挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

輪廻から外して貰えるなら

この輪廻から外して貰えるのなら……

作者:夏本香柚
短編の恋する少女を書いてみたくなりました。

また死ぬのね。子供を身籠ることもできずに。
二度とこの家に生まれたくはなかった。
私は何のためにここで生きるのだろう。

いつもいつも、思い出しては絶望する。
私はこの世で生きている限りこの身体になるのだ。
どの時代に生まれようとも。



もう、何度目なのかすらわからない。
「貴方の子を産みたかった……」
そう告げて逝くのも……


今度こそ、違う言葉が出ればいいけど。







次こそ、違う人生を歩むのよ。
今まで精一杯頑張ったじゃない。

貴方に出会ってまた思い出したけど、今度は大丈夫。
いつものように、貴方に恋をしたけれど。

貴方にはすでに好い人がいたのだから。








「どうして…… 私があなたと婚約をしなければならないの? あなたには恋人がいるじゃないっ」

「何故わかってくれないんだ。この婚約には家の総てがかかっているといってるじゃないか」

「あなたの家の事なんて、私に関係ないわ」

「君の家も、これで持ち直すはずだぞ」

「家の為の結婚なんてしたくないわ。だいたい恋人はどうするの。お腹には子供がいるって聞いているのよ」

「結婚と愛情は別でいいだろう?」

「なんて酷いことを…… まさか彼女にそう言ったんじゃないでしょうね」

「納得してくれたさ。子供の認知はするのだし……」

「私がそれに納得するとでも?」

「するしかないだろう? 君は一人で生きていけるはずがない」

「私は嫌です。あなたと結婚なんてできません」

「我儘をいうなよ。昔はもっと素直だったじゃないか」

「我儘と? 愛人のいる男と結婚したくないのが我儘ですか?」

「親の決めた結婚を断るのが我儘というんだっ」

そう言って、彼は私の頬をはたいた……

「ふぅん。言うことを聞かないならと暴力をふるうのね」

「なぁ。どうすればいい返事をするんだ? まさか、子供を堕ろせというんじゃないだろうな」

「はあ? 私と結婚せず、彼女とすればいかか?」

「もういいっ。どうせお前はでていけやしないんだからなっ」

ドアを叩きつけるように閉めてでていく彼。
ええ、歩くことがようやくの私が飛び出すのは無理ですものね……




どうして諦めてくれないの?
どうして幸せそうな生活を見せつけるの?

あなた達が勝手にくっつけば、みんな幸せになるじゃない。
彼女もその子も、きちんと認められるじゃない。


どうして…………




「あの人は帰ったかしら」

「お帰りになられました……」

「そう……」

ほっとする……
顔を見ない済むことに。言葉をかわさずにすむ事に……


胸に痛みが走る。潰されていくような痛みが断続的に……
うっくぅっ……ずくんずくんと鈍く不正確な鼓動……
ふっふぅぅ……



こんどの終わりは病気なのかしらね……





暫くして痛みも遠のいたので、部屋の中を歩き回る。
どうすれば、いいのかしら……
彼が彼女と結婚できれば、少なくとも二人は幸せになれるはず……

私と結婚しても、彼は彼女とは切れないだろうし……子供もいるのだから……彼女も日陰者と揶揄されるばかり……
そして、そんな絆を目の前にして……わたしはただ苦しむばかり……


そのうち、早く死なないかと待たれるようになるんだわ……そう遠くは無いだろうけど。



「着替えます。用意を……」

「庭でしょうか?」

「ええ、少し外の風にあたりたいわ……」

着替えを手伝ってもらうと、部屋から庭へ通じる戸を開けた、

「少し歩いてきます」

そう告げて庭に降り立つ。ひっかけただけの靴は踵のないサンダル……
風が……身の回りを舞って通りすぎていく。



小さなハーブの花が、風にゆれ、香っていく……

庭の中央に位置する池のまわりに光が舞っている……
きらきらと水面に反射するヒノヒカリ。







『そこから身を投げても死にはしないぞ』

声が……
辺りを見回すが、何処にも声の持ち主は見当たらない。

『見えはせぬよ』

どこからか声が、聞こえる……
まだ狂ってはいないと思うのだけれども……

『どうした、我が守護の娘ごよ』

はっ!

「あなたさまが、私をこの家に縛りつけるお方でございましょうか」

この声のせいで私は苦しむのか?

『縛りつけてなど、おらん』

「なら……私はどうしていつも同じなのです?」

『同じ……と……は?』

「どの時も記憶が絶えずあります……あの木、その石、この池にそそぐ水にさえ、見覚えがあるのは……」


『契約……だ…… 我こそ 縛り付けられておる』

「どうすれば、その契約とやらが無効になるのでしょう」

『我はそなたの血筋と血縁に封じられておる』

「血筋? 私は一度として子を孕んだ事もございませんが」

『言い直そう。この家の血筋だ』

「では!この家の血筋が破棄をすれば、あなたさまも私も解放されるのでございましょうな」

『いや、そなただ。その記憶を持つそなたが破棄を宣言すれば解放されるが。良いのか?守護がいなくなってしまうぞ。そなたの父御も母御も……弟君も、今までのようには行かぬぞ?良いのか?』

「では、お聞き致しますが、守護とは何で御座いましょう。他の方々はお持ちなのでしょうか?」

『いや、与えられるものは極少数だ。だからこそ、何としても欲しがっておるな……』

「では、これからはご自分で頑張って頂くとしましょう」

『本当に良いのだな?そなたの想い人も巻き込まれ……』

「良いのです。あの方は既に他の方に巡り合えておられるのだから」

『そうか…… では、そなたはこれからは異界に魂が送られる事になるが、それでも良いか?』

「ええ。この場所でなければいいのです。記憶も無ければ猶よいと」

『わかった。では我の手をとり祝詞をあげよ』

すると目の前には壮年の偉丈夫が……

大きく厳つい手に私は手を預け……教えられた祝詞を……

『「……………………!」』







池のほとりにて息絶えた娘が見つかったのは、それからすぐの事。

えっと、もしかすると短編の異世界転生につながるかも?

頑張ってみました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ