挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水色桔梗ノ末裔  作者:げきお

本能寺への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/126

47話 安土にて……

俺は身なりを整え、船で安土に向かった……上様に拝謁するためである。
二度目なので、城下も勝手がわかり、迷うことはなかった。
相変わらず、人々の往来も多く、活気にあふれている。
来訪を告げると、最上階まで案内された。
初めてみる、安土城の内部である。
俺は、未来の知識である程度知っていたが、実物を見ると感慨深いものがあった。そして、その絢爛豪華さに圧倒された。信長のセンスは、改めて凄いと感じた……

俺は最上階につくと、平伏した。
「明智十五郎光慶、お召しにより参上仕りました……」

信長は外に出ていた。欄干にもたれ掛かりながら、琵琶湖の景色を眺めていた。
「十五郎……近う……おまえも景色を眺めぃ」

いきなりで焦ったが、俺は従った。信長と並んで琵琶湖を眺める。
「どうじゃこの景色は?」

「はっ。素晴らしきものにござりまする」
俺は当たり障りなく答えた。

「景色などに興味は沸かぬか?さもあろう……」

「いえ。初めてで感動しておりまする……」

「ハハハッ……本音を言え。わしももう飽きたわい」

「いえ、そのような……」

「まあよい。さて、中に入るか……」
そう言って、信長は座り、いつものように胡坐をかいた。
最上階は一間半四方で、広い空間ではない。
部屋の内部は、金箔が張り巡らされている。少し眩しく落ち着かない。
このような至近距離で、信長と相対するのは、さすがに緊張した。

「暫く見ぬうちに、逞しくなったの?良い面構えじゃ……」

「はっ。恐悦至極にござります」

「ところで十五郎?いくつになったのか?」

「はい。十五になりまする……」
俺は数え年で答えた。

「そうか……そろそろ頃合いじゃの?」
何が?俺はすこし心臓がバクバクした……
そして次に、信長が発した言葉に驚き、困惑した。

「ワシの娘を遣わす……我が婿になるのじゃ……」

「…………」
 マジか?俺は固まってしまった……

「なんじゃ?不服はあるまい?」

「ハッ……はい……有難き幸せ……」
俺は、そう答えるのが精いっぱいだった。

「まだ、十になったばかりの小娘じゃが、おなごはすぐ大人になる。ハハハッ
公家に遣わすつもりおったが、わしは決めたぞ……」

「ハハッ~~ッ」俺は冷や汗が噴出した。

「十五郎よ……来年には日ノ本の天下も治まろう?
そうすれば、婚儀を進める。そして、唐土もろこしに攻め入る。
おまえも一緒に来るがよい。日ノ本以外の天下を見聞しようではないか?」

「どうじゃ?夢が広がるであろうが?
そして、見たこともない土地に巨城を建て、共に景色を眺めようぞ……」

感動していた。胸が張り裂けそうだった……
俺は、この「織田信長」を斃す計画の首謀者なのだ。
色んな感情が沸き上がった。
間近で見る、「信長」という人物に引き付けられた。
大蔵長安が言った、あの「言葉」……
信長にしか、日ノ本を強国にする覚悟はない……
妙にそれが思いだ出され、胸に響いていた。

「まずは、来年早々に甲州を攻める。信忠が総大将じゃ。
あ奴にも、お前ほどの器量があれば……のう……」

「いえ、某などは……」

「謙遜せずともよい。ワシが選んだ婿よ……ハハハッ
武田攻めでは、ワシはゆっくり行軍する。
おまえも初陣せぃ。キンカンも一緒にの」

そして、いきなり大声で小姓を読んだ。
「お乱……お乱はおるか~~?」

森蘭丸成利が、15秒後?には駆けつけていた。

「お乱……例のモノを持ってまいれ。すぐにじゃ」

「ハハッ。しばしお待ちを……」

信長は、まだか?と言わんばかりに、じれったそうに待っている。
俺は、冷や汗をかきながら、下を向いていた。
もう困惑して、思考回路が働いていない。
そして、何人かの小姓が、「例のモノ」を担いで持ってきた。

「どうじゃ?おまえの初陣の祝いじゃ……」

その光景に、俺は口をポカンっと開けたままだった。

「何を呆けた面をしておるか?ハハハハハッ……」

そこには、絢爛豪華けんらんごうか南蛮胴なんばんどう当世具足とうせいぐそくと、陣太刀、そして、鮮やかな「水色」の陣羽織が飾られていた。そして、兜の前立てには、三日月と桔梗紋。
陣羽織の背中にも、白抜きの桔梗紋の意匠が施されていた……

俺は、あまりの感動に、手が震えていた。
21世紀で、紛い也にも戦国オタクであった俺が、あの「織田信長」にこのような扱いを受けていることに、得も言われる感動を覚えた……

「わが婿の初陣じゃ。恰好つけねばの~~ハハハハッ」
信長は、かなり上機嫌のようだった。

「ははっ。某のような若輩者に、このようなお計らい……
お礼の申しようもござりませぬ」
俺は、タタミに額を擦り付け、平伏した。

「うむ。重畳じゃ……見事、初陣を果たして見せよ」

「ははっ……」
俺は、これ以上の言葉がなかった。

「毛利、長宗我部を平らげれば、九州・東国は自然と従おう。
そうすれば、朝鮮に渡る。おまえに先陣を任そうぞ……ハハハッ」

もうすでに、そこまで計画しているのか?俺は驚愕した。

「ははっ。有難きお言葉……若輩者ですが、精一杯努めまする」

「うむ。今日は気分が良いのう。ワハハハッ……」

「ははっ。父、光秀共々、お礼を申し上げまする……」
そう言って、改めて俺は平伏した。

「うむ。早くキンカンに報告してやれ。腰を抜かすであろうの?」

「ははっ。すぐに坂本に戻り、報告いたしまする……」


そして、俺は安土を後にした。
御座船に乗りながら、琵琶湖の水面を眺める。未だ信じられない……
手の震えが止まらなかった。俺はどうすればいい?
このまま行けば、大幅に歴史が変わる。
信長の女婿じょせいになるという事は、仮に信長が天下を統べた場合、政権の中枢に入るという事だ。おそらく、明智家に対する扱いも、まったく違ったものになる。外様大名ではなく、信長の親族衆になるという事だ。

しかし、別の問題もある。信長が、その生涯を終えたとき、日ノ本はどうなるのか?信忠が天下人を引き継いで、立ち行くのだろうか?
ひょっとして、俺に信忠の補佐を期待しているのか?
父は、この事実を聞いて、何と思うのだろうか?長安殿は?
「計画」に参画する仲間たちは?そして、京姉は?
自己崩壊しそうだ……どうすればいい?
色々な考えが、浮かんでは消えた。琵琶湖のさざ波のように……

1581年 晩夏
俺は、変転する歴史に押しつぶされそうだった……



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ