挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠王子の愛は∞!~唇から風の魔法の溺愛アラヴィアン・ラブ~ 作者:結愛みりか
1/25

Prologue~唇から風の魔法~

砂漠の愛は∞!~唇から風の魔法のアラヴィアン・ラブ~
とっておきの王子と海賊王女のファンタジーです。どーんと派手に行きます。

 アイラ・ラルフ・ヴィーリビアは遠くから胸に響いてきた声に耳を傾けた。

 ――ねえ、アイラ。世界は、誰かが誰かを愛することで、成り立ってる。意味わかる? そう思うと、この世界も悪くないと思う。

 かつて訊かれた親友レシュロン・バードからの問いの答を、あたしはずっと探している――……


 眼の前には大きな虎の置物。随を凝らして神々が彫られた寝台の存在感。

 色とりどりのクッション数個に寄り掛かり、怪しげな煙管を銜えている男はラヴィアン王国、第二王子アル・ラティーク・ラヴィアン。

 くゆらせた煙管の香油がやけに甘ったるく、アイラの鼻に悪戯をした。

「僕のハレムへようこそ、奴隷。怖がらなくていいよ。ちょっとの辛抱だ」


 頬を撫でられた刹那、視界に桃色の靄が立ち篭めた。


『いいんだよ、気持ちを解き放って、何もかも忘れて、幸せな気分に浸れ』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ