挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とある世界でチョメチョメし過ぎて帰れなくなった件 作者:ゆーた
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/2

レポートの提出期限はとっくにすぎてる

「わたしの処女を返せー」
女の子はいささか勘違いな言動をする。
第一、処女を奪うも何も変な落とし穴から訳もわからず落っこちて、落ちた先にいた女の子にダイレクトアタックをお見舞いしてしまっただけだ。断じていかがわしいことはしていない。
が、女はどういう訳だか聞く耳を持たない。
いや、耳はヘンテコなうさ耳をしてるが、こちとらの言葉が入らんようだ。参る。
「死んで詫びろー」
んな無茶な。死んだら詫びもへったくれもない。
というかここは逃げるに限る。
おっと、自己紹介がまだだったな。オレの名前はアサギアキト。アキトでいいぜ。
そこら辺のへーへーボンボンな高校生だったが、ウッカリ落とし穴なんぞに落ちたのが運の尽きだ。落ちて早々被害妄想女子に追い回されるなんて嬉しいやらしょーもないやら。
「だーかーらー、誤解だってんだろっ」
「言い訳は聞かないわよ。大人しく私にやられなさい」
「なんでそうなるの」
うさ耳女は走るのをやめた。こっちが止まったからだが。
「とくにかく、ここの世界じゃ男から体の一部に口づけされたら、結婚するしかないのよ。だから責任とって私と結婚しなさい」
「だが、断る」
「断っても無駄よ。そーゆー決まりなんだから。観念しなさい」
「ならば敢えて言おう。私は強情な女は嫌いだ。うさ耳は許せるがツンデレのツンしかない女なんぞ願い下げだ。じゃそゆことで」
ん、腕に重みが感じる。後を見ると怨念凄まじいうさ耳女の手がオレの腕を離さない。
「はなせ、カス」
「誰がカスよ。このロクデナシ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ