挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水色桔梗ノ末裔  作者:げきお

本能寺への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/126

1話 大勝負

天正十年(1582年)6月2日
子の刻を過ぎたあたりか?辺りは鬱蒼うっそうとした木々に覆われ、夜空との境が、揺れる木々の騒めきにかすかにうごめいている。
俺は、尾根筋の少し高い木に登り、眼下を見下ろした。
漆黒の中に、わずかに明るい一角がある。
あの辺りが本陣か?距離にして一里以上はあるだろうが、山岳地帯故に思ったほど近くに見える。

「若‥‥‥危のうございます。敵の忍びがどこにいるとも限りませぬ」
源七が小声で話しかけてきた。刹那……空を切る音がした。
反射的に枝から飛び降りる。
が、二度までも空を切る音‥‥‥不味い。
眼前には、庇おうとした源七の大きな背中があった。

「若殿、囲まれ申した。如何致しますか?
某が防いで、逃げ切ることもできるやもしれませぬが‥‥‥」

源七は忍びの達人だが、数人に囲まれ、足手まといの俺が居ては‥‥‥
そんな含みが感じられた。
俺は源七の体を押しのけ、全身を敵に晒した。

「毛利家中の方々とお見受けする。某、上方よりの使者にて、吉川駿河守きっかわするがのかみ様、もしくは小早川左衛門佐こばやかわさえもんのすけ様にお取次ぎ頂きたく‥‥‥
火急の要件にて、平にお願い申し上げる」

しばしの沈黙が流れた。
「腰のものを捨て、しばし待たれよ」
姿はよく見えぬが、黒装束らしき人影が答えた。

左程待たされることなく、一人の武者、いや老父といった風体の男が現れた。
「某、世鬼政時せきまさときと申す。もう老体の身ですがの。
何やら尋常ならざる事が、出来しゅったいしたのですかの?」

「‥‥‥お取次ぎ頂けぬか?」俺は懇願調になって声を絞り出した。
この老人、顔は笑っているが、殺気は放っているらしい。
源七の構えを見ればわかる。この場の生殺与奪は、この老人が握っているのだ。

「この翁は、大毛利の影働きを支える者。今、この場を見るに、
敵の間者と思われ、閻魔に引き渡されても文句は言えぬわの‥‥‥」

俺は、さらに前に一歩を踏み出し、膝をついた。
そして顔を上げ、この老人の目を直視した。
「某は、上方のさる武将よりの使者として、数多の苦難を経て、ここ備中高松まで罷り越しました。命を賭した願い、お聞き届け頂けませぬか?」

老人は、少し驚いた様子だった。
雲間からわずかな月明かりが差し、俺の顔が見えたからであろうか。

「おやおや‥‥‥使者というには、まだ童ではないか?いや、失敬」
「しかし、若者が無暗に命を散らすまいぞ‥‥‥わかり申した。
余程の事が出来したのであろうな。お取次ぎ致しましょうほどに‥‥‥
が、しかし、これはこの翁の独断ゆえ、事あるときは、お命は頂戴いたすが、如何に?」

「わかり申した。某の命お預けいたす。使者の用向きは、ここでは申し上げられませぬ。
重ねてお詫びいたしまする。」
俺は、機嫌を損ねぬよう細心の注意を払い、この老人に礼を述べた。

道とは言えぬ森の中を、敵の忍びに囲まれながら急ぐ。源七は呆気にとられていた。
「あのような暴挙をなさるとは‥‥‥」
しかし、源七は目の奥で笑っていた。身分の違いはあっても、俺は源七を兄のように慕っていた。彼に、親は居ない。
甲賀の忍びだが、孤児で拾われ、忍びになったのだ。
というか、それしか道がなかったのだろう。
また源七は、俺の父を本当の父のように慕ってもいた。

薄明りが近づく。
左三つ巴の陣幕が、篝火に照らし出されている。
毛利両川の一人、小早川左衛門佐隆景の陣所であった。
俺はまた、待たされることになった。
いよいよ一世一代の「大勝負」だ。

陣所の中で、隆景は憂鬱な時間を過ごしていた。数名の護衛兵と、傍らには法体の僧。
明晰な頭脳を持つ、大毛利の大黒柱たる武将である。
そんな隆景でも現状を打開する「妙案」が見いだせずにいた。

「殿、少し変わった敵の間者を捉えましてございます。
と申しましても、かの者が申すには、上方よりの使者であると‥‥‥
如何取り計らいましょうや?」
世鬼政時は、主君隆景に問いかけた。

「翁か?それはまた変わった使者であるな‥‥‥翁、顔が笑っておるぞ。
何かまだ言い足りぬのではないかの?」

「ハハハッ、殿にはかないませぬな。殿の憂鬱を晴らす吉兆やもしれませぬな。
あるいは、大毛利を滅ぼす凶兆かもしれませぬが‥‥‥
その使者、年端も行かぬ若者にて、お連れした次第。
その者の目があまりに覚悟を決めた眼差し故、気になりましてな‥‥‥」

「ハハハッ、翁も丸くなったものよのぉ‥‥‥冷酷無比な忍びの棟梁と思えぬな。
息子らに家督を譲り、隠居すれば、丸くなるのかの?
よし、会おう。わしが見極めてやろうて」


ほどなくして、俺は陣所に通された。護衛の兵に囲まれているが、殺気はない。
「某、名乗る前に、この書状に目を通して頂きたく。ご無礼の段、平にご容赦を」

俺は取り出した書状を従者に渡し、小早川左衛門佐に目通ししてもらう。
見る見るうちに、隆景の顔つきが変わっていくように思えた。
そして、おもむろに隣の僧らしき人物に手渡した。
「おそらくは、安国寺恵瓊あんこくじえけい‥‥‥」俺は心の中で思っていた。
恵瓊も、なにやら驚いたような顔つきに変わった。そして、隆景は人払いを命じ、隆景、恵瓊、そして、その正面に俺、後ろに翁、この4人が陣幕の中に残された。

隆景は真剣な眼差しを俺に向け、口を開いた。
「小早川左衛門佐である。使者の用向き拝見いたした。詳しくご説明頂けぬか?まずはお名乗り頂こう」

「はい。某、惟任日向守これとうひゅうがのかみが嫡子、十五郎光慶と申しまする」






+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ