挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
シュレディンガーのぬっこ 作者:Pー龍

第二章 幼女とおっさん

8/60

第八話 タイムトラベルにおける課題

4月16日改稿 改稿後は縦書きビューワー推奨ですが、横書きで見たところで問題は無いはず。スマホは相変わらず見づらいかもしれません。
「許してにゃん。」

 おや、冷風が吹き始めたようだ。ビルの空調が動き始めるタイミングですか?
 ちょっと風の勢い、強すぎなんじゃないかなぁ。
 電気代もったいないよ。デンコちゃんがおこだよ。
 幼女は猫の手ポーズで何かやっている。

「それは一体なんのマネだ?」
「お前さまよ、まさか…も○ちを知らんのか?」

 呆然と目を見開いて、人のことを見やがって、

「知ってるよ。○もちのこと、おっさんは大概みんな大好きだよ。引退するんだって聞いてショックだよ。いい先生になって欲しいと心から願ってるよ。」
「知っておるではないか。」
「……」
「あのな、お前さまは知っとるかのぅ? SF小説なんぞでは時折、過去や未来に行ったり来たりってのがあるようじゃがの、あれ、無理なんじゃぞ。時間は常に一方通行なのじゃよ。未来にならコールドスリープで行くことが充分可能なんじゃが、過去へは行けぬのじゃ。この前、未来から来たちょっと天然入ってて、巨乳で騙されやすそうな娘がそう言っておったぞ。わらわも、詳しく聞きたかったんじゃが、禁則なんちゃらに触れるゆうてのぅ、詳細は教えてくれなんだのじゃ。ケチじゃと思わぬかや? しょうがないから、ググってみたんじゃがな……たいむ……ぱら……なんちゃらゆうのが発生するらしいのじゃ。時間の逆行は現代のどの科学者によっても無理なのじゃ。
 うむ、ほれ、じゃからの、他のお願いでおなしゃす。」
「……」

 突っ込まないぞっと。
 ……よし、俺よく我慢した。俺すごい。

「ほら、物理学的に無理なことはほれ、無理なのじゃよ。無理なものは無理なのじゃ。わらわ言ったよな、さっき言ったよな、覚えておるかや。わらわが悪いみたいに思われるのはすこぶる心外なのじゃ。ちな、スコビルは辛さの単位なのじゃ。わらわに出来ること限定じゃって言うたのに、お前さまが無茶ぶりするからいかんのじゃぞ。」
「じゃあお前に何ができるんだよ。逆に聴くよ。お前にはイッタイ何がデ・キ・ル・ン・で・す・か? 神様ですから、さぞかし色々とできるんでしょうね。」
「うむ、もちのロンじゃ、ツモでは無いのじゃ。んとなッ、かくれんぼじゃろ、それとなぁ、いたずらじゃろ、ようちゅーばーとなぁ、人生相談もやるぞ。どうじゃ、興味ないか? 占いもできるのぅ、アトは……」

 神様ってそんなに無能でいいのでしょうか。
 ……別に問題ない気もするね。だから信者に食わしてもらっているのだね。養ってもらってるんだね。うんうん、神様は無能でも問題ないね。

「物理的にお前に出来ることでいいんだよな。」
「うむ、かもーん。バッチ来~い、へいへーい。」
「先方にさ、お前が俺のことを殺人未遂に合わせました。イマのイマ迄俺の足を止めてしまいました。遅刻したのは全部お前のせいです。俺はまったく悪くありませんって土下座してみようか。」
「……ふぇッ……そうじゃ、そうか……うむ……これがあれで……あれがそれで……でものぅ……やむなしじゃから……でもなぁ……あれは……いや……でも……あぁ……だから……しかし……うぅ……」

 すげぇ嫌がってやがる。
 これまた、幼児虐待事案発生みたいじゃね? あれ~? ワガハイ確信犯であります。

「さっき土下座してたじゃん。」
「あれは勢いじゃ。あのタイミングならいけたんじゃが……何事もタイミングじゃって言うじゃろ。勢いあってこそなのじゃ。こう、なんというかのぅ、気分? いい感じに盛り上がってこそなのじゃ。それに知らぬ人に会うのは、なんじゃこう、な、怖いのじゃよ、対人不安? 対人恐怖? みたいな? お前さまは、わらわを誰に謝れせたいのじゃ?」
「ちょっと待て、えっと……」

 胸ポケットの中に入れといたはずですよ。ハロワでもらった書類……あったあった、ありました。

「えー、株式会社……惑星侵略? 中央営業所? (へー、変わった名前の会社なんですね、こうゆうのもキラキラネームって言うんですか?)ギルド本部人事課長の荒熊……ジョニーさん?」
「なにッ、ジョニーか? ほぅ、そうかそうか。なら簡単じゃ。マブダチじゃもの。土下座すれば良いのじゃったかの? ほれ、行こうか。早うせい。こっちじゃぞ。ほれ、お前さまよ、わらわについて来るがよかろう。」

 立ち直り早ッ。

「それはそうと、お前さまよ、ギルドにいったい何の用じゃ?」
「採用面接を受けに来たんですが、」
「ほう、そうかそうか。うむ、わかった。採用決定じゃ。」
小説下部に表示される≪小説家になろう 勝手にランキング≫のリンクを踏んでいただけると、結果的に読者が増えることとなり、作者が喜びます。どうかよろしくご協力くださいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ