になるだけで大した差はないです


808名前:名無しの魔法使い
ペインがメイプルちゃんにダメージ与えた瞬間にメイプルちゃんにHPの概念があったことを再確認したわ


809名前:名無しの槍使い
てかメイプルちゃんはあれだ
何で確定耐えスキル持ってんの?
メイプルちゃんを削った奴が以前にもいんの?


810名前:名無しの大盾使い
いるな人ではないだろうが
メイプルちゃんの今のVITなら削られないだろうが


811名前:名無しの弓使い
まだ上がってんの?
もう既にこれ以上必要ないレベルだろ


812名前:名無しの大盾使い
最近聞いたら五桁が見えていると
そうおっしゃいまして
私も意識飛びかけましたよ本当もう


813名前:名無しの大剣使い
俺のSTRの五十倍くらいなんだが
なんだが?


814名前:名無しの魔法使い
そうなるとあれかもう他のステータスには振りたくない気分になってきたと


815名前:名無しの弓使い
楽しんでくれて何よりです
というか他のステータスに振り始めると手がつけられなくなる
普通に走るようになるだけで超強化とかうけるわ


816名前:名無しの大盾使い
メイプルちゃんは効率とか考えてないのか考えてるのかよく分からん


817名前:名無しの魔法使い
ガチガチに考えてないから強くなった説を推しておこう


818名前:名無しの槍使い
普通の思考では毛玉になって神輿は思いつかんわな


819名前:名無しの弓使い
四日目以降の唯一の映像があれだからな


820名前:名無しの大剣使い
炎帝のバトルシーンからぱっと切り替わった先であれを見せられた俺はまた思考を停止させられましたよ

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ