挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
シュレディンガーのぬっこ 作者:Pー龍

第五章 おっさんと愉快な仲間たち

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/60

第三十七話 アンダーグラウンド

4月18日改稿 改稿後は縦書きビューワー推奨ですが、横書きで見たところで問題は無いはず。スマホは相変わらず見づらいかもしれません。
 うどん大会の夜は、ギルドのカプセルホテルでお泊りしました。
 転移して帰ればすぐなんですけどね。いい機会だと思ったんですよね。
 パッパ不機嫌な顔で接客しちゃダメですヨ。だから半分わけたげるって言ったのに。
 ちみっ子さんはパッパが一緒に寝るんだと言ってどこかへ連行していきました。
 おやすみなさい。
 ・
 ・
 ・
 おはようございます。
 朝はラジオ体操して、ギルドのカレーを出汁に溶かして、残っていたうどんにかけてカレーうどんを頂きました。ってうどん残ってたんじゃん。あれだけ、パッパ食べたがってたのに。ここにあるよ?
 どうゆうこと? ちみっ子さん。
「ん? 昨夜、わらわは、父上の分は残ってないと言うたぞ。今朝のカレーうどんの分は残しておいたのじゃ。」
 ――――だそうです。
 そうですか。ちみっ子さん、こっちにカレー汁を飛ばさないでください。
 パッパ不憫。

「チッチさん、昨日の分の報酬頂きたいんですが、お願いできますか。」
「わかりました。精算できておりますよ。ベーコンの経費が2,646円、報酬10,000円合わせて12,646円となります。ご確認の上、お受け取りください。なお、スパモン様からのご依頼報酬パスタ1年分につきましてはスパモン様がこれより1年間、タケル様のもとでそのお身体を提供するそうでございます。」
「……」

 また、またー、冗談きついよー。

 マジでした。
 別にいいんですよ、帰っていただいて。全然かまいませんけど。一年間もご一緒だと色々不都合があるんじゃないですか? ご自身のご予定とかもあるんじゃないんでしょうか。

 スパモンさん、向こう一年間の予定無いんだって。俺様、大弱り。

 今日は朝から、黄泉瓜ランドへ草刈に行く予定です。鎖鎌をパゲさんからレンタルしてきました。本来の用途ですよねー。あれ? やっぱりスパモンさんも付いて来るの? ディープ君さんも一緒に来る? 所長も? いえいえ所長は大歓迎です。ご一緒しましょうねぇ。パゲさん、鎖鎌まだある? うん。あと…3つでいいや。砥石もあるんだね。借りてっていいかな。ひょっとして、軍手無い? あるんだぁ。4つある? 幼児用の軍手なんてあるの? じゃ、それ3つ。ガスマスク? どうするのそれ。要るの? そうゆうところ? ふーん。じゃ、借りてくね。他の4人の分は? 4人は必要ないんだ。

 さて、これで準備ができました。ちみっ子さん、よろしくお願いします。
「うむ。全員わらわに触れておるかのぅ。離れるでないぞ。」

 転移終了。
 どうやら黄泉瓜ランドへ到着したようです。
 辺りに死臭が漂ってまいりました。ガスマスクあって本当に良かった。パゲさんに感謝。
 遊園地の入り口っぽいところですね。券売機もあります。ふーん、入場料取るんだ。

「タケルよ、ここが黄泉瓜ランドの入り口じゃ。これよりゾンビとのわくわく触れ合いゾーンなのじゃ。わらわたちは今回、客ではないので関係者用のこの脇から入らせてもらおうぞ。」

 中に入るとゾンビさん達が大勢でお出迎えくださいました。ガクブル触れ合いゾーンですた。
 よく見るとみなさん作業服を着ていらっしゃいます。お仕事途中だったんですね。俺たちのことをお客さんだと勘違いして、仕事をほっぽり出しておどかしに来ちゃったみたいです。意外とオチャメサンたちのようですね。俺たちが客じゃないと解ったので皆さん仕事に戻っていくようです。

「おはようございます。本日は朝早く黄泉瓜ランドの除草作業に参加いただきありがとうございます。早速今日の作業に参加していただきたいのですが、ご準備のほうはよろしいでしょうか。」

 女性の声がしたので振り返ってみると、お美しい熟女がいらっしゃいました。こちらの責任者の方のようです。

「はじめまして、ギルドから派遣されてやってきたヤマダタケルと申します。今日は草刈りということで、鎌と軍手を用意してきました。」
「よろしくお願いします。わたくし、こちらの代表を務めておりますナミと申します。作業区域を記した地図がこちらになります。この地図の中にありますAブロック区域内の除草が終了すれば、一日分のお手当をお支払いさせていただきます。余力があるようでしたら、Bブロックから順に先に進めてくださって結構です。」
「わかりました。それでは早速作業に取り掛かっても構いませんか?」
「はい、どうぞよろしく。お昼には食堂が営業しておりますので、そちらをご利用ください。休憩も随時お取りになってください。」

 さぁ、草刈しましょうね。ジョニーさん、お手伝いしてくださるんですか? ありがとうございます。ディープ君さんまで手伝ってくださるんですね。申し訳ないですねぇ。今度何かの形でお2人にはお返しさせていただきます。ちみっ子さんですか? ゾンビさんたちと触れ合っていらっしゃるんじゃないでしょうか。
 あぁ、スパモンさんも手伝ってくださるんですね。スパゲティには軍手装備できないと思いますよ。えぇ、無理なんじゃないでしょうか。
 すいません、ディープ君さん、鎖鎌の使い方として決して間違ってるわけではありませんが、演武を披露するのはやめてくださいね。ジョニーさんもマネしちゃダメですよー。

 さぁ、一緒に頑張りましょう。
小説下部に表示される≪小説家になろう 勝手にランキング≫のリンクを踏んでいただけると、結果的に読者が増えることとなり、作者が喜びます。どうかよろしくご協力くださいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ