挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

少年少女はすぐに死ぬ

作者:七森吐息
今にも死んでしまいそうな、少年少女のおはなしです。
プロローグ
1 149回目の自殺
2017/01/11 23:56
第一章 少年少女は死にたがり
2 はみ出し者は叩かれます
2017/01/12 00:00
3 こんな時期に……と怒られて
2017/01/14 20:32
4 先輩は可愛い
2017/01/14 20:33
5 僕の秘密
2017/01/14 20:37
6 殺人鬼さん
2017/01/14 20:41
7 琥珀色の瞳
2017/01/14 20:43
8 死後の世界で指きりげんまん
2017/01/14 20:45
9 繋がる、僕と彼女の世界
2017/01/14 20:47
第二章 追想。笑うアクマと金属バッド
10 赤い思い出
2017/01/12 00:03
11 手をつないで?
2017/01/14 20:53
12 天体観測
2017/01/14 20:57
13 「――●●●●●●●●●●●●」
2017/01/14 21:00
14 赤と緑がキラキラ光る
2017/01/14 21:01
15 夢じゃない
2017/01/14 21:02
16 紹介屋
2017/01/14 21:06
17 人間味がなくて気持ち悪い
2017/01/14 21:10
18 赤い記憶と向き合いましょう
2017/01/14 21:12
19 今日から同棲
2017/01/14 21:14
第三章 嫌悪に溺れる……彼女の身勝手、人助け
20 幼馴染とデート
2017/01/12 00:05
21 『げらげらげらげらげらげらげらげら』
2017/01/14 21:26
22 神様は助けてくれない
2017/01/14 21:27
23 メサイアコンプレックス
2017/01/14 21:29
第四章 追悼。薄情な人でなしと白い朗読会
24 赤い、あの日の夢
2017/01/12 00:06
25 大地に耳を澄ませて
2017/01/14 21:37
26 先輩とデート
2017/01/14 21:41
27 告白
2017/01/14 21:44
28 未熟な昔の僕
2017/01/14 21:47
29 先輩の首
2017/01/14 21:50
30 百万回生きたねこ
2017/01/14 21:53
31 めんどくさいのは、もうたくさん
2017/01/14 22:08
第五章 泣いた鬼の子、何を願う?
32 完全な死
2017/01/14 22:13
33 クラゲのようにぷかぷかと
2017/01/14 22:14
34 依頼達成率0パーセントの殺し屋
2017/01/14 22:16
35 二人揃うと弱くなる
2017/01/14 22:18
36 殺人鬼と鬼ごっこ
2017/01/14 22:20
37 かっこいい、僕のヒーロー
2017/01/14 22:21
38 それはとても異常な絵
2017/01/14 22:23
39 もう救われてる
2017/01/14 22:27
40 大きな大きな音がしたんだ
2017/01/14 22:29
41 お願いだからもう終わりにして……
2017/01/14 22:35
第六章 追伸。こんな世界、大っ嫌い
42 来年、世界が滅びるとしたら?
2017/01/14 22:38
43 ハッピーエンドは過ぎ去った
2017/01/14 22:39
第七章 少年少女は生きたがり
44 終りの始まり
2017/01/14 22:41
45 探偵みーさん
2017/01/14 22:43
46 殺し合いを始めましょう
2017/01/14 22:45
47 死後の世界の先にあるもの
2017/01/14 22:46
48 あなたの物語を唄う
2017/01/14 22:48
49 決着
2017/01/14 22:49
50 バッドエンドは過ぎ去った
2017/01/14 22:50
エピローグ
51 あの人の顛末
2017/01/14 22:53
52 僕たちの顛末
2017/01/14 22:56
53 そして僕は自殺する
2017/01/14 22:57
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ