挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

読んで安心童話シリーズ

きつねどん かぜひいた

作者:あゆ森たろ
 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいて
 こん こん こん こん
 せき ばかり

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 さて どうだ
 こん こん こん こん
 こまったな

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 こまっていると
 こん こん こん こん
 だれか 来た

 こん こん こん こん
 北から来た
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 きたから きたきた たぬきどん
 こん こん こん こん
 はなしかける

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 どうしました
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 ごらんの とおり
 こん こん こん こん
 かぜ なのです

 こん こん こん こん
 そりゃ たいへん
 こん こん こん こん
 医者に いこう

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 医者なら きっと
 こん こん こん こん
 くすりを くれる

 こん こん こん こん
 そりゃ いいや
 こん こん こん こん
 行きましょう

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 たぬきどんに 連れられて
 こん こん こん こん
 まちを 行く

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 すると こんどは
 こん こん こん こん
 きたから きたきた うさぎどん

 こん こん こん こん
 おや どうしたと
 こん こん こん こん
 はなしかける

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 あれ そういえば
 こん こん こん こん
 たぬきどんも

 こん こん こん こん
 せきが でる
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 おかしいな
 こん こん こん こん
 どうやら ぼくも
 こん こん こん こん
 かぜ らしい

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 どうしよう
 こん こん こん こん
 とまらない

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 こうなりゃ はやく
 こん こん こん こん
 お医者に 行こう

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 ええ そうね
 こん こん こん こん
 あら まずい

 こん こん こん こん
 うさぎどん
 こん こん こん こん
 うさぎどんも せきが でる

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 うさぎどん

 こん こん こん こん
 3びき そろって
 こん こん こん こん
 かぜ ひいた

 こん こん こん こん
 こん こん こん こん
 こん こん こん こん
 しつこい かぜ

 こん こん こん こん
 ふきあれる

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 ごめんなさい
 こん こん こん こん
 かぜを うつして しまいました
 こん こん こん こん
 きつねどん
 こん こん こん こん
 かなしそう

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 だいじょうぶ
 こん こん こん こん
 これを あげる

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 あぶらあげ
 こん こん こん こん
 きみに あげる

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 なかないで きつねどん
 こん こん こん こん
 きみは わるくない

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 さあ 行こう
 こん こん こん こん
 お医者の もとへ

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 うさぎどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 3びきは
 こん こん こん こん
 まちの お医者に
 こん こん こん こん
 着きました

 こん こん こん こん
 お医者さま
 こん こん こん こん
 みて ください
 こん こん こん こん
 かぜを ひいて
 こん こん こん こん
 くるしいです

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 お医者さま
 こん こん こん こん
 まあ なんと
 こん こん こん こん
 どれどれ これは
 こん こん こん こん
 かぜ じゃない
 こん こん こん こん
 これは きっと
 こん こん こん こん
 かんちがい
 こん こん こん こん
 ためしに ほら
 こん こん こん こん
 たぬきどん
 こん こん こん こん
 きみの おなかを
 こん こん こん こん
 たたいて ごらん

 こん こん こん こん
 たぬきどん
 こん こん こん こん
 ふしぎに おもい
 こん こん こん こん
 言われた とおりに
 こん こん こん こん
 たたいて みる

 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たぬきどん
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 はら だいこ
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たぬきどん
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 気が ついた

 ぽん ぽん ぽん ぽん
 そうだ ぼくは
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たぬき でした

 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たぬきどん
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 てれ わらい
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たたき まくる

 こん こん こん こん
 うさぎどん
 こん こん こん こん
 それじゃ わたしのは
 こん こん こん こん
 何でしょう

 こん こん こん こん
 うさぎどん
 こん こん こん こん
 ふしぎに おもって
 こん こん こん こん
 やめて みる



 とまった。



 こん こん こん こん
 うさぎどん
 こん こん こん こん
 きみは なかない
 こん こん こん こん
 お医者は 言った
 こん こん こん こん
 うさぎ だからね

 こん こん こん こん
 あれ しまった
 こん こん こん こん
 僕は 医者なのに
 こん こん こん こん
 せきが でる
 こん こん こん こん
 おかしいな

 こん こん こん こん
 お医者どん
 こん こん こん こん
 ほんとうに かぜ ひいた

 こん こん こん こん
 しかたない
 こん こん こん こん
 くすりを飲んで 休まなきゃ!
 こん こん こん こん
 今日は おしまい
 こん こん こん こん
 さあ お帰り

 こん こん こん こん
 きつねどん
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たぬきどん

 らん らん らん ららんと
 うさぎどん
 それじゃあねと 行ってしまう

 こん こん こん こん
 きつねどん
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 たぬきどん

 こん こん こん こん
 ぼくは きつね だから
 こん こん こん こん
 なきまくる

 こん こん こん こん
 それじゃあ ここで
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 おわかれ かい?

 こん こん こん こん
 うん 家に帰って
 こん こん こん こん
 ゆっくり おひるね だ

 ぽん ぽん ぽん ぽん
 いいえ ちがう
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 こんどは ぜったい だまされない
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 きみは ほんとうは かぜなんだ
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 お医者さまでも
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 だまされた

 こん こん こん こん
 たぬきどん
 こん こん こん こん
 どうして わかったの

 ぽん ぽん ぽん ぽん
 だって ほら
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 お医者さまが かぜ ひいた
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 きみの かぜが うつって
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 お医者さまは
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 かぜひいた

 こん こん こん こん
 たぬきどん
 こん こん こん こん
 そうでしたか
 こん こん こん こん
 きみに しんぱいを かけたくなくて
 こん こん こん こん
 家でゆっくり なおるまで
 こん こん こん こん
 ねるつもりでした
 こん こん こん こん
 ごめんなさい

 ぽん ぽん ぽん ぽん
 だいじょうぶ
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 ぼくが おみまいに 行って
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 かんびょう してあげる
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 さっき わたした あぶらあげ
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 あとで たべてね
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 だって それは
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 おかあさんが くれた
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 すぺしゃる あぶらあげ
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 これを たべれば
 ぽん ぽん ぽん ぽん
 つよくなる

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 かぜ ひいた
 こん こん こん こん
 きつねどん

 こん こん こん こん
 あれから すうじつたって
 こん こん こん こん
 げんきになった

 こん こん こん こん
 今では きつねどん
 こん こん こん こん
 まちの ヒーロー えいゆうだ

 こん こん こん こん
 からだが じょうぶに なって
 こん こん こん こん
 その からだで
 こん こん こん こん
 まちを すくう

 こん こん こん こん
 こん こん こん こん

 でも ときどき ちこくする
 こん こん こん こん

 きつねが こーん



《END》

 作者、風邪ひいて咳がとまらず書いた話。
 読了ありがとうございました。

 この話は『小説家になろう企画 冬の童話祭2015』参加作品、その2です。
 その1はこちら↓
 http://ncode.syosetu.com/novelview/infotop/ncode/n6350cl/
(童話「季節、あげます」)

 ではでは


ブログ あゆまんじゅう。 こちら



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ