挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
想い、描くのは。 〜本当の君が好き〜 作者:剛田
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/47

第5話 初デート(?)の目的

 ハンバーガーを片手で持ち、かぶりつく。うまい。パンズが売りのこの店は、味がいいと評判なのだ。緑青は両手でハンバーガーを持ち、口をもぐもぐと動かしている。その頰にケチャップがついていることに気づいたので、自分の頰を指差して教える。

「ここ、ついてるぞ」
「……っ」

 緑青は顔を赤くして、紙ナプキンで頰を拭った。そして俺をキッと睨むと口を開いた。

「……あれから漫画の進歩はどうなの」
「あっ……それが……」
「それが?」
「全然進んでなくて……日常といっても何をテーマにすれば良いかわからなくて」

 悪いことをしているわけではないのに、返答がしどろもどろになる。ケチャップの指摘が気に障ったのだろうか。でもここで言わないでいたら、後でもっと怒られていたに違いない。

「恋愛なんてどうかしら」
「は?」

 レンアイ? テーマを恋愛にしろってことか?

「さっき見た映画、なかなか良かったと思わない?」
「……ああ、けっこう面白かった」
「あなたの絵は恋愛漫画に向いている気がするわ」
「そ、そうか?」

 何を根拠にそんなことを言うのだろうか。

「試しに描いてみなさい」
「う、上手く描けないかもしれないぞ」
「その時はその時。やる前から尻込みしてどうするの」

 緑青はまっすぐに俺の目を見つめている。本気だ。理由はわからないけれど、俺のことを馬鹿にしているわけではない、それどころか真面目に俺の漫画について考えてくれているようだ。なんで、なんで俺にそこまで……。

「……あのさ、なんで俺に付き合って、なんて言ったんだ?」

 意を決して、ずっと疑問に思っていたことを尋ねた。話したこともない、特に目立った特徴のない、漫画を描くことだけが趣味な男子にどうして話しかけた? 好意がないくせに付き合えなんて言った? 

「気になったから」

 緑青は一言、そう呟いた。嘘偽りはないと証明するかのように、目を逸らさず、俺の目を見つめ続けて。

「それは……」

 俺が? ノートに描かれていた漫画が?

「気になって仕方がないから、では理由にならないかしら」
「……」

 聞いても仕方がない気がした。緑青が気になったのはおそらく後者だろう。だから真剣に漫画についてアドバイスをしてくれているのだ。ボランティアか何かなのかもしれない。かなり横暴な善意ではあるが。

「この話はこれで終わりということで、いいかしら」

 黙って頷く。

「この後は買い物に付き合ってもらうわ」
「……荷物持ちぐらいならできるけど、服選びのセンスはないぞ」

 俺の返答に、緑青は小さく吹き出した。服は買わないわ。荷物も大したことないと思う。とクスクス笑いながら答える。
 緑青は普段学校では澄まし顔で、気高い雰囲気の美少女であるから近寄りがたい。近づこうとも思わなかった。住む世界が違うとわかっていたし、俺は目立つことを嫌っていたから。いわば女王と平民、そのくらい緑青と俺には距離があった。
 でもこうして笑っている緑青を見ていると、彼女は年相応の、俺と同じハンバーガーを食べて同じ時間を共有している、とても可愛いが普通の高校生の女の子なんだ、と思うのだ。
 なんでだろう、なんで、こんな気持ちになるのだろう。


・・・・・・・・・


 昼食を終えて、ファーストフード店を後にした俺と緑青はショッピングモールの中を歩いていた。

 緑青は私についてきてと言って、ずんずんと進んでいく。俺は黙って後に続く。エスカレーターに乗って、しばらく歩いたところで緑青が止まった。

「ここよ」

 そこは個人店舗の文房具屋だった。こじんまりとしているが、品物が所狭しと並べられているので品数は多そうだ。緑青が奥へ入っていくのでついていく。

「まだ必要ないかもしれないけど、見ておいても損はないかなと思ったの」

 そう言って緑青が立ち止まったのは、漫画コーナーと書かれてた札があるスペースだった。

 漫画を描くための道具が並んでいる。実物を見たのは初めてだった。主人公が漫画を描くというストーリーの漫画を読んだことがあるので、どんな道具が必要かは大体知っていた。でも、絵で見るのと、実際に手に取るのとでは大違いだった。年甲斐もなく、わくわくした。

「原稿用紙とペン軸、ペン先ぐらいは持っていてもいいんじゃないかしら」

 そう言いながら、緑青はペン先を俺に渡した。種類が多く、細身のものもあれば、グリップがついた太めのものもある。それぞれの違いを見た後は元のところに戻した。

「く、詳しいな」
「そう?」
「漫画描いたことあるのか?」
「ないわ」

 はっきりと否定される。たぶん本当なのだろう。緑青は成績トップだから、雑学も豊富なのかもしれない。いろんなことに興味を持って、知識を蓄えているのだろう。

「ノートに描くのもいいけど、一度作品にしあげてみたらどうかしら」
「俺は……」

 プロになる気はない……とは言えなかった。俺は黙って下を向いた。

「無理にとは言わないわ」
「……やる」

 あれ? 何言ってるんだ俺は。

「そう? それじゃあ買う?」

 差し出された原稿用紙とペン軸とペン先を受け取る。自分でもなんで受け取ったのかよくわからない。でも、ここで受け取らなかったらもう、緑青とはおしまいな気がしたのだ。それが嫌だと、そう思った。

 レジでお金を払い、紙袋を受け取った。そして緑青と駅まで歩き、デートはお開きになった。別れ際に緑青が念を押した。

「月曜日、放課後。忘れては駄目よ」
「わかってる」

 緑青の目的は、デートではなく、俺に道具を見せて買わせるためだったのだろう。指に僅かに食い込む紙袋の紐に、なんとなく身が引き締まる思いがした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ