挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白の涙。 作者:朝登 優
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/11

白の涙。

 
 白の涙。

 
 もう外がほの暗かった。校門付近に人影が見える。

 背丈が先生に似てる。

「だーもー…」

 諦めたところで目が追っちゃうのは仕方ないと思う。

 でも、それは僕の見間違いでもなんでもなくて、そこにいたのは先生本人だった。

「…先生」
「そこからでたらお前はもう生徒じゃないよ」

 校門を出ようとすると、先生から鋭い声が響いた。

「…はい」
「俺は偉い人間なんかじゃない。昔はあらかた何でもやったしバイク転がして友達なくしてバカやって…何がしたかったんだろうなぁ‥‥」

 余所をむいていた先生はこっちをむいて苦笑した。

「…そこからでたら俺はまた甲斐崎を口説くよ」
「…は?」
「俺様をなめるなよ?なんでもわかるんだからな。俺の世間体だのなんだの気にして別れたのも学校に行かなきゃ俺に会えないとか思ってんのも」

 久しぶりに聞いた先生の声はいつもより乱暴で意地悪だった。

「……だって」
「だって?」
「…僕はなにもあげられない。将来も、家族も、なにも」

 小さく拳を握る。
 ぎり、ぎり、と握り締める。

「ガキだねえ」

 はっと顔をあげるといつもの優しい、困ったような顔で目の前にいた。
 手を伸ばせば届く距離。

「それは俺の台詞だよ。でもお前が考えてること全部ひっくるめて、それでも甲斐崎が好きだよ」

 やめてほしい。そんなこと、言わないで。

「学校なんて狭い世界に過ぎないよ甲斐崎」

 たくさん泣いた。泣いて、泣いて、泣き腫らして、先生が好きだって叫んだ。

「甲斐崎が泣き腫らした顔して学校きたとき、すぐさま抱き締めてやりたかったよ。でも出来なかった‥‥…甲斐崎は生徒だから。俺にその資格がなかったから」

 そう、生徒だ。だからその事実にまた泣いて、泣いて、それでもう気は済んだじゃないか。済んだのに、済んだのに、気持ちが沸き上がる。先生、先生、先生。

「そこから一歩でたら甲斐崎はもう生徒じゃない。誰ももう手とり足とり教えちゃくれない。おいで、朝行」



 先生が、清一郎さんが、好きだ。



「うぁあぁあぁ…っ」
「遅いよ、ばか」

 確かに踏み出した一歩は、両足がつく前に抱きすくめられた。

「せ…清一郎さん、が、すきだよ、名前も、たくさん、たく、さん呼びたか…った」
「うん。これから呼べば良い。ずっと、ずっと一緒だから」

 一ヶ月どうして遠い所で見るだけで生きていけたかわからないくらいだ。

 ひとしきり泣いて、喚いて名前を呼んで、手を引かれて車に乗せてもらってはじめて学校の前だと思い出した。

「がっ…学校の…」
「気にするな」
「でも先生、これからもいるのに変な噂たったら…」
「あー俺、甲斐崎と一緒に卒業だから」

 一瞬何の冗談かわからなかった。

「辞めたんだよ、教師」
「はあ?!」
「元々免許取ったからなっただけで未練なんかないしなあ」



 そういう問題じゃ、ない、と思う。

「教師なんざクソ食らえ」
「…こら」
「朝行と一緒にいるのに邪魔になるものなんか何もいらない」

 この人は何度人の心を壊せば気が済むのかな。

 次の就職も決まってるよ、と言われて更に驚いた。聞いてみたら、某大手企業の事務だそうだ。

「…先生って…」
「あ?」
「あ、違う…清一郎さんて、凄い」
「はは、俺様だから」

 朝行と生きてくのに無職じゃねえ、と笑う清一郎さんが大好きだ。

 清一郎さんは僕と生きる未来を見てくれてる。
 僕は諦めるだけだったのに。

「清一郎さん」
「ん?」
「うちの両親てすごく変わってるんです」
「へえ…そりゃ、挨拶には気合い入れないとな」
「あ…いえ、それより…多分もっと骨を折る人がひとり…」

 清一郎さんが向かった先は、僕の家だった。

「ん?」
「…僕の幼なじみが」
「あー美幸の弟?」
「はい」
「頑張るよ。朝行と一緒に居るためなら、なんだってするさ」


 とりあえず今日は自重するよ、と家の前で降ろしてもらった。

「明日、迎えにくるよ」
「…待ってる」



 二人でまたね、と呟いて笑った。

fin







.

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

王族とは関わりたくない!

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 21:10
悪役令嬢と金の髪の王子様

公爵令嬢アレクサンドラは、ある日婚約者の第二王子・ダニエルに婚約を破棄されてしまう。ダニエルの隣には可愛らしい別の令嬢がいた。アレクサンドラはダニエルとの幼い頃//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/08 00:00
ブスの、逆襲。

同窓会で再会した雰囲気イケメン美容師・貝谷と、ブスで強気な弁護士・馬場添のお話。 このお話はエブリスタにも掲載しています。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/02 14:36
救国の少女

「婚約破棄を進めようと思う」  分かっていた、こうなることを。私は、自分の罪を見つけることができない。けれど、家族に迷惑をかけるくらいならば、おとなしく、出家で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/28 21:00
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
魔王様は悪役令嬢が可愛くて仕方ない

婚約者を裏切ったという濡れ衣を着せられた侯爵令嬢ベアトリーチェ。 生まれ持った悪女面のせいで、彼女を擁護してくれるものは誰もいない。 しかし断罪の日、貴族に取り//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/04 22:18
道果ての向こうの光

馬車に撥ねられ死んだはずのユーナは、気付けば真っ白な世界にいた。 そこで出会った天使アンジェリカは唐突に告げる。「聖女シェリアスティーナの身体に入り、少しの間暮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全87部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/18 13:41
キミボク ~ 悪役なんてお断り! ~

前世でやりこんだ乙女ゲームの世界に悪役転生……なんて冗談じゃありません。没落・学園追放・一家離散フラグなんて立たせない!とばかりにパラメーターをどんどん上げ、気//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全30部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/05/20 02:00
誤解されやすい魔王と彼女の物語

 魔王は16歳にも関わらず、父親である先代魔王の力を受け継いだ事により、見た目の年齢が20代後半でマッチョな体となってしまったが、父の遺言で学園に入学せねばなら//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/26 21:07
婚約破棄で見捨てられた。母親にも見捨てられた。しかし……私には…… 王子様がいる!!

 地方領主ヴィス家に生まれた彼女はアメリア。黒髪の長髪が特徴の学園に通っているただ普通の貴族令嬢の女の子。  彼女には婚約者が居た。上級貴族の人だったが趣味じ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全23部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/31 07:43
平凡な脇役Aは画面の片隅で躍る【高校編】

俺の幼馴染みはイケメン様。嫌味なほど女にモテる上に文武両道、カリスマ有りの完璧男。俺はそのとばっちりの迷惑被ってる。と思ったら、あいつは乙女ゲーの攻略対象デシタ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/27 07:00
婚約破棄(すて)られ悪役令嬢は流浪の王の寵愛を求む

アレクサンドラ・セルファは、絶世の美貌と大貴族で宰相の娘という権力を有しているものの、高慢かつ感情的で、決定的に思慮に欠けている。 そんな彼女は婚約者が夢中にな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全81部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/28 12:42
マリエル・クララックの婚約

地味でもてない目立たない、冴えない社交界の壁の花。そんなマリエルにも縁談がやってきた。婚約者はなんと、今をときめく近衛騎士のシメオン様! なぜあの方が、あんな娘//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 03:47
重装令嬢モアネット〜かけた覚えのない呪いの解き方〜

「お前みたいな醜い女と結婚なんかするもんか!」  婚約者であるアレクシス王子から言われたこの言葉に、アイディラ家の令嬢モアネットは酷く傷付いた。  そのうえ婚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全60部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/15 00:38
婚約破棄された私を王子様が甘く口説いてきます

公衆の面前で婚約を破棄されたうえ、元婚約者からひどくなじられた伯爵令嬢リディア。 社交界でも腫物のように扱われた彼女は、傷つき心を閉ざしていく。 しかしそんなリ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/02 15:47
私は別に

私はここには頼まれて居るだけ。だから、そんな文句を言われても困るの。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:34
ANGRAECUM-Genuine

エマ・マクリーンは城で開催される新年の祝賀行事に参加することになった。 同時に舞踏会も開催されるその行事に、若い娘なら誰もが成人となって初めて参加するなら期待で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 19:17
王太子妃候補、のち……

王太子妃候補として三年間学んできた。ついに正式に婚約者と決定されるその日に、王太子本人からそのつもりはないと拒否されてしまう。王太子妃になれなければ、シーラはす//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 21:00
あなたの幸せを願っています

エドガー王国のウェズリー公爵家の末娘で何不自由なく育ったエミリア。幸せな日々が当たり前だと思ってたがある悲劇によって一変する。領地経営が傾き困り果てていた時、コ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全95部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 19:20
嫌われ令嬢はその運命を受け入れる

彼女はその1年を繰り返す。 何度も、何度も繰り返す。 いろんな事を試し、いろんな事を考えたけれど、 何度その1年を繰り返しても、運命からは逃れられなかった。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 19:54
魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
転生令嬢は修道院に行きたい(連載版)

 ある日突然、男だった前世の記憶(ほんのちょっと)が蘇った伯爵令嬢セルローズ。  1つ年上の婚約者ができてしまい、しかもどうやら乙女ゲームの世界に転生したっぽい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全29部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 22:18
悪魔将軍の花嫁~俺の妻が死ぬほど可愛い~

悪女と名高い、敗戦国の王妃を娶ることとなった将軍ガル。 しかし噂と違い、王妃リリアンヌはとても可憐で謙虚な少女だった!? 「俺は! 俺は騙されぬぞ!!」 そう心//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全20部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 06:21
わがままでごめんあそばせ

とある国にそれはそれはかわいらしい令嬢がいました。 令嬢はとてもわがままで自分勝手な性格をしていました。 第二王子との婚約話しが持ち上がった時、それはいやだとわ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全159部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 21:00
離婚届けを出す朝に…

離婚届けを出す朝、事故に遭った。高卒後すぐに結婚した紫奈は、8才年上のセレブな青年実業家、那人さんと勝ち組結婚を果たしたはずだった。しかし幼な妻の特権に甘え、わ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 19:00
ハロルド先生の授業は乗っ取られた

第二王子の婚約者が、喧嘩を売ってくる令嬢達に現実を突きつける話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全2部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 12:12
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全78部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 18:00
公爵令嬢の狼

公爵令嬢ベアトリスは、家柄・魔力・外見と全てが完璧なお嬢様であるがゆえに、学園内では他の生徒たちから敬遠されていた。その上、権力者の祖父が獣人差別主義者であるた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/27 21:00
入れ替わり令嬢奮闘記録

公爵令嬢エリーゼは混乱の極地にあった。ある日、目覚めたらまったく別の令嬢シャルロットになっていたのだ。元に戻る術は無く、自身がエリーゼであることを信じてもらえる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/19 23:06
公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻

私、公爵令嬢キャロル・アンブラウスはある日、婚約者であったレイフォード殿下から突然の婚約破棄を言い渡されました。嫌がらせとか階段から突き落とそうとしたとか全く心//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全113部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 12:00
臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない

私、アメリアは侯爵令嬢・ソフィー様を尊敬し、憧れているだけの地味な取り巻きに過ぎなかった。 だけど、ソフィー様と一緒に彼女の婚約者である王太子殿下と男爵令嬢の密//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 00:00
甘辛な私と、職無しの騎士さま。

 「よろしければ一昨日にいらっしゃいませ騎士さま」「君ねえ……」  「どうぞお顔を洗って再訪なさいませ騎士さま」「君ねえ!」  城下町の飯屋で働く『私』と、お客//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 19:00
悪役令嬢は大精霊と契約を結ぶ

「お前との婚約を破棄する」 そう、婚約者である愚鈍な第一王子に冤罪をかけられ、婚約破棄された令嬢アリス・カートリア。 しかし彼女はその考えなしの婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全47部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:00
異形の王様に愛されたけど私も愛してるから問題なかった

絶世の美貌を持ち、見世物小屋で〝人形〟役を務め娼館へ売られた十五歳の少女ニーナは、ある日噂を聞きつけてやってきた宦官に「国王の花嫁候補として後宮に入らないか?」//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 23:50
高嶺の花を手折る方法

婚約者が他の女性と懇意にしているのは、しょうが無いと諦められた。 けれど、幼馴染みであり、唯一親身になってくれたセシルさえもが離れて行ってしまうなんて。 身に覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全11部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/28 21:50
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
↑ページトップへ