挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
シュレディンガーのぬっこ 作者:Pー龍

第一章 ねこさんとおっさん

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/60

第二話 ビルへの潜入

4月16日改稿 改稿後は縦書きビューワー推奨ですが、横書きで見たところで問題は無いはず。スマホは相変わらず見づらいかもしれません。
『あんた、何か困り事かい?』
 渋い声が頭の中に響いてきたような気がしますん。

 ん? まさかね。でもひょっとして、ひょっとするんでしょうか?
 さっきから色々とおかしなことがこう連続しているわけだし、あってもいいのかなぁ。
 あり? なし? まぁいいや。とにかく聞いてみましょう。

「このビルへの入り方なんですけど、ひょっとしてご存じ……だったりしますかね?」
『ふむ、やっぱり困っていたようだな。こっちだ。ついて来な。』

 そんな声がやっぱり聞こえてきたような気がしますん。
 ダンディな猫? さまは、2足歩行のままこの俺を先導してくれるようです。

 途中蝶を追いかけたり、突然走り出したかと思えば立ち止まり、見えない何かに向かって威嚇してみたり、ふり返ってドヤ顔で俺を見てきたり?
 えっ、ここですか? わりと近かったですね。その割に少し時間かかったようですけど。はい、時間的に、いまちょっとピンチですよ。

 はぁ、ここ? どれですか? あれ? ……ここから入れる?
 でもそれって、猫ちゃん用のドアですよ。 俺そこから入れませんよ。
 ほら入れって? いやいやいや、ですから、ほら。

「えっとですね、あぁ……、ご案内いただきまして真にありがとうございます。せっかくここへと連れてきていただいたわけなんですけれども……、えー、実のところですね、んー、そこからは、あーちょーっとですね、あのサイズ的に、んー、まぁ、その、んーですね、なんといいましょうかですね、かなり無理、っぽいんじゃないかなぁなんてですね、思う次第であったりとまぁ、するわけなんですよ。」

 片腕ならなんとかなるかな。足はどうだろう無理かもしれないよ。
 そもそも頭入らないしね。

『まじで?』(脳内補完)
「まじです。」

 さっきまでの猫さまのドヤ顔が萎れてしまいました。
 猫さまは腕組み? をして長考に入られるご様子。
 実の所もうあまり時間無いんですけどね。ほぼほぼあきらめかけてますですよ。蝶を追いかけたのが痛かったなぁ。やっぱり途中で威嚇してたのは霊的な何かなのでしょうか。この辺いるんですかね?
 ……………………………
 …(猫さま考え中)…
 ……(考え中)……
 …(考え中)…
 …(考)…
 …………
 ……
《ピコーン!ヒラメイタ!》
 猫さまの顔のドヤ顔復活のご様子。どこかの国の元総理大臣みたいな感じです。
 トラストミーですか? 猫さまはタイヤ会社と関係ないので信じてあげますよ。
 関係ないですよね? 銀行とも関係ないですよね?
 無いようです。宇宙人でもないよね?
 猫さま、足元を指さしてますね。あれ? 指? 猫って指させたっけ?
 マンホールですか?
 そのマンホールから入れる? ふむふむ、本当に? ほんとう?
 さっき、信じるって決めちゃいましたから、やってみますけどね。

 意外と重たいマンホールの蓋。日ごろの運動不足がこうゆうところで響いてきますね。帰ったら南米熱帯雨林でダンベル買いましょう。あとプロテインも買いましょう。そうしましょう。
 マンホールの下は暗くてよくわかりません。
 猫さまが先に入って下さるようです。
 蓋は危ないから閉めとけですか。
 わかりました。そうですね、了解です。
 では、後に続いてみましょう。
 猫さまはそのまま飛び降りてしまいましたが、俺は、はしご段を降りていくので時間がかかります。
 ようやく足が地に着いたと思ったら、突然照明がつきました。

「ンギャー」

 ゴメンナサイ。猫さまのシッポを踏んじゃいました。アイムソーリーです。総理じゃないですけど。
 猫さまが涙目でしっぽをフーフーやってます。

「ゴメンナサイ。暗かったからね。良く見ずに足降ろしちゃった。」

 猫さま、涙目ですが、許してくれました。
 通路がビルの地下へとつながっています。
 良かった。これでどうにか間に合いそうです。
小説下部に表示される≪小説家になろう 勝手にランキング≫のリンクを踏んでいただけると、結果的に読者が増えることとなり、作者が喜びます。どうかよろしくご協力くださいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ