挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水色桔梗ノ末裔  作者:げきお

本能寺への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/124

57話 甲斐武田の命脈

三人の男が相対している……
微妙な沈黙が流れていたが、信幸は意を決して語り始めた。

「父上、これから話すこと、主家武田家に対して酷な内容かもしれませぬ。
ですが、日ノ本の未来のため故、お話しいたします」
そう言って、信幸が前置きした……

「実は、某は転生者であると申しましたが、実は他に五人いるのです。
未来で某の友人であった者たちなのです。それが、この戦国の世に同じように転生しているのです。当然、某と同じように未来の歴史を知る者達なのです。
そして、ある者は未来の技術も色々知っているのです。
実は、その者達と何度か会い、歴史改変をするために、力を合わせることになっておるのです。ですから、例え意に添わぬ場合でも、受け入れて頂きたいのです。誰かが勝手に動くと、計画そのものが瓦解し、狂いが生じるやも知れぬのです……」
そして、信幸は続けた。

「結論を申しますと、歴史通りに武田家は滅びた……と見せかけまする。
今後の戦いにおいて、武田家が無暗に抵抗すれば、徒に犠牲者が増えるのです。例え戦ったとしても、滅亡が遅くなるだけで結果は変わりませぬ。ですから、「一度滅びた」……と見せかけるのです。
そして、信長が倒れた後、勝頼公にお立ち頂き、武田家を再興するのです。
私が知る歴史において、信長が死んだ後、甲斐・上州・信濃は軍事的に空白地帯となりまする。そして、この地域は徳川・北条・上杉の三者での争いがあり、武田旧臣もその時に別れ、戦いを繰り広げまする。そこで、勝頼公がもし生きておれば、大きな勢力として対抗できるかもしれませぬ。
地政学的に、大国に囲まれますが、その頃には上方で明智殿が一時的に天下を治めておられます。我らは明智家と同盟を結び対抗致します」

「いや待て、何故に明智なのじゃ?謀反によって信長公を討てば、外聞も悪かろう?上方で天下を治める事……まことに可能なのか?」
昌幸が疑問を呈した……

「ご懸念には及びませぬ……必ずそうなります。
なぜなら、明智の嫡男、十五郎殿が転生者であるからです。そして、そのために他の転生者も協力するのです。
他の転生者というのが、私の他には、その「明智十五郎殿」……
父上もご存じの「望月千代殿」そして、以前武田家にいた「大蔵長安殿」
他には、雑賀衆の頭領、雑賀孫市殿の嫡子、鈴木孫三郎殿。
そして、四国の覇者、長宗我部元親殿の嫡子、長宗我部弥三郎殿です。
信長が倒れた後、彼らが協力し、畿内を制圧するのです」

そして、信幸が続ける……

「最終目標は、明智殿に天下を統べて貰うのです。
我が真田家、そして武田家は有力な同盟者として、明智の天下取りに協力し、存続いたします。そして、明智が幕府を開いた後、日ノ本を発展させ、世界の強国にするのです」

「しかし、それで本当に歴史が変わるのか?」
昌幸が、またしても疑問を投げかけた。

「はい。必ず変わります……なぜなら、日ノ本はその後世界に進出するのです。
革新的技術の進歩によって、世界を席巻致します。日ノ本の東の海の果てに、「アメリカ大陸」という処がございます。そこは日ノ本よりはるかに大きく、豊かな国なのです。今はまだ未開の土地で、少数の原住民が棲むのみです。そこに「移民国家」を建設致します。
この時点で、世界の国々の力関係が大きく変わります。
なぜなら、450年後の世界で、その「アメリカ」という移民国家が世界一の超大国だったからです。世界最強の軍事力を持った国だったのです」

「そうか……しかし、そのような計画、果たせるのか?」
伴天連や、諸外国が黙ってはおるまい……」

「確かにそうかもしれませぬ。ですが、我々には未来の知識があるのです。
転生者六名の技術的知識だけでも、この時代では考えられぬものばかりです。
そこで、天下に平和が訪れた後、日ノ本の民の教育に力を入れます。
全員が読み書きは無論、我らの知識を学ばせるのです。
そうすれば、可能であると信じます」

「わかった。俄かには信じがたい話だが、武田家を救うには選択肢は無かろう?
まずは勝頼公・信勝様が生きておれば、滅びはせぬ。もし本当に、信長公が斃れる事があれば、お前の言う事、信じようではないか?
そのために、わしは全力で武田の家を守ろうぞ。
して、その方策だが、何か腹案があるのではないか?」
昌幸が具体策を問いかけた。

「ござります。史実では、父上が勝頼公の落ち延びる先として、岩櫃城を提案するのです。しかし、結局は勝頼公は、小山田殿の岩殿城に向けて落ち延びまする。
そして、小山田殿の寝返りにより、岩殿城に落ちることも叶わず、天目山に向かわれるのです。その途上で織田の軍勢に囲まれ、自害なされます。
ここで名門、甲斐武田が滅びるのです」
更に信幸が続ける。

「某の考えは、勝頼公の一行が自害なさる直前に、忍び衆を使い、お助けいたします。ですが、勝頼公がご自害なされたという「事実」が必要になります。そこは、その時に考えるより他はございませぬ。
その時の随行には、土屋殿、大熊殿、小宮山殿らが居られたはず。
無念ですが、彼らの力も借りねばなりますまい‥‥‥」

「わかった。ではわしは、勝頼公を匿い、今後の方策を練るとしよう。
それとな‥‥‥哀れではあるが、随行されておる方々には死んでもらわねばならぬ。ここでは勝頼公・信勝様の死が絶対条件じゃ。そして、その裏側を知るものは生かしてはおけぬ。
左近と忍び衆を動員して、必ず成し遂げよ‥‥‥よいな?」
昌幸は、冷酷な策を伝えた。

「は‥‥‥い‥‥‥致し方ありませぬ。
某が、源次郎と共に同行し、土屋殿らをまずは説得いたします。
土屋殿らは、滅びゆく主家に最後まで忠義を尽くさんとしておられます。
よろしゅうござりますか?」

「わかった。だが、説得能わぬ時は容赦なく葬るのだぞ。
でなければ、意味がない。何としても成し遂げよ‥‥‥よいな?」

「承知いたしました‥‥‥」
信幸は、唇を嚙みしめた。源次郎も涙を堪えている。
自分たちの策が、忠義の者の犠牲の上にしか成立しないことが、歯痒かった。

それから間もなく、新たな知らせが入った。
勝頼が、木曾の人質を処刑し、討伐軍を派遣したというのだ。
そして、満を持して、織田軍団が侵攻を開始したのであった‥‥‥

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ