挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
お隣は貴公子 作者:みくも
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/12

12 淵野くん

 日頃の行いって、こう言う時に響くよな。
「守ってるの、私だし」
 調子に乗っていたとは言え、それは変わらないと思うんだ。そしてこいつは、今まで私を盾にしてきた男である。ちょっと、あんまり、頼りにはできない。
 淵野はショックを受けた様に息を飲み、おろおろと呟く。
「あれは……だって」
「だって、何だよ」
「だって……何か、ふみさんすごい助けにきてくれるから……あー、まだ見捨てられてないんだなー……って」
 へらへらしてても、情けなくても、思ったのと違ったなどと勝手に失望する事もなく。おめーはほんとしょうがねぇなと、怒りながらも救助に現れる私の姿に。
「ちょとしたほの暗い喜びが……」
 伏せた目を逸らしながら言った淵野に、思わず拳を繰り出した。それはがつりと結構な音をさせ、形のいい額にぶつかった。
「お前ほんっとそう言うの駄目だぞ!」
 人の心を試してはいけない。様な気がする。
 私の鉄拳制裁に対し、淵野は額を押さえて涙目に訴えた。
「だって! だってふみさん解らないんだもん! 僕だって不安なのー! 愛情を確認したかったのー!」
「おっまえマジ……ほんと、マジ……やれんだったら最初から自分で何とかしろよ!」
「それはほんとにやれないの! みんな、僕の話とか全然聞かないの! 全然! ほんとに! ふみさんいつもありがとう!」
 お互い切れ気味に叫んだ辺りで、何の話だったか解らなくなった。どっと疲れて、私達はのろのろと椅子に座り直す。
「……何の話だっけ?」
「解んないけど、ふみさんがそろそろ僕と本格的に付き合うって話にしとこうよ」
 確実に違う。でも、それで思い出した。
「だから、そうやってふざけるのやめろ。そのせいもあんだよ。勘違いしたの」
 甘えてくるのを甘やかしてるつもりで、結局私が甘えてしまった。まるで特別。まるで恋人。無自覚なまま、調子に乗った。
「何で勘違いなの? 僕、さっき言ったよね。ふみさんに会うまで、誰にも好きなんて言わなかったって。今も、ふみさんにしか言わないよ」
「知らねぇよ。大体、いっつもふざけながらそう言う事言うじゃん」
 ふざけてるのに、いつの間にか真に受けていた。私もほんと、救えない。
「……言えないよ。そんなの」
 呟く様にぼそりと言って、淵野は私からグラスを奪った。なみなみとワインを継ぎ足して、一気にあおる。そして空のグラスをじっと見詰めて目を伏せた。
「本気だから……恐くて。ふざけたみたいにしか言えないんだよ」
 はっ――、と。
 息が零れた。体が何かに圧迫されて、肺の空気が勝手に抜ける感覚だった。淵野は何もしていない。それでもこの息苦しさは、淵野のせいだとはっきりと解った。
「本気だよ、ふみさん。本気で、ふみさんが好きだよ。好きで好きで、どうすればふみさんを僕のものにできるのか、いつも必死で考えてるよ」
 ガタン! と、椅子が。私の足の後ろで鳴った。私は押される様に立ち上がり、そのまま数歩、テーブルから離れた。
 これは、駄目だ。
「淵野……この話、やめよう」
「ダメだよ、ふみさん。……何が恐いの」
 何が。何が?
 だって、私は狡いから。
 自分は他と違うって顔で、淵野のそばにいた。でも何も変わらない。淵野の気持ちを考えもしない、身勝手な女と変わらない。
 いや、もっと悪かった。興味がないって顔をして、真正面からぶつかろうとさえしない。愛して欲しいと乞いさえしない。
 その癖に、心のどこかで淵野は自分のものみたいに思い込んでいたのだ。
 あぁ、恥ずかしい。あぁ、何て臆病。
 私は私に失望していた。
 そして酷く、むかついていた。
 自分だけは正義みたいに信じてたのに、全然そんなんじゃなかったんだ。守るんじゃないのかよ。私まで、こいつを傷付けてどうすんだ。
「恐いよ、僕も」
 淵野は俯き、テーブルに載せた自分の手を見ながら静かに立った。そしてそのまま迷う様に、それでも思い切る様に、両手を一度強くにぎって頭を上げた。
 何かを決めてしまったみたいな、それともすっかり途方に暮れてしまったみたいな。真正面から見た淵野の顔は、ぐらぐらと、しかし気圧される様な何かがあった。
 きれいでも、甘くもない。淵野が私に浴びせたのは、ただどろどろと絡め捕る言葉だ。
「ふみさんに嫌われるのが恐い。ふみさんがいなくなるのが恐い。だけどふみさんがどこかへ行くなら、嫌われたって無理にでも捕まえてしまいたい」
 いつの間にか、囚われていた。
 体の横にだらりと垂らした私の手に、大きな手がひっそりと触れる。肩の上には頭が軽く押し付けられて、ふわふわの茶色い髪が私の頬をくすぐった。
「ふみさん、ごめんね」
「何で」
 謝るの。
「ごめん。だって、ふみさんがいないとダメなんだ。僕はもう、ダメなんだ」
 苦しげに、ゆらゆらと。不安定なその声は、きっと淵野が震えているせいだろう。
「ごめんね、ふみさん」
 解らない。何で淵野が謝るんだろう。
 謝るべきは、私だろう。私は狡い。そして汚い。その汚さを淵野が知ってしまうのが恐い。淵野に失望されるのが恐い。
 だから、今すぐ放してしまいたい。なのに、ずっと離さずいて欲しい。
 もうさ、何か。
「淵野。多分だけどさ、私も駄目だよ。頭ん中ぐっちゃぐちゃで……何かもう、駄目だよ」
 淵野の背中に私がこわごわ片手で触れると、彼は両手できつく私を抱き締めた。
「そっか。ダメだね、僕達は」
 恐くて恐くて仕方がないのに、触ってしまうともう駄目だった。熱を持った様に頭の芯がぼうっとなって、私達は馬鹿みたいに長い時間互いに互いを離せずにいた。

 私は朝食を待ちながら、眉間のシワをぐりぐりと揉んだ。
「虫がよすぎると思うんだよね」
「何が?」
 不思議そうに言うのは、キッチンの淵野だ。
「私は淵野の近くにいる訳でしょ?」
「うん。いてね。ずっと」
「自分は近くにいる癖に、他の女には寄ってくんなって蹴散らすんだよ。でも今は、私も淵野の事が好きな訳」
「ふみさん、今のもっかい言って」
「私にも下心があるんだよ。正義は死んだ。こうなっちゃうと、ただの独占欲だと思うんだ。最悪だよ。私はもう駄目だよ」
「いいね、独占欲。出して出して。どんどん出して」
 味噌汁と玉子焼きの朝ご飯をテーブルに並べ、淵野は私の隣の椅子に座った。
「何で隣」
「正直顔が真っ直ぐ見れない」
 お前にそんな人間らしい感情があったのか。
 昨日はお互い、どうかしていた。
 私も淵野もうっかり胸の内を吐き出し過ぎて、何かもうこれ、飲まなきゃやってらんねぇなーって。二人そろって浴びる様に酒を飲み、そのまま潰れて朝を迎えた。
 思いをぶつけ合った恋する二人の、初めての朝。酒臭く、顔は腫れてて、すすった味噌汁が臓腑に沁みる。
「僕さぁ、解らないんだけど。ふみさん的には何がそんなにダメだと思うの?」
「何ってお前……」
 何となくだよ。
「僕も好き。ふみさんも好き。二人仲よし。何がダメ? ありもしない問題を考えてるから、答えが見付からないんじゃない?」
「えっ、何それ賢そう」
「僕ね、多分、ふみさんが気にしてる事いっぺんに解決する方法知ってると思うよ」
 箸で玉子焼きを割りながら、淵野が言う。
「僕はふみさんのもの。ふみさんは僕のもの。そう言って約束すればいいんだよ。周りにも知らせてさ。そうしたら、自分のものを独占するのは当たり前。そうでしょ?」
 僕も嬉しい。ふみさんも嬉しい。周りも納得。素晴らしいよね! 勝者しかいない!
 淵野は、きらきらしい顔で自分の考えを絶賛した。それを見ながら、私は思った。
 何だよこいつ。天才かよ、と。
 どうかしていた。酒が残っていたせいかも知れない。
 それただの結婚もしくは恋人じゃねぇか。
 私がそんな突っ込みを思い付くにはもうしばらくの時間と、アルコール血中濃度の低下が必要になる。
 実際にそう突っ込むと、淵野は何だか楽しげに笑った。ヘーゼルの瞳をきらめかせ、どこか熱っぽく、夢見る様にきれいな顔で。
「いい考えでしょ? ねぇ、ふみさん――」
 笑いを含んでそう言うと、触れそうに寄せた唇で続きの言葉を耳元で紡いだ。
 馬鹿みたいに甘ったるい声で、内から溶かすかの様に遠慮なく熱烈な言葉を私に注いだ。

  (了 Copyright(C) 2017 mikumo. All rights reserved.)
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
cont_access.php?citi_cont_id=238097047&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 650 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 842 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
モテる幼馴染みをもった私の苦労

小学校でいじめにあった。多分。 相手は自分こそがいじめられたと、まわりを味方につけて私を孤立させた。 やたら大人びた私は相手にせず戦線離脱。バカに構う暇があるな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全48部分)
  • 636 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 20:49
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部分)
  • 687 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 00:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 847 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 797 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 775 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 618 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 22:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 639 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※2017年8月12日 KADOKAWAビーズログ文//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全54部分)
  • 769 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 21:40
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全177部分)
  • 706 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 00:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 657 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 656 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 00:00
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 679 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全64部分)
  • 610 user
  • 最終掲載日:2017/07/14 04:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 610 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 643 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 710 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全15部分)
  • 691 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 23:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 776 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 661 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部分)
  • 839 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全296部分)
  • 1053 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 02:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 783 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 612 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 21:13
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 616 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全89部分)
  • 626 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 12:00
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全50部分)
  • 667 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 21:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 670 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全92部分)
  • 619 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 11:39
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全49部分)
  • 785 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 18:00
↑ページトップへ