挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水色桔梗ノ末裔  作者:げきお

天下一統への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

90/124

90話 信澄の決意

天正十年六月五日
大坂城を離脱した津田七兵衛信澄は、尼崎からの軍勢と無事合流した。
事前に準備していたこともあり、死傷者は少なかったが、殿を務めた渡部源右衛門は兵の半数近くを失っていた。

「源右衛門……苦労をかけたな。生きてまた会えて嬉しいぞ……」
信澄はそう労った。

「殿、勿体ないお言葉……某、一生殿について行きますぞ」
源右衛門はそう言って涙した。

「与三郎、此処に至り、三七殿……いや、織田家中とは敵同士という事に相成った。この上は、家臣とわし自身のために戦わざるを得ぬ。一先ず河内に進軍し、交野城を接収する。暫し休息の後すぐに出立いたす」
信澄はそう手配りした。

「しかし殿、その後は如何される?何故河内なのでござるか?
尼崎に戻り、籠城するという手もあるかと……」
与三郎は今後の戦略を疑問視したのだった。

「尼崎は、羽柴筑前が戻るまでは安泰であろう?池田殿単独では攻めはせぬ。
それよりも、摂津や河内の国衆に、わしの存在を誇示し、味方につけるのじゃ。義父殿と手合いするかどうかは語り合ってから決めたい。
それに、傍目から見れば、わしと義父殿が味方同士に見えよう?さすれば、彼奴らは容易に羽柴方に与力することはあるまい?」
信澄はそう語ったのである。

「さすがは殿でござる。御見それいたしました……
そこまでの深謀遠慮があったとは……」

「うむ。もっと褒めてくれてもよいぞ?ワッハッハッハ」

こうして、昼前には信澄の軍勢二千五百は、河内交野城を接収し、修築を始めたのである。大坂城での変報はすぐに畿内各地に伝播した。また、秀吉からの調略が伸びていた、筒井順慶や高山右近、中川清秀も容易には動けなくなったのである。




一方、此処は和泉国岸和田城である。蜂屋兵庫頭頼隆が城主を務めていたが、大半の軍勢を動員したため守備兵は少なかったのだ。
それを見た雑賀孫市は、堂々と大手門から鉄砲を撃ちかけた。所謂、威嚇射撃である。その後城兵に向かって大音声を上げた。

「わしは雑賀の孫市じゃ~~っ 蜂屋の兵達に告げる。
今すぐこの城から立ち去れ~~~っ でなければ皆殺しにするぞ~~っ」
まさに言葉での過剰な脅しである。
だが、織田家中において、「雑賀孫市」の名は鳴り響いている。
少数しかいない城兵は、この言葉で完全に戦意喪失したのであった。
すぐに城兵から城を明渡し、落去する旨、申し出があったのだ。
そして、全くの無傷で岸和田城を占領したのである。
その後、大坂城から引き揚げてきた、孫三郎の軍勢を収容し、割拠するに至った。

これ等一連の情報は、大坂城で逼塞している、三七信孝にも伝えられ、さらに信孝を追い込んでいった。丹羽長秀は、それでも信孝を励ましていたが、本人は戦う気力もなく、酒に溺れるしか術がなかったのだった。

「三七殿……この体たらくは何事でざるか?
我等、まだ負けたわけではござらぬ。何故立ち上がろうとされぬのです?
上様が何と申されようか……」
長秀は何とか信孝を励まそうと必死であった。

「五郎左衛門か? ふんっ……今更どうせよというのじゃ?
雑賀が寝返り、筑前も畿内に戻らぬ。
岸和田も落ち、周りは敵だらけではないか?
大坂に居っても、何も良いことなどないわ~っ」
投げやりに信孝は答えた。

「三七殿……情けない事を申されるな……
この城にはまだ、三千以上の兵が居るのです。
誰もが、三七殿を大将に仰いでおるのですぞ?
踏み止まれば、必ず光が見えまする」

「もうどうにもならぬわ……わしは伊勢に戻るぞ……」
信孝はそう言って、長秀の説得を撥ね付けた。
そして、早々に逃げ出す準備を始めたのである。
長秀もこれ以上の説得を諦め、仕方なく伊勢へ落去するしかなかった……



一方、惟任日向守光秀は、近江の仕置きを終えると六月五日、一万の軍勢を率いて京に向かった。神速の行軍で夕刻には京に到着したのである。そこで、大坂から戻った琴音から報告を受けたのであった。
琴音は大坂城から出た後、事の顛末を見届け、光秀の元に赴いたのだった。

「大殿様、七兵衛様は無事大坂城から脱出し、尼崎からの軍勢と合流した後、河内交野城に入られました。そこで大殿様とお会いしたいと……
城内でもずっと悩んでおられました。最後まで三七殿と合力するつもりであったようです。ですが、此処に居たり、致し方なく割拠されたと思われます」

「琴音、ご苦労であった。疲れたであろう?
しかし、七兵衛は不器用な男じゃ……事前に打ち明けられなかったわしの責任じゃな。申し訳ない事をした。じゃが、羽柴筑前が戻れば、尼崎は落ちるであろうし、七兵衛は明らかに織田家の敵となった。単独では戦えまい?
何としても、わしに与力してもらわねば……
一度じっくり話して説得するしかあるまいな……」

「はい。ではその旨、私が使者としてお伝えいたしまする」

「琴音……とにかく休め。いくら若いお前でも限界というものがあろう?
明日には河内へ出陣する故、わしと同道するのじゃ。よいな?」
光秀は強引に琴音を引き留めたのだった。


同じ頃、河内交野城に軍勢が駆け付けた。
関万鉄斎盛信率いる、七百である。盛信は大坂城内で後衛に居たのだが、雑賀衆の寝返りを見るや、すぐに城外に脱出し、情勢を見極めていたのである。
そして、大坂周辺が信澄と雑賀衆に固められたと見るや、信澄に与力を申し出たのであった。すでに老境に達している盛信が、信澄に相対した。

「七兵衛殿……此処に至っては某も同心したいと思い馳せ参じました。
過去の遺恨を水にして頂き、お願いいたしたい。
と申しても、某も成り行きで三七殿に従ったまで……
七兵衛殿や、日向守殿と事を構える気は毛頭ござらぬ」
盛信は悪びれずにそう語った。

「入道殿のお気持ち、某、嬉しく思う。
この上は、力を貸していただきたい。良しなに頼み入る」
信澄も快諾した。

「ありがたや……三七殿にも七兵衛殿ほどの器量があれば……
今更言っても詮無きことでござるが……」
盛信はそう嘆息して見せた。

「三七殿は憐れな御仁じゃ。わしは恨んでも居らぬ。
この上は、わしも乱世を一人の偉丈夫として生きるのみにて……」

「頼もしい限りでござる。ですが、今後の方策はおありか?
羽柴殿が戻れば、些か厳しい戦いを強いられましょう?」
盛信は肝心な話に踏み込んだ。自身の命運も関わるからである。

「さての……ただ、今更織田家と同じ船に乗る訳にもいかぬであろう?
まずは我が父、日向守と話してみるつもり……
上様弑逆の意図を確かめたいのじゃ。
大儀の無い謀反であれば従う訳には……わしの矜持が許さぬ」
信澄は素直な気持ちを吐露した。

「七兵衛殿のお考え、確かに立派でござる。
されど、老婆心ながら申し上げる。
我らだけでは、織田方に立ち向かえますまい。
命脈を保つためには選択肢は一つしかないように思われますが……」
盛信は内心では光秀に与力したいと思っているのだ。

「忠告は有難く聞いておこう……
それより、領国は如何される?伊勢は織田方の巣窟。
此処に居っては心もとないであろう?」
信澄は盛信に気遣いを見せた。

「お心遣い、痛み入りまする。
されば、お許し頂ければ、息子を帰し、備えたく思いますが……」

「万鉄斎殿は伊勢にお身内も多かろう?
その方々に同心するよう説得して頂けぬか?
左様動かれた方が今後のためにも良いと思うが……」
若さに似合わず、信澄は情勢を読み取っていたのだ。

「成程……さすがは七兵衛殿。
後ろにも目がついておられるのですな?
お任せ下され。伊勢で反織田の勢力を築いて見せましょうぞ」

「うむ……頼み入る。そして、万一わしや、義父殿が敗北するようなことがあれば、ご自身で行く道を決めて下され。このような事で家名を無くすことはない」

「はははっ……重ね重ねお礼申し上げる。
ですが心配はご無用。某は先日来、七兵衛殿をずっと見て参ったのです、
信頼し、命を預けられると思うたからこそ与力を申し出たのです。
期待を裏切ることは誓って致しませぬ」
盛信は意気を感じ、忠誠を誓ったのである。

天正十年六月五日。すでに覇王信長がこの世を去って三日である。
戦国の英傑たちの思惑が交錯し、絡みだしていた。
そして、未来からの転生者ははどう動くのだろうか……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ