挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
シュレディンガーのぬっこ 作者:Pー龍

第四章 おっさんの冒険

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/60

第十七話 ランチタイム

4月16日改稿 改稿後は縦書きビューワー推奨ですが、横書きで見たところで問題は無いはず。スマホは相変わらず見づらいかもしれません。
「ファミレスでいいよな。ちみっ子、さっきスパゲティ食べたいって言ってたもんなぁ。」
「うむぅ、子どもなら大概好きなのじゃ。さすがに著作権問題ないはずなのじゃ。」
「よっし(ガッツポーズ)。よさげなファミレスあったら入ろうぜっ。」

 俺はちみっ子と手をつないで駅前商店街を歩いていますん。
 どうして子どもって大人と手をつなぐと、ぶんぶん振り回そうとするんでしょうね。
 誰か研究論文書いてみませんか?
 内容次第ですが、たぶんイグノーベル賞狙えると思うんですよ。どうでしょう?
 今ならこのアイデア、無料でご提供いたします。
 授賞式の折には会場へ招待いただければ幸いです。
 ハーバード大学までの交通費とホテル代よろしくお願いします。
 あと、お向かいのバークリー音楽院の見学したいんで、できればもう一泊……
 それはそうと、ファミレスって探すと意外と見つからないもんなんだぜ。

 駅前はファストフードなら色々あるし、パン屋、うどん屋、ラーメン屋、中華屋、蕎麦屋、コンビニ、牛丼屋とかならありまする。
 なんとなくファミレスって郊外にあるイメージだよね。そうなんだよ。駅前に無いんだよ。全然みつかんない。
 ツレエ、オナカスイタ。

「わらわ、おなかすいたのじゃ。限界バリバリなのじゃ。のぅファミレスはまだなのかや?」
「うん、まだみたいだね。」
「もう足が痛いのじゃ。これ以上一歩も歩けぬのじゃ。くるしうない。タケル―、おぶってたもれ。」
「……(葛藤中)……しょうがないなぁ、ほら、いいかっ、おっおう、しっかりしがみ付いとけよ。立ち上がるぞ。いいかっ? いいなっ?
 ――――ちみっ子ってさぁ、おまえ意外と重いんだな。」
「お前さまよっ、お前さまは失敬なやつじゃな。レディに重いとかいうてはダメなのじゃぞ。でりかしーが欠けておるのじゃぞ。」
「それはそれは、たいへん失礼をしましたねぇ。」
「うむ。先月にもな、わらわをおぶってくれてな、それでな、わらわのことを重たい――――ゆうたヤツおってな。わらわカチンときたものじゃからな、父上にそいつに襲われたゆうてやったんじゃ。」
「ごめんなさい。もう言いません。ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。ゴメンナサイ。」
「わかればよいのじゃ。タケルのことは気に入っておるからの、父上に壊されてしまっては、わらわが困るのじゃ。わらわ、おもちゃは大切にするほうなのじゃ。」

 俺の体力がリミット限界に近づいた頃、ファミレスではないけれど、ようやく洋食屋さんの看板が見つかりました。おぉ、営業中の札も出ています。――――よしよし、店内に客もいるようです。あれ? 空席多くね? 流行っているほどではないようですね。でも、ここでいいかな? もういいよね。NOというセリフはないのです。あれ?

「おい、スパゲティあるみたいだし、ココ入るぞ。」
「了解なのじゃ。」

 店内は薄暗くて、色々と(アラ)が目立たぬようになっております。
 見たくないものが見えないというのは便利ですよね。主に経営者サイドに。
 ずいぶんとお年を召した店員さんがメニューと水を持って来てくれましたよ。
 厨房にいるのは旦那さんでしょうか。

「たのもぅ、なのじゃ。」
「すみません、この子が大声出しちゃって。」

 なんで俺が謝っているんでしょうか? いろいろ誤って? 過って? だから謝ってるわけなのですかね?
 どこから間違ってたんでしょう? ひょっとして産まれてきたこと? それは勘弁していただきたい。なにとぞ、ご容赦ください。せめて猫さんと出会った時くらいで……。

「わらわはな、あのな、このたらこスパとな、明太子すぱとな、和風スパゲティとな、それから、えっと、この納豆パスタとな、んー、梅風味パスタをな、大盛りでおなしゃす。」
「そんなに、どこへ入るんだよ。」
「ん? 口の中じゃが? 目の中には入らんぞ。鼻の中は入るかもしれんが、やらんぞ。言っておくが耳も嫌なのじゃ。」
「……ちゃんと全部食えるんだよな?」
「楽勝なのじゃ。楽天は優勝難しいのじゃ。」
「すいません、俺はカルボナーラで。はい。大盛りはしなくていいです。」

 結果、案の定と申しましょうか。当然のことと申しましょうか。
 ちみっ子は大量のスパゲティを俺に回してくれやがりました。
 ――――だよねぇ。こんな量食べたら大人でもインスタント妊婦さんになるよね。
 そもそも、ちみっ子の身体に入るわけないよね。
 わかってたんだ、俺。

「わらわのサドンデスソースかけるかや? かけると味が変わってまた食べやすくなると思うぞよ。」
「No thanks!」

 俺の目の前に並ぶは、スパゲティフルコース。斬新です。
 たらこは前菜。明太子も前菜。オードブルでしょうか。和風スパはメイン。納豆パスタはスープ? なら梅は? 梅はデザート? まだカルボナーラ残ってるんだけど。
 やり直しです。
 たらこと明太子、君らは前菜ね。カルボナーラがスープで、和風スパがメイン。納豆パスタは? 君は付け合せということで手を打とうじゃないか。そして梅がデザートだ。よし。

 よし、じゃねぇよ。
 せめて普通盛りで頼んでおいてくれれば……
 うっぷ……

「ありがとうございました。」
「ごっつぁんです、なのじゃ。」
「げふっ」
小説下部に表示される≪小説家になろう 勝手にランキング≫のリンクを踏んでいただけると、結果的に読者が増えることとなり、作者が喜びます。どうかよろしくご協力くださいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ