挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水色桔梗ノ末裔  作者:げきお

本能寺への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/125

7話 画策

安土からの帰路、俺は父光秀と共に御座船のなかにいた。
琵琶湖を船で、坂本まで帰るのだ。
水面に浮かぶ船は、あたかも、今の自分のように感じられた。
そう……歴史の波間に浮かぶ小船だ。

今は1580年6月……あの時までは2年足らずである。
書物を読み漁り、戦の在り様を秀満叔父や、父の光秀、伝五、庄兵衛などから聞きまくり、それなりの知識は得たつもりではある。
だが、理想とする歴史変革を成し遂げるには、足りないのだ。
そして何より、心の底を打ち明けるべき友がいないのだ。
当たり前だ。「俺が450年後から転生した人間である」
と告白すわけにはいかない……
ましてや、言ったところで狂人としか誰も思わないであろう。
ただ一人、「あの男」を除いては……

「父上……十五郎から一つお願いの儀がございます」

「なんじゃ?申してみよ」

「某、この戦国の世をもっと知りたいと思うておりまする」

「ワシに言わせれば、そなたは十分広い目を持っておると思うがの」

「いえ、足りませぬ。情報の重要さは父上が一番わかっておられるはず……
織田家中はみな、上様の軍略故に盲従するところがござります。
広い視野を持ち、常に情報を得る努力をしておられる方は、父上の他は、羽柴殿以外は浮かびませぬ・・他家もしかり……没落する大名家はみな、影働きを軽視したが故と……某は思うておりまする」

「源七とその配下の者……某にお貸しくださりませ」

「そなたが使いこなすと申すか?」

「はい……某は源七を兄のように思うておりまする。
源七も、某を弟のように思うてくれておりまする。
必ずや命を賭して、働いてくれるものと……」

「間者というものは、情を以って使うものではないぞ」

「はい、ですが、源七は違うと思いまする。
源七は、父上の事を実の父のように思うておりまする。
必ずや、期待に応えるものかと……思いまする」

「……」光秀は腕を組んで瞑目した。
光秀にとっても、源七含め、甲賀組の面々は無くてはならない存在なのだ。

「わかった……源七とその配下4名をおまえの配下に与える。
源三他、他の面々は今まで通りワシの影働きをやってもらおう」

「有難き幸せ……必ずやお役に立てるよう粉骨致しまする」

「堅苦しいことを言わんでもよい……おまえは我が跡取りじゃ」

「が、一つだけ。
今まで通り、お前の得た情報は隠さずワシに伝えよ……
それが条件じゃ……よいな」

「はい、お約束いたしまする……」
父に嘘をついてしまった……
まだ今は父に話せないことを、俺は探ろうとしているのだ。
そう、諸国の人材を発掘すること。
それは、淡い期待を抱いている、俺と同種の人間……
転生した者を探し出すということなのだ。

数日後、他国から戻った源七を呼び出した。
それも人目を避けた坂本城下の外れにある、とある豪農の空家である。
俺は庄兵衛の目を盗んで、抜け出してきたのだ。

「若殿……困ります。庄兵衛殿から私が叱責を受けまする」

「固いことはなしじゃ、源七……
実は父上から、お前たちを我が配下にとのお許しを頂いた。
以後よしなに頼むぞ……」

「まことでござりますか?……いや、しかし……」
源七は信じられぬ……といた面持である。

「まことじゃ。今後はおぬしらに影働きを頼み入る」
配下の4名は目を白黒させているが、無言である。

「ワシの心根を包み隠さず申す故、力を貸してほしい」

「若殿のためならば、某、死をも厭いませぬ。
その心根をお聞かせくださりませ……」

「父上には、より多くの情報を他国から得るためと言っておる。
じゃが、それ以外にもう一つ、人を探したいのじゃ……
何でもよい、普通では考えにくい技能を持つ者……
ワシのように神童などど噂されるような、変わり者じゃ」

「配下にせよとは言わぬ。
その者の素性、どこに住まうのか、どういった変わり者なのか……
それが知りたいのじゃ」

「なんと……影働きとはまた違った役目にござりますな?
承知いたしました。これより、日ノ本くまなく探しまする」

「源七、頼み入る……弥一、疾風ハヤテ、初音、琴音……
お主らも頼み入るぞ……」
こう言って俺は頭を下げた。

「承知……」皆が一斉に唱和し、風のように消えていった……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ