挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

暖かなあたたかさ

作者:あおいやぎ
とてもゆっくりとしていて


押し寄せるようではなく

逃げれないわけではなく


包み込むような


一方からではなく

四方からではなく


羽毛で覆うような












強き人は、強い
強き人は、堅い
強き人は、だから、孤独










だから、弱い。
弱いのだ。そのようなあたたかさには弱いのだ。
勘弁してくれ勘弁してくれ
なんだと思っている。私が耐えたこと耐えたこと逃げずに向き合った誠実に誠実にそれでいて謙虚にいた私をなんだと思っている。












遅れてやってくるものだな
作り笑いなど、すぐわかるのだから、その他諸々もしかりとして
理性、しっかりしてくれ。
遅れてやってくるものだと学べたと強がろうか



























ありがとう。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ