挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
想い、描くのは。 〜本当の君が好き〜 作者:剛田
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/43

第38話 告白

 松来はその日一日中、そわそわと落ち着かない様子だった。黄瀬が心配そうにそれを眺め、休憩のたびに話しかけているのを、俺は離れて見ていた。

 そういえば最近黄瀬と話していない。休み前、一緒に帰って以来ずっとだ。心配してもらったというのに、そっけない態度を取ってしまったんだったな。後で謝ろう。

 そんなことを考えているうちに、準備が終わったので俺は渡辺に近づいた。ちょっとこの後、俺と一緒に中庭まで来て欲しいと言うと渡辺は快くOKしてくれた。笑顔が爽やかで、松来が惚れるのもわかる気がする。

 中庭に行くと、もうすでに松来と黄瀬がいた。松来は渡辺に気づくと顔が真っ赤に染まり、黄瀬はそーっとその場から遠ざかろうとしている。俺も黄瀬と同じように、そーっと二人から距離をとった。そして近くの蛇口の後ろに隠れた。

「ごめん。こんなとこ呼び出して」
「全然、それで話って何?」
「あ、あのね!」

 声が聞こえる。聞いちゃまずいよなー、と思う反面、どうなるんだろうという野次馬心が邪魔をする。もしかして出歯亀……。いや、これは見守っているだけだ。隣にしゃがんでいる黄瀬は手を組んで祈りのポーズをしている。

「私、その……渡辺のこと、好き、なんだよね」

 直球な告白。渡辺はなんて答えるのだろう。緑青に振られて一ヶ月くらいか。

「俺、松来のこと好きだよ。いつも明るいし一生懸命だし、話してて楽しい。でも、それが恋愛的な気持ちかって言うとよくわからない」
「……そ、そっか」
「だから、これから松来のこと考えるっていうのでも、いいか?」
「え? うん、いいよ。……たくさん考えて」

 これは……成功? それとも……。

「じゃ、さっそくなんだけど一緒に帰るか?」
「いっ、いいの?」
「いいに決まってるじゃん」

 そっと陰から覗くと、なにやら甘い雰囲気の二人。大成功じゃないか。おめでとう、と小さく拍手を送る。

「よ、よかったぁ……」

 隣で見守っていた黄瀬は、自分のことのように喜んでいる。ホッとしたのか、力が抜けたみたいにその場にへたりこんだ。

「黄瀬」
「な、なぁに? 黒石くん」
「その、この前はごめんな」
「え? なんで黒石くんが謝るの?」
「なんでって、折角心配してくれたのに無碍にしてしまったから……」
「謝るのは私の方だよ。お節介だったなって後で反省したもん」
「なんでだよ! ……俺は嬉しかった」
「そう? なら良かったぁ」

 黄瀬はぱぁっと明るい表情になった。黄瀬は笑顔がよく似合う。

「黒石くんもう帰る?」

 黄瀬は立ち上がり、背伸びをした。俺も立ち上がり、膝裏を伸ばすように前かがみになった。

「うーん、あっ、そうだ」
「何?」
「バイト先、また行ってもいいか? 今日じゃなくてもいいんだけど」
「いいよ! 大歓迎! このまま行っちゃう?」
「いいのか?」
「今紅葉さんに連絡する」

 黄瀬はスマホをさっと取り出し、電話をかけた。


 ・・・・・・・・・


 紅葉さんからまたもやサービスといってパンをご馳走になり、昭仁さんとも挨拶を交わし、母親が喜びそうなパンを買って俺は店を後にした。前回と同様、駅まで黄瀬が付いて来てくれた。

「悪いな。また送ってもらっちゃって」
「いーのいーの。気にしなさんな」
「それにしても、松来嬉しそうだったな」
「うん」
「青春だな」

 俺は緑青に、告白できるだろうか。あんな風に、思いの丈をぶつけられるのだろうか。

「……黒石くんはさ、どんな子がタイプなの?」
「え?」
「彼女にするなら、どういう子がいいの?」
「え……」
「ちょっと気になったからさ! 髪は? 長いの? 短いの?」

 俺は緑青を思い浮かべた。長く、枝毛一つなさそうなサラサラの黒髪。

「長い、ほうが好きかも」
「……そっか。じゃあ、可愛い系? 綺麗系?」
「綺麗……系」
「綺麗系だと、クールな感じ? それともミステリアス? はたまたセクシー系?」
「クール、だな。多分」
「……性格は?」
「性格か……。一見冷たそうだけど、優しくて思いやりのある……そんな感じかな」
「そ、そっか……」

 黄瀬はなんだかあまり楽しくなさそうだ。俺の答え方が不味かったのだろうか。

「黒石くん、なんだか実在する人を思い浮かべて答えてるみたい」

 ぎくっ。鋭い。

「緑青さんでしょ?」
「なっなんで」
「わかるよ〜。だって黒石くんのこと見てたし」
「え?」

 見てた、ってどういうことだろう。

「ほら、黒石くんを緑青さんが呼んだ日あったでしょ? あの時から黒石くんのこと気になってたの。だって緑青さんだよ? すっごい美人でなんでもできて、こんな人本当に存在するの? ってくらい完璧な人が、理由はどうあれ一人の男子生徒を指名呼び出ししたんだもん。あれは衝撃だったなぁ……。前は黒石くんのこと、同じ委員長で、周りに壁を作っている人だなって勝手に親近感覚えてたけど、それだけだった」

 黄瀬はバス停のベンチの前で立ち止まった。俺も足を止める。バスに乗らないのに、誰も待っている人がいないから二人で腰掛けた。

「あの時から、緑青さんと漫画作りが始まったんだよね? 黒石くん、どんどん変わっていったからびっくりしちゃった」

 ふふふっ、と黄瀬が手で口を隠して笑った。

「変わったって、どんな風に……」
「放課後バタバタしてて、なんか憂鬱そうだったり、楽しそうだったり。黒石くんってあんまり表情が変わらない人だったのに、私が見ちゃったって言った時、すごい動揺してて面白かった! 全然、違うんだもん」
「あの時は本当に、心臓が止まるかと思ったよ……」
「緑青さんはね、私の憧れの人なの。あんな美人さんにはなろうと思っても無理だけど。立ち振る舞いとか、堂々としててかっこいいところとか、いいなぁって思ってた。周りを気にして、いい子ちゃんを演じ続けてる私には真似しようにも、ちょっとね……」
「緑青だって、弱いところはあるよ」
「え?」
「完璧な人間なんて、いないよ。いや、もしかしたら世界は広いから完璧超人もいるかもしれないけど。少なくとも緑青は、完璧じゃないよ。そう見えるのは、努力の証なんだと思う」
「……緑青さんのこと、理解してるんだね」
「そんな、まだまだ知らないことばっかりだよ。でも、これから知っていけたら、と思ってる」
「……いいなぁ」
「黄瀬は真似なんかしなくても、十分魅力的だし良いところを沢山持ってるじゃないか」
「な、なに急に」

 黄瀬の頰が色づいた。照れているんだろうな。

「いい子ちゃんを演じてるって、言ったけどもうそれ素だろ? 松来のこと、本気で心配して自分のことみたいに喜んでたじゃん」
「だ、だって友達だし!」
「前、必要に迫られて人付き合いしてるって言ってたのにな」
「なんで覚えてるのぉ……。だって、有里華私のこと本気で心配してくれてて、私今まですごく失礼なことしてたな……って反省したの! ちゃんと、上辺だけじゃない私で向き合うことにしたの。いずれバイトのことも言うつもり」
「よかったな」
「……うん。ねぇ黒石くん」
「なんだ?」

 バスが目の前に止まった。扉が開き、何人かが降りて、また走り出した。

「私、黒石くんのこと、好きだよ」

 黄瀬は俺の方を見ず、前を向いて呟いた。俺も前を向いたまま、口を開いた。

「俺も、黄瀬のこと好きだよ」

 本心だった。好き、なんて照れくさくて中々口に出せない言葉だけど、黄瀬になら滑り落ちるように簡単に、言うことができた。

「友達になれて、本当によかった。ありがとな」
「……うん、私も」

 オレンジ色に染まる町並みを、ベンチに座ってしばらく眺めたあと、俺は黄瀬と別れて駅へと向かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ