挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

或る日の彼女

作者:漣蓮
 彼女は昼寝特有の気だるげな世界から起き上がった。まるで沼のようだ、彼女はそう思いながらベットからおりた。学校から直接この家に来て、掃除をした後にすぐ寝たため彼女は制服の姿のままであった。買い物は既に済ませてある。まずは肉を解凍しなければ、そう思いながらも本に手を伸ばす。最近太宰治をよく好んでいる。脳内で「トカトントン」と聞こえるのは気のせいであろう・・・
 携帯が鳴る音で我に返ったのは、全集をほぼ読み終わったときであった。彼はもう帰ってくるらしい。また夕飯を作るのが遅くなってしまった。彼は笑って許してくれるだろうか?呆れながらも「今日も外食にしよう」と言いそうな気がする。
 一般的な学生生活とは程遠いこの暮らしに彼女は満足しながらも若干の虚無感を抱いてる。
前述のとおり初投稿です。気ままに書いていく予定なので生温かい目で見てくれたら幸いです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ