挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白の涙。 作者:朝登 優
11/11

白の涙。

 
 白の涙。

 
 もう外がほの暗かった。校門付近に人影が見える。

 背丈が先生に似てる。

「だーもー…」

 諦めたところで目が追っちゃうのは仕方ないと思う。

 でも、それは僕の見間違いでもなんでもなくて、そこにいたのは先生本人だった。

「…先生」
「そこからでたらお前はもう生徒じゃないよ」

 校門を出ようとすると、先生から鋭い声が響いた。

「…はい」
「俺は偉い人間なんかじゃない。昔はあらかた何でもやったしバイク転がして友達なくしてバカやって…何がしたかったんだろうなぁ‥‥」

 余所をむいていた先生はこっちをむいて苦笑した。

「…そこからでたら俺はまた甲斐崎を口説くよ」
「…は?」
「俺様をなめるなよ?なんでもわかるんだからな。俺の世間体だのなんだの気にして別れたのも学校に行かなきゃ俺に会えないとか思ってんのも」

 久しぶりに聞いた先生の声はいつもより乱暴で意地悪だった。

「……だって」
「だって?」
「…僕はなにもあげられない。将来も、家族も、なにも」

 小さく拳を握る。
 ぎり、ぎり、と握り締める。

「ガキだねえ」

 はっと顔をあげるといつもの優しい、困ったような顔で目の前にいた。
 手を伸ばせば届く距離。

「それは俺の台詞だよ。でもお前が考えてること全部ひっくるめて、それでも甲斐崎が好きだよ」

 やめてほしい。そんなこと、言わないで。

「学校なんて狭い世界に過ぎないよ甲斐崎」

 たくさん泣いた。泣いて、泣いて、泣き腫らして、先生が好きだって叫んだ。

「甲斐崎が泣き腫らした顔して学校きたとき、すぐさま抱き締めてやりたかったよ。でも出来なかった‥‥…甲斐崎は生徒だから。俺にその資格がなかったから」

 そう、生徒だ。だからその事実にまた泣いて、泣いて、それでもう気は済んだじゃないか。済んだのに、済んだのに、気持ちが沸き上がる。先生、先生、先生。

「そこから一歩でたら甲斐崎はもう生徒じゃない。誰ももう手とり足とり教えちゃくれない。おいで、朝行」



 先生が、清一郎さんが、好きだ。



「うぁあぁあぁ…っ」
「遅いよ、ばか」

 確かに踏み出した一歩は、両足がつく前に抱きすくめられた。

「せ…清一郎さん、が、すきだよ、名前も、たくさん、たく、さん呼びたか…った」
「うん。これから呼べば良い。ずっと、ずっと一緒だから」

 一ヶ月どうして遠い所で見るだけで生きていけたかわからないくらいだ。

 ひとしきり泣いて、喚いて名前を呼んで、手を引かれて車に乗せてもらってはじめて学校の前だと思い出した。

「がっ…学校の…」
「気にするな」
「でも先生、これからもいるのに変な噂たったら…」
「あー俺、甲斐崎と一緒に卒業だから」

 一瞬何の冗談かわからなかった。

「辞めたんだよ、教師」
「はあ?!」
「元々免許取ったからなっただけで未練なんかないしなあ」



 そういう問題じゃ、ない、と思う。

「教師なんざクソ食らえ」
「…こら」
「朝行と一緒にいるのに邪魔になるものなんか何もいらない」

 この人は何度人の心を壊せば気が済むのかな。

 次の就職も決まってるよ、と言われて更に驚いた。聞いてみたら、某大手企業の事務だそうだ。

「…先生って…」
「あ?」
「あ、違う…清一郎さんて、凄い」
「はは、俺様だから」

 朝行と生きてくのに無職じゃねえ、と笑う清一郎さんが大好きだ。

 清一郎さんは僕と生きる未来を見てくれてる。
 僕は諦めるだけだったのに。

「清一郎さん」
「ん?」
「うちの両親てすごく変わってるんです」
「へえ…そりゃ、挨拶には気合い入れないとな」
「あ…いえ、それより…多分もっと骨を折る人がひとり…」

 清一郎さんが向かった先は、僕の家だった。

「ん?」
「…僕の幼なじみが」
「あー美幸の弟?」
「はい」
「頑張るよ。朝行と一緒に居るためなら、なんだってするさ」


 とりあえず今日は自重するよ、と家の前で降ろしてもらった。

「明日、迎えにくるよ」
「…待ってる」



 二人でまたね、と呟いて笑った。

fin







.

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全75部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 12:25
道果ての向こうの光

馬車に撥ねられ死んだはずのユーナは、気付けば真っ白な世界にいた。 そこで出会った天使アンジェリカは唐突に告げる。「聖女シェリアスティーナの身体に入り、少しの間暮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全87部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/18 13:41
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/02 21:00
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻

私、公爵令嬢キャロル・アンブラウスはある日、婚約者であったレイフォード殿下から突然の婚約破棄を言い渡されました。嫌がらせとか階段から突き落とそうとしたとか全く心//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全113部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 12:00
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全76部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 22:00
超ビビりだけど悪役令嬢に転生しました。【連載版】

死んだと思ったら転生してました。転生先は公爵家長女、エレアノーラ・サースヴェール。でも私めっちゃビビりでコミュ障なんで引きこもっててもいいですか?あ、ダメですか//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全19部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/08 22:54
偽り悪魔の存在理由

その愛らしい容姿と満ち溢れる優しさから、学園の天使と称される姉の美月。 派手な外見に傍若無人な態度から、学園の悪魔と称される妹のアキラ。 まったく正反//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全47部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/26 00:59
波乱はない!!

乙女ゲームの悪役令嬢に転生したけど、だから何でしょう? 簡単に回避しちゃったし、好きに生きますよ私は。 戦闘狂ご令嬢と、ちょい肉食なイケメンの一途な恋。甘々です//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 12:35
キミボク ~ 悪役なんてお断り! ~

前世でやりこんだ乙女ゲームの世界に悪役転生……なんて冗談じゃありません。没落・学園追放・一家離散フラグなんて立たせない!とばかりにパラメーターをどんどん上げ、気//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全30部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/05/20 02:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全278部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 18:00
あなたに捧げる赤い薔薇(改稿版)

「馬鹿にされてもかまわない。否定されてもかまわない。理解など求めない。―――これが、わたしの愛だ」我儘で高飛車な女として嫌われるローゼンシュタイン伯爵夫人。しか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全48部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/28 23:00
もう一度会えたなら、いっぱいの笑顔を

愛と誓約の女神ヴィーシアに見守られし世界『ヴァイス』。この世界の中央に位置する大陸には数々の国が乱立し、覇権を争っていた。そんな中の一つであるリデア国から、人質//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全76部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/24 22:24
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全88部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 12:00
私の気の毒な婚約者【連載】

短編「わたしの気の毒な婚約者」の続編です。そちらからお読みくださいませ。 伯爵令嬢クリスティナと第二王子レオンが結婚するまでの、国王一家のごたごたに巻き込まれる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/11 19:00
女嫌い社長の初恋

最上グループの次期社長である司(つかさ)は、三十歳を目前にして両親から見合い結婚を言い渡されてしまう。期限は三ヶ月。用意される見合い相手なんて絶対ろくなもんじゃ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全67部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/31 21:01
目覚めたら記憶喪失でした

ある日目覚めたら、悪役が枕詞のご令嬢になっていました。これって今流行の乙女ゲーム転生ですよね! 違う? 婚約破棄のイベントない? ……ああ、そもそも私には記憶あ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全43部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/28 07:00
元令嬢様の華麗なる戦闘記

シルティーナは元公爵令嬢だった。 2年前に国外追放を言い渡され、渡った隣国でギルドに入り今や他国にまで名を知られる程に強くなった彼女に自分を追放した国から呼び出//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全63部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/20 23:18
4度目の正直

今までの数々の悪事が暴かれ、貴族としての地位を失い没落させられたシャロン。実は同じ世界を繰り返し転生していた。それを知りつつ悪役令嬢を演じる彼女の目的とは・・・//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/05 09:25
副会長と私と灰色のご縁。

「…1-C、中原美耶子だな。一緒に来てもらおう。」 「…………はい。」 灰色の子猫を治療したら、なんと副会長の使い魔だったらしい。そのまま使い魔のお世話係に任命//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/10/31 23:44
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
その人、私には荷が重すぎやしませんか?

私、松本鈴音(まつもとりおん)には町田萌恵(まちだもえ)って言う親友が居る。その親友の母親が再婚して親友にお父さんとお兄さんができた!………あれ?そのお兄さん、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/29 12:26
オタクガール、悪役令嬢に転生する。

攻略対象って、誰なの? ヒロインって、誰なの? そもそも、私は誰? 情報ゼロでいきなり高校入学。破滅フラグ回避しろとか無理すぎます。婚約破棄されるかもわからない//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全508部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 12:00
救国の少女

「婚約破棄を進めようと思う」  分かっていた、こうなることを。私は、自分の罪を見つけることができない。けれど、家族に迷惑をかけるくらいならば、おとなしく、出家で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/28 21:00
自意識過剰

小中高と、3度に渡って「自意識過剰」と言われた経験から、男性が苦手な女性が、ハイスペックイケメンに口説かれるお話です。 アルファポリスから書籍化されることになり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/06 21:00
旦那様は魔術馬鹿(ワーカーホリック)

 優れた魔術の使い手を多く輩出する名家に嫁いできたエルネスタは、夫であるロルフには見向きもされなかった。研究馬鹿と言われている、私生活も研究に情熱を注ぎ込んでい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全121部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/02 21:10
薔薇とカスミソウ

婚約者に裏切られました。おまけに会社の上司はパワハラ三昧、ラスボスはイケメン専務……それなら黙って泣き寝入り?するはずない。やられたらやられた分だけやり返す。桐//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全19部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/05 01:00
誤解されやすい魔王と彼女の物語

 魔王は16歳にも関わらず、父親である先代魔王の力を受け継いだ事により、見た目の年齢が20代後半でマッチョな体となってしまったが、父の遺言で学園に入学せねばなら//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/26 21:07
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全109部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 23:54
True or False? ~ 恋愛ゲーム?いいえ、参戦致しません

婚約披露の場において突然「婚約破棄する!」と宣言され、幼馴染には涙ながらにありもしないいじめを暴露され、実の両親には縁を切ると叫ばれた。そんな三重苦を一気に背負//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/24 19:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
可愛くない婚約者様のホンネ日記

良家のご子息・ご令嬢である司郎(しろう)と立華(りつか)の二人は、親の決めた婚約者同士であり、その仲は決して良好とは言えなかった。キツイ性格で可愛いげのない立華//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/24 22:53
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
↑ページトップへ