挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水色桔梗ノ末裔  作者:げきお

天下一統への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

101/124

101話 風林火山甦る

天正十年六月八日
此処は上野国、岩櫃城である。真田安房守昌幸は密かに息を殺し、状況を眺めていた。甲斐武田の復活をいつ宣言するのか……それを見極めていたのである。
昌幸は各地に物見を放ち、取り巻く状況を具に調べ上げていた。その上で、武田旧臣への接触を水面下で試みていたのである。
まず、その標的となったのが、依田常陸介信審と曽根昌世である。
信審は甲斐武田が天目山で滅んだ後も、最後まで抵抗を続けた豪の者である。史実では家康に仕官するも、天正壬午の乱における混乱の中で、その生涯を閉じている。
昌世もまた史実では徳川に仕えたとされるが、今回は事情が異なっていた。
昌幸は、本能寺の変直後に彼らに接触し、事実を告げたのだった。

「ご両名とも、まずはこの時期にわざわざご足労頂き、礼を申す。
しかし、どうしても告げねばならぬ事がある故……」
昌幸はそう切り出した。両名とも事変の後の去就を迷っていたこともあり、武田旧臣では実力、名望共に抜きん出た昌幸に耳を傾けたのであった。

「安房守殿……先般甲斐武田が滅亡の憂き目を見たばかり。
そしてこの変事……如何に処したものですかの?
某も正直迷うておりまする。やはり徳川殿ですかな?」
信審がそう語った。

「確かに……結局は北条か徳川しかないであろうな?
甲斐信濃は戦乱になろう?大国に囲まれた立地故、一揆したとて保てぬ。
安房守殿はどう対処される?」
昌世も考えあぐねているようだった。

「某は、どこにも味方するつもりはござらぬ。
ある方を旗印として、甲斐武田を再興するつもりにござる」
昌幸はいとも簡単に言ってのけた。

「如何な事でござるか?旗印と申しても、そのようなお方は……」
両名が同時に答えた。

「おりまする。隠し立て致し、申し訳のうござったが、実は甲斐武田の嫡流を旗印に掲げるつもり。勝頼公の遺児、太郎信勝様が生きておられる。某が天目山で密かにお救いお申し上げた。ずっと匿っておったのでござる……」
昌幸は重大な事実を告げた。

「何ですと?真にござるのか?あり得ぬ……
安房殿は何故そのような暴挙に出られたのか?」
信審が問いかけた。

「左様……そのような事……万一露見致せば、安房守殿は生きておれまい?」
昌世もそう答えた。

「実は、某は知っておったのです。水面下でこの変事が起こるであろうことを……短期間であれば隠し通せると思い、決行したのでござる。
そして、この時を待っておったのです。信玄公が築き上げ、勝頼公が必死で守ろうとした甲斐武田家を……風林火山の旗印を……もう一度天下に掲げたい一心でござる。
何卒、お力添えを頂けませぬか?真田家だけでは些か心許ないのも事実。しかし、武田旧臣が集まり、信勝様を盛り立てれば、必ず再興が叶いまする。
実は他の者達にも、わが子息が接触しておりまする。今はまだ表立って行動致しておりませぬが、まずは甲斐国内にて一揆致し、河尻殿を追放する考えにて。そして、高らかに甲斐武田の復活を宣言致せば、他の者も集まりましょう。そこで、武田の柱石であられた、依田殿と曽根殿にまずは相談したのでござる」
昌幸は一気に事実を語り、両名に合力を仰いだのだ。

「安房守殿のお考えはわかるが、再興したとて国が保てますかな?
何か良い方策をお持ちか?」
信審が疑問を呈した。昌世も追従する。

「実は、水面下で様々な交渉を致し、すでに後ろ盾を得ておりまする。
まずは、上杉家との間に甲越同盟を復活致す所存。実はすでにその話はついておりまする。甲斐武田が再興できれば、上杉家にとっても悪い話ではないですからな。
そして、畿内の惟任日向守殿ともすでに同盟する手筈になっており申す。
実はこの変事を事前に知っておったは、それ故にござる」
昌幸は今後の対応策が万全であることも告げたのだ。

「成程……そこまで周到に準備なされたのか……
されば、当面の敵は徳川、北条であると?」
昌世がそう語った。

「いやいや……まだそうと決まった訳ではござらぬ。
要は甲斐武田が再興できれば良いのです。ですが、そうなれば必然的に徳川は敵となりましょうな……前右府殿が身罷られた上は、徳川はそれに便乗し野心を露わに致しましょう。しかし、動きは鈍くなるでしょうな……重臣たちが数多負傷し、身動きが出来ぬ故。
そして、北条は滝川殿に対して軍を向けるでしょう。これを上手く利用し、滝川殿には上野から立ち去って頂くつもりにござる。織田旧臣が居なくなれば、後は……」

「そこまでお考えを巡らされておるのか……感服仕った。
某は安房守殿の策に乗りましょうぞ。
今一度、風林火山の旗の下で戦えるなら本望……」

「左様……これ程喜ばしい事は無い。
我らが伝手で、他の者達も説得いたしましょうぞ」

両名は快諾したのであった。そして、その後の方策を詳細に話し合ったのである。


一方、真田源三郎信幸も武田遺臣との接触を試みていた。
織田信忠が甲斐に侵攻し、武田家が滅亡の憂き目を見た際に、苛烈な処置を取ったため、武田旧臣たちは織田家に仕えることなく、潜伏するより他なかった。勿論残党狩りに遭い捕らえられた者もいたが、それなりの数が潜伏して生き永らえた。ある者は北条を頼り、また家康に匿われた者もいた。
しかし、独自に潜伏していた者も多かったのだ。そして当然、本能寺の変報を聞くや、一揆の機運が沸騰したのである。
源三郎は、武田旧臣の三井弥一郎、初鹿野信昌と相対していた。歴史的知識で、彼らが一揆の中心となり、河尻秀隆を殺害したことを知っていたからである。

「ご両名とも、何かと大変な折、感謝いたします。
父、安房守からどうしてもお聞き届け頂きたいことがござる」
源三郎はそう語りだした。

「いやいや、安房守殿からのお話ならば、聞かぬ訳にはまいらぬ。
もし、我等にお力添え頂けるなら有難い事……」
両名は、話の内容を憶測し、すぐに気色ばんだ。

「はい。お力添えと申しますか……
実はお力をお貸し願いたいのは当方なのでござる」
源三郎は意味ありげに応対した。

「はて?如何な事でござるか?
安房守殿が我らの旗印になって頂けるのではないかと……
我等は期待して参ったのでござるが……」
初鹿野伝右衛門信昌が答えた。

「実は、父安房守は甲斐武田家を再興いたすつもりです。
勝頼公の遺児、太郎信勝様が生きておられます。
天目山にて我らがお救い申し上げ、匿っておりまする。
元は、勝頼公をお救い申し上げるつもりだったのですが、勝頼公は家臣達と最後まで戦うと申され、我等は説得能いませなんだ……そして、信勝を立て、甲斐武田を再興せよと遺言なされました。我らはその言葉に従い、武田家を再興致す所存にござる」

「何ですと……甲斐武田の嫡子が……生きておると……」
三井弥一郎はそう言葉を絞り出したが、涙で言葉にならなかった。

「お願い申し上げます。甲斐武田の再興にお力添えを……」
源三郎も、思い出し涙が出そうになったが、堪えて言葉を発した。

「源三郎殿……答えなど言うまでもない事……
我等、全身全霊を以て、尽くす所存。
安房守殿ならば、色々な策をお持ちであろう?
何なりとお申し付け下され……」
伝右衛門は、そう答えた。

「有難き仕合せ……されば、水面下で他の武田旧臣達を糾合して下され。
依田殿と曽根殿には、父が接触しており申す。
具体的な行動は、北条、徳川の動き次第でござります」

「承知した。各地に潜伏して居る者たちに密かに接触致しましょうぞ。
信勝様の件は、極力伏せて話しまする」
両名も予想通りに快諾したのであった。

こうして、甲斐の国においても戦乱の機運が水面下で進行していたのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ